« ブログ開設三周年記念・パラゴンのカンカップ。 | トップページ | デルフト?コペンハーゲン?BOAT-FLOW Blue&White Cup & Saucer »

2009年9月27日 (日)

八ツ場ダム「水没しないと困る住民」の不思議。

090926_002 釣り師というのは不思議なもので、実は他人が釣りをしているのを見ているのも楽しみで、面倒な竿は他人に持たせて、アイツは下手だの、そのポイントじゃ釣れないよなんて、口も育ちも悪い野村監督みたいに、ああだこうだと、ひとりゴチながらひねもす河原で過ごすなんて楽しみもあるのだ。

今年も落ち鮎のシーズンで、鮎というのは「年魚」で一年の命で(;湖などでは例外もある。)この時期に産卵の為に川を下る。この習性をいかして川に簗場をつくり川を下る鮎を一網打尽にするわけだけれど、さて、天下の銘川・鮎つりのメッカ長良川で今年も鮎を戴きながら考えた。

さて民主党の公約である、無駄な公共工事のさいたるものであるダム工事の、中止すべき案件の第一弾となる群馬の八ツ場ダム。その報道で不思議なのは、「ダム」を中止しては困るというの住民の一部があたかも総ての住民の声の様に報道されているけれど、水没しないと困るなんて「不思議な住民」というものの実態がナンなのかを「さるさる日記 きっこの日記」が詳しく書いているから9月24日の「きっこの日記 八ツ場ダム報道でヤラセ発覚」を検索してご覧いただきたい。

さるさる日記 - きっこの日記

環境問題をとりあえず除外すれば、ダム建設の合理性の判断は、水没住民の問題ではなく、その下流の住民にとって合理的であるかどうかなのであって、水没しないと困るなどという地元ジミントウインの主張などトンデモナイものなのだ。勿論建設に協力させられてハシゴを外された代償は支払われるべきなのだが。

さてさて、ダム工事には昔から暴力団はつき物で、補償金めあてにダム予定地に移り住んで大きな家を建てて、補償金を得たらそれを元手に次のダム予定地に移り住むなんてヤカラもいたりして、深くて暗い利権の世界だけれど、八ツ場ダムも、ここで中止しなければ更に永遠に無駄に税金が垂れ流される今後の問題でもあるのだと、民主党には一歩も後退することなく無駄な工事の中止を断行していただきたい。

近頃やたらヤカマシイ、超台風による「8メートルの高潮」が大都市を襲うなんて話題も、調べてみると「21世紀の後半に一度起こるかもしれない」という予測によるものだという。090926_001 これは公共工事の削減に往き場を失ったゼネコンの新しいキャンペーンではないのか!

|

« ブログ開設三周年記念・パラゴンのカンカップ。 | トップページ | デルフト?コペンハーゲン?BOAT-FLOW Blue&White Cup & Saucer »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八ツ場ダム「水没しないと困る住民」の不思議。:

» 八ツ場ダム「水没しないと困る住民」の不思議。 [釣り]
[続きを読む]

受信: 2009年9月27日 (日) 08時52分

« ブログ開設三周年記念・パラゴンのカンカップ。 | トップページ | デルフト?コペンハーゲン?BOAT-FLOW Blue&White Cup & Saucer »