« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月31日 (月)

民主無血革命成る。

090831_001 ズイブンと物騒なタイトルだけれど、獲得議席数だけではなく、その中味は、正にパラダイムシフトなくして実現不可能で、まさに鳩山民主は、発想の大転換なくしては実現不可能なマニフェストを示し国民に革命を問う選挙を展開し勝利したのだ。といいつつ、そんなおおげさなつもりでは無かった人がほとんどだという事は知っているけれど、いや本当に大変な選択だったのですよ、そこのアナタ。

今日も昼間にテレビを観ていたら、あの反動のナベツネの影響下にある“よみうりテレビ”で、ナベツネの座敷犬・ミヤネ屋が、民主党のマニフェストをやたらと「そんな事ができるのか?」なんて意地悪く突っ込んでいたけれど馬鹿野郎・座敷犬め・キャンキャン吠えるんじゃねえなんて、オイラすっかりアタマにきたけれど、今日からは、オイラが権力の側で、ナベツネが反体制の過激派だと思うと、オイラの永かった反体制の青春が走馬灯の様にマブタをコスル今日この頃なのだ。

座敷犬ミヤネ屋よ!マニフェストというのは政権公約なのだよ、政権獲得が極めて現実性を帯びた時期に作られた政権公約なのだ。幸福実現党やら共産党の公約とは違うのだ。実現の可能性があって立てられた物なのだ。

さて、学童も居ないし、農家でもないし、後期高齢者でもない我が家は、民主党のマニフェストを損得だけで判断すれば、何の得もないのだけれど、だがしかしだ! 「こども手当」やら「公立高校の実質無償化」など素晴らしい事だと思う。これなど小泉やら自民党のニューエイジの馬鹿なんかが「そんなの社会主義だ!」なんて騒いだりしたタグイだけれど、「社会主義で悪いか!」とオイラ大きな声で言ってきたけれど、今回の国民のホトンドの声なのだ。

団塊の世代の子供の救済として子供手当てなどとてもありがたいのだ。つまり第二次ベビーブーマー、かわいそうなこの世代は、大学入学時には競争率もドーンと上がり、就職時には就職氷河期で、大半が非正規労働者なのだ。この世代の窮状を救い、結婚への不安を解消するという点で素晴らしい政策だと思う。

さてさて、国家は、外敵から国民を守り、暮らしの不安から国民を守る為の物なのだ。利権政党の自民党のコンクリート政治から脱し、人々の暮らしのニューディール政策が取られる事、つまりパラダイムシフトこそ今回の政変の肝心要なのだ。

デタラメな長良川河口堰、その嘘の上に嘘を重ねた徳山ダム、その嘘を更にツジツマ合わせの為の木曽川導水路。こんな話がいくらでもある日本。延々と恐るべき無駄を重ねてきた自民公明放漫政権。パラダイムをシフトすれば、子供手当ての5,5兆円・公立高校の無償化0,5兆円などわけも無い事なのだ。

もちろん、その無駄に喰らい付いてきたゼネコンやら利権屋には決定的な死亡宣告にはなるが。そして、補助金にぶら下がった特殊法人やら公益法人からは大量の失業者が生まれる事にはなるけれど。パラダイムをシフトするのだというのが国民の答えなのだ。

そうそう、岐阜一区で野田聖子を民主新人の柴橋正直氏が叩き落したのは痛快だったけれど、比例区で復活!。なんだよこれ!って岐阜市民は誰もが思ったとおもうけれど、きっと今後、野田聖子が柳ケ瀬を歩いていたりしたら、美川憲一が見つけて「アンタはじっこ歩きなさいよ!」って言うと思う。野田聖子は選挙区で落選したのですから。

090831_002

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月29日 (土)

あんたは博打打か?!

090829 「選挙は博打ではない」と「ばくちうち」の様な面で、博打打でもこんな下品な話し方はしないと思うほど下品な麻生さんが言うからマスマス自民党は崩壊状態で、野田聖子のお陰で注目の選挙区となっている岐阜一区の住民の団塊堂たけれど、昨日は朝の出勤時にはビックリで、岐阜駅で民主党候補の柴橋氏が演説していたら通勤客が殺到して熱烈に握手を求めていたりして、先日、野田聖子がたった時は完全に市民から無視されたと本人も演説で言っているけれど、政治的ど田舎の、保守の牙城も、今日この頃は民主の王国になりつつあって、団塊堂、朝の通勤電車で「よあ~けは近い~」なんて{友よ!}を歌ってしまったりしてご機嫌なのだ。野田聖子でネット検索などしてみると出るわ出るわいっぱいネタが出てくるわけで、例の「佐藤ゆかり」騒動の際に本家の自民党サイドからのものと思われる情報が多くて信憑性も高かったりして、本当に岐阜市民を馬鹿にした話なのだ。

