« 「 キタイ ギタイ 」 ヒビのコヅエ展 いきもののかたち 服のかたち | トップページ | 伊吹山山頂にて団塊堂「お花畑がきれいよ!」と叫ぶ。 »

2009年8月 6日 (木)

団塊堂、魯山人する。

090803_005 梅雨が明けて本格的な夏が来たというのに、「障子の張替え」なんてシミッタレタ話題で恐縮だけれど、長い梅雨の間に糊がとれて障子の端がビラビラし始めて貧乏臭くなったので障子を張り替えた。そして、もうお察しの通り、ただアリキタリノ白い障子紙を貼ったのでは団塊堂らしくはないのだ。美濃和紙の本場である岐阜人としては和紙にはウルサイのだ。さて、今回は、団塊堂的には極めてシンプル。濃紺の薄手の工芸和紙と障子紙を重ね貼りして一部に新聞紙なども使ってある。この遊びを団塊堂は密かに「魯山人ゴッコ」と呼んでいる。茶碗が無いといって茶碗を焼き、障子が破れたといってアートする。この事を友人に話したら。少し馬鹿にして「なんでもする男だね」って。

|

« 「 キタイ ギタイ 」 ヒビのコヅエ展 いきもののかたち 服のかたち | トップページ | 伊吹山山頂にて団塊堂「お花畑がきれいよ!」と叫ぶ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 団塊堂、魯山人する。:

« 「 キタイ ギタイ 」 ヒビのコヅエ展 いきもののかたち 服のかたち | トップページ | 伊吹山山頂にて団塊堂「お花畑がきれいよ!」と叫ぶ。 »