« 長良川救済DAY | トップページ | 秋の日に。 »

2009年10月11日 (日)

肉まんの季節。

091011 アイスコーヒーのオーダーをホットコーヒーにしたのは、もう一ヶ月ほど前。今年、肉まんを始めて食べたのは昨日。今朝も買い忘れたパンの代りに肉まんが朝食。

パン屋の店先に、湯気がたつガラスケースが置かれて、肉まんが街に登場したのは、団塊の世代が中学生の頃。

通学路の、パン屋や駄菓子屋の店先には、必ずこの肉まんの湯気が立つガラスケースがあって、買い食いの禁止が生徒手帳にかかれていても、その湯気の誘惑に中学生が克てる訳がないではないか。

生徒会では、生活安全委員と文化委員を歴任の真面目で面白かった団塊堂も、この肉まんの誘惑には完全に降参で、通学路のヤマザキパンで肉まんを買い、城址の公園で、女の子の事やらエッチな話で大騒ぎしながら、アツアツの肉まんを食べるのが青春前期の大きな楽しみだったのだ。

肉まんといえば、近頃は圧倒的に「井村屋」なわけで、ピザまんやらカレーまん、近頃ではショコラまんやら“くまさんの肉まん”なんてものがあって肉まんは国民的補助食品といっていい。

肉まんの、市場での成長は、団塊の世代の成長とともにあった。なんて大げさなものでもないけれど、生活安全委員のヤマグチレイコちゃん愛称オリーブは元気だろうか。レイコちゃんは、ポパイのオリーブのように細くて背が高い女の子だったのです。

|

« 長良川救済DAY | トップページ | 秋の日に。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 肉まんの季節。:

« 長良川救済DAY | トップページ | 秋の日に。 »