といいつつ、そんなこんなで不満解消の「八っつあん熊さん」のオイラだけれど、三越の分社化・1000人のリストラなんて話題もあって、あまりに身近で痛い話題はブログには書けないものなのだ。さて、今日は「名古屋特選品オーディオフェア」なんてのに出かけてタンノイやらJBLに酔ってこようと思う。選挙前夜の前祝に。

自民党総裁になりたかった東国原そのまんま淫行知事なんか元気だろうか?090713_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

絶滅危惧種・鉄板焼スパゲッテイ。

090821 父一人息子一人で、親父にパラサイトしながら親父の介護にウンザリしている同期のナベちゃんが電話をしてくる時は、「何か美味い物を食べに行こうよ」というのが口癖だ。

団塊堂は「美味しい物を食べたい」なんて考えは下品で、ましてや男二人で美味しい物を食べたいなんて事は、馬鹿みたいな事に思うのだ。まして、オイラ毎日美味しい物を食べているから、更に美味しい物をとなるとそんな事は無理で(笑)、非日常的な美味となると多少思いつかない事もないではないが、どうせ勘定の時はトイレに立つナベちゃんだもの、いい加減にしろ!って感じなのだ。

しかし、まあ「美味しい物」って思って考えてみても、あまり思いつかない。「とても不味い店」なんてものは幾つかあるけれど、本来、美味しいという事は普通の事で、際立って美味しかったなんて経験は、お店の雰囲気だったり、食事の相手との相性だったり、その日の出来事を含めてだったりする。冴えない男二人で美味しい?無理な注文だよナベちゃん。

冒頭の写真は、名古屋名物の「鉄板焼スパゲッテイ」なのだ。だがしかし、名古屋の人に「鉄板焼スパゲッテイ」といっても全く通じない。名古屋の人は普通にこれを「イタリアンスパゲッテイ」と呼んでいて、東海三県下では、スパゲッティと言えば、こうしてステーキやハンバーグの様に、熱っ~い鉄板の上に薄く溶き玉子を流してケチャップに絡めたスパゲッテイを載せて出てくるものなのだ。トッピングはウインナー、これに粉チーズとタバスコをタップリ掛けて戴く。

団塊堂など生まれてこのかたスバゲッティとは、鉄板の上でジューツって言いながら出てくるものだと思っていて、これが名古屋・東海地方の独特のスタイルだと知ったのは社会に出て数年たってからの事だった。

この「鉄板焼スパゲッテイ」いまやナカナカお目にかかれないメニューで、なにより「喫茶店」そのものが絶滅危惧種で、「喫茶店」と「鉄板焼スパゲッテイ」の2つのキーワードを揃えるなんて事は、すでに“穴場情報”のタグイなのだ。

さて今日は、床屋の帰り、柳ケ瀬の赤いレンガのビルの地下の四十年前から時計が止まったままの様な「喫茶店」で「鉄板焼スパゲッテイ」。

懐かしさを含めてとても美味しかった。

090821_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月19日 (水)

パイプドリーム。

090819_002 イギリスには「パイプドリーム」とか「ダンヒルドリーム」という言葉があって、パイプをいじくりながらアレヤコレヤト思いを巡らす事をいうのだという。

近頃、喫煙は、いささか肩身の狭い行為になってしまったけれど、嫌煙権を主張するヒステリックな人も少しどうか?と思わないでもない。因みに昔、職場で、ひとり、非喫煙で食後もカタクナに分煙で食堂の隅で本を読んでいた某君は五十半ばで肺癌で亡くなった。愛煙家の俺たちミンナ元気なのは悪魔の仕業だろうか。

さて、この、庭用のコンクリートの灰皿、ホタテ貝の形でナカナカ面白い。蓼科のガーデニングショップに試作品で置かれていた物を分けて戴いた。試作品なんですけど、こんなの売れるでしょうか?って相談されてしまったけれど、売れるかどうかは判らないけれど、面白いよねと答えた。団塊堂最後の楽園、我が家の中庭だけは、たとえ喫煙が覚せい剤並に禁止されても喫煙所で在り続けるだろう。IWANAの大事な思索の場だから。

コンクリートもガーデニングの素材として結構面白いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月16日 (日)

団塊堂 お盆の夜に奥美濃・郡上八幡にて徹夜で踊り狂う。

090815_022 090815_030 さて、Tさん、近頃こんな気持ち良さそうに唄う男の顔を見たことがあるだろうか。こんなに楽しそうに踊るジイ様の姿を見たことがあるかい。

ここは、奥美濃、清流長良川とその支流吉田川が出合う山と川の町、岐阜県郡上市・釣りと踊りの町・郡上八幡なのです。東京の青山の地名は、江戸の昔、この郡上一帯を治めた青山藩の江戸屋敷に由来するし、骨董界の一番星・青山二郎にも繋がる奥美濃の小京都なのだ。

090815_015 郡上八幡では夏の夜は、街中を舞台にして七月半ばから九月はじめの踊り納めまで延々と盆踊りが続けられる。近郷近在の百姓から製材所のオヤジ、病院勤めの看護婦から幼稚園の保母さん、老いも若きも夜毎集まって踊り狂うのだ。

ノド自慢の親父がマイクを握り、お囃子の三味線が、太鼓が生で響き、下駄の音がそれに応えて街に響き、吉田川のセセラギが和音を添える。

古い町並みの、広くは無い通りを、踊り手が埋め尽くす。とりわけ盂蘭盆会の四日間は徹夜踊りが繰り広げられる。観光客の姿が消える夜半過ぎは、踊り巧者の磨かれた踊りの競演で、深夜の街は神が降りた様でトランス状態となる。

さて、素晴らしい暮らしではないか、夏の朝は長良川で鮎を掛け、昼はセセラギを聴きながら昼寝し、夜は夜毎踊り狂うのだ郡上の男は。

美しい御婦人も、臆する事無く踊りの輪に加わり、しなやかで艶やかな踊りを見せてくれる、ここは極楽なのだよTさん。今度の選挙ではなんとしても自民党を倒して「老人と若者が踊って暮らせる楽しい社会」を創りたいものです。なんちゃって。

でもトヨさん、年金が満額貰える歳になったらトヨさんと郡上に来て3日3晩踊り明かして、妙齢の御婦人をお誘いしたりしたいな。その為にも、貴兄のご健康を心からお祈りする今日この頃なのだ。

トヨさん、人生いたるところに極楽在りです。

郡上踊り http://www.gujohachiman.com/kanko/

090815_003

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月12日 (水)

のりP・地震・総選挙

090812 ノリPが“シャブP”で近頃は“サイバーのりP”で足首のタトーが往ってしまっているってテレビが連日うるさいから、いいかげん静香にしろ!なんて。

団塊堂の支離滅裂な文章だってポン中の様だと言えなくもないけれど、これは文学的にラリッテいるだけで、オイラはクスリ無用でビンビンなのだ。

そういえば押尾のジャンキーはどうなったのよなんて思っていたら、昨日は早朝から激しくベットが揺れて、クスリも無いのに独り寝のベットが自分以外の要因で動く事など無い今日この頃、ついに来たのか東海大地震と思ったのだけれど、これは東海大地震とは関係ないなんてまるで、ノリPが起訴猶予になるくらい不思議な事で、国策捜査の検察のバランス感覚を疑う今夜の団塊堂なのだ。

さて、衆議院議員選挙の公示まで一週間を切り、まもなくブログも自由に書けなくなるので、今の内に書くべき事は書いておこうと思う。愛すべき団塊の友・鳩山兄の友愛は少し古臭くもあり、甘っちょろい気がするけれど、この、時代遅れの“友愛”という言葉、かみしめてみるとなかなかで、思えば、小泉の改革という名の切捨てや、竹中平蔵の自由と言う名の資本の暴走に、ササむくれが出来てしまった世の中には効くメンソレータムかもしれないと思う。

090713_004 口先の喧嘩だけはチンピラ並みに達者な麻生は、今回の争点は“民主党の政権担当能力を問う事”だという、なんという智恵の無い事だろう、世界一の広告代理店がコピーを提案してもこれなのだろうか。 安倍に次いで福田も政権放棄し、漢字も読めない麻生が、他党の“担当能力”など問う事が出来るのだろうか。麻生が“民主の担当能力”を言うたびに、国民は、Bairin_001 アル中の中川を、絆創膏の赤城を、僕ちゃん辞めたの安倍を、あんたとは違う福田を思い起こすと思うのだ。まさに逆効果ではアリマスマイカ。「麻生の責任力」など大笑い。

本当に智恵が無いのだね自民党さんよ。馬鹿だね。アンタたちの“担当能力”の無さによってモタラサレタ解散なんだよ。

だがしかし、都議会選挙の大勝でガス抜き。 のりピー叩きでガス抜き。 静岡地震でガス抜き。

8月30日はすっかり元の木阿弥なんて事にならないとも限らない。

さあ、出番ですよ団塊諸氏!団塊の責任力を見せてやりましょう。

馬鹿の麻生が「考える一ヶ月にしたい」なんて一番似合わない言葉だよね。オマエなにか考えた事なんてあるのか?と。

今夜も下品な書き込みで恐縮。でも本当に下品なのは、それでも自民党に投票することです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

伊吹山山頂にて団塊堂「お花畑がきれいよ!」と叫ぶ。

090808_006_2 若き二十歳の頃は演劇青年で、役者を夢見ていたIWANAの養成所時代、劇団民芸の水品春樹先生の演技指導の時間、最初に皆で言わされた台詞が、この「お花畑がきれいよ!」なのだ。まずは、大きな声を出す事と相手に感情を伝えるというテーマだったけれど、先生の「演技求真」なんてテキストは、状況劇場やら天井桟敷そして暗黒舞踏なんてものに憧れる理屈ばかりのガキには、なんだか人を馬鹿にしたようなタルイものに思われたけれど、誉めて育てる優しいオジイサンの春樹先生は好きで、奥様の水品加衛子先生はチャキチャキで厳しく「ケナシテつぶす」授業だったから不器用なIWANAは苦手だった。アノ頃の仲間がもしここに居たら、河村さんだって長谷君だって多恵子だってミヤコだって絶対「お花畑がきれいよ!」って叫ぶと思う。皆、どうしているのだろう。

090808_005 岐阜の人間にとって金華山と伊吹山は絶対外せない山で、岐阜や愛知県の尾張地方の学校で、校歌に、伊吹山、あるいは「伊吹下し」が詠まれていない校歌は無いとおもう。ちなみにIWANAが卒業した岐阜市立加納第二小学校の校歌は「秀峰伊吹その姿、映して清し長良川」と詠まれているが、小学生に「秀峰」が何かなんて全くわからず、当時まだ健在だった蒸気機関車の「しゅっしゅぽっぱ」だとばかり思っていて、校歌の出だしは、小学生は、みんな、やたら元気に「シュッポー伊吹」と歌っていた。

090808_002 大阪から新幹線で東京に向かうと、米原を越えたあたりで、左手に麓を残酷に削られたひと際高い山が迫ってくる、秀峰・伊吹山であります。

歴史的な古戦場・関が原からはドライブウェイで一気に1,377.4mの山頂近くまで車で登る事ができる。写真は昨日の山頂の様子だけれど、長かった梅雨が明けて、爆発的にお花畑が綺麗だったのだ。駐車場から20分程度のハイキングで山頂に立つ事ができる。本州の真ん中に位置する伊吹山は、北限の植物と南限の植物が入り混じって植物の種類も豊富で山野草好きにはたまらない。ここでは、誰だって「お花畑がきれいよ!」って叫びたくなるのだ。

090808_008 さて、帰り道、小学生時代に遠足で行った醒ヶ井養鱒場(さめがい)へ向かうけれど、明治11年に作られた醒ヶ井養鱒場は、今は寂れて、魚に対する情熱など微塵も感じられないダラダラとやってるボッタクリ施設だったけれど、道すがら「いぼとり地蔵」と「いぼとり水」なんて湧き水があったりして、近頃、手に出来たシミの様な“老人性イボ”が気になる団塊堂、思わず手を合わせ、湧き水を飲んみたのです。美味しい水でした。

090808_011 さてさて、昨日の大発見は、中仙道醒ヶ井宿「梅花藻」(バイカモ)であります。醒ヶ井への道を尋ねた食堂のオバサンに「梅花藻」を見に来たのかと聞かれて、梅花藻って何?って教えて戴いたのだけれど。

今尚、宿場町の風情を残す醒ヶ井宿、中仙道に沿ってミネラルウォーターの様な地蔵川が流れて、極めてキレイな水にしか棲まないハリヨが泳ぎ、梅花藻が花を沢山つけていました。梅花藻、例年なら七月が見頃ということですが、長梅雨のお陰で、今年はは今が見頃、観光客も沢山訪れて、しっとりとした醒ヶ井の町は極楽でありました。

090808_010

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 6日 (木)

団塊堂、魯山人する。

090803_005 梅雨が明けて本格的な夏が来たというのに、「障子の張替え」なんてシミッタレタ話題で恐縮だけれど、長い梅雨の間に糊がとれて障子の端がビラビラし始めて貧乏臭くなったので障子を張り替えた。そして、もうお察しの通り、ただアリキタリノ白い障子紙を貼ったのでは団塊堂らしくはないのだ。美濃和紙の本場である岐阜人としては和紙にはウルサイのだ。さて、今回は、団塊堂的には極めてシンプル。濃紺の薄手の工芸和紙と障子紙を重ね貼りして一部に新聞紙なども使ってある。この遊びを団塊堂は密かに「魯山人ゴッコ」と呼んでいる。茶碗が無いといって茶碗を焼き、障子が破れたといってアートする。この事を友人に話したら。少し馬鹿にして「なんでもする男だね」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

「 キタイ ギタイ 」 ヒビのコヅエ展 いきもののかたち 服のかたち

090803_001090803_002  きわめてアートな展覧会であり、とてもアバンギャルドで不思議で楽しい展覧会なのだ。NHKの「にほんごであそぼ」やら、愛地球博の開会式で子供たちが身に付けた虫の衣装を手がけた“ひびのこづえ”さんのコスチュームやデザイン画130点が展示されている。相変わらず日本の美術館は撮影禁止という事で盗撮画像でしかお見せ出来ないのが残念だけれど本当はとても絵になる面白い展示なのだ。といいつつ“ひびのこづえ”さんとお話しする事が出来たから写真撮影の許可を戴けばよかったのにと後悔。意外と団塊堂恥ずかしがりやなのだ。

ひびのこづえWEB SITE

「 キタイ ギタイ 」 ヒビのコヅエ展。 名古屋市の北隣の春日町(はるひ)の、ちいさな美術館「はるひ美術館」で9月13日まで開催されている。春日町は日本で一番面積の小さな町、この町も間もなく平成の大合併で清須市と合併するけれど、こうした小さな美術館を住民参加で育てているきめ細かなものが失われることが無いように、なんて事を思いつつ雨の中つぎの小さな美術館へ向かったのだ。

090803_003 脈絡のない文章で恐縮だけれど、団塊堂は八月一日から三連休なのだけれど昨日は梅雨の最後となった大雨で遠出を諦めて近場の美術館巡りという安上がりなツアーを決め込んだのだ。

さて、愛知県一宮市の一宮市三岸節子記念美術館。名古屋弁を更に汚くしたような言葉が一宮の言葉だけれど、三岸節子の生地に建つこの美術館、なかなかオシャレで美しいのだ周辺の古い豪壮な建物とも対立せず赤レンガが美しい。三岸節子の、太く存在感のあるモダニズム、なんて事を思ってみつつ、これも盗撮映像で恐縮。日本の美術館も根拠のないクダラナイ撮影禁止なんて事をやめて頂いて。ブログで自由に楽しく美術館について語り合えたら良いのに、なん思う今日この頃なのだ。

三岸美術館

さあ、夏休みも間もなく終り、梅雨明けのクレージイな暑さのなかでの労働が、また始まる。ほどほどに頑張らなければ。090803_004 写真中央の人物はケッシテ団塊堂ではありません。念のため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 2日 (日)

アンティークカップ。

090801 アンティークカップなんてタイトルを付けたけれど何も目新しい物が無いのが申し訳ない。

今日は、来客があるというので、コレクションのカップを少し三階から下ろして一階に並べたのだけれど、並べてみたらナカナカオシャレではないかと、写真に収めたわけだけれど少し厭味だろうか?

このところアンティークカップのアップをしなかったらブログのアクセスが100を切る日もあって、売上の前年対比なんて数字を毎日アアダコウダと気にしながら生きてきた現役時代の悲しい習性でナントカ対策をなんて、考える必要も無いのに考えてしまう。

といって団塊堂アンティークカップの蒐集を止めたわけでもなく、今日も今日とてフロムモーニングテイルナイトでイーベイをウォッチしていて、いまホトンド目が見えない有様。判るかな老眼のつらさが?

今夜、いや正確には昨夜の中津川のフォークジャンボリーはアイニクの雨だったし、木曽福島の上田正樹はどうだったろうか。そういえばNIFTYの検索ワードのランキングのトップに「岐阜新聞」なんてマイナーな新聞社がトップにでてたりして、なんだいこれはなんて思ったら岐阜新聞主催の長良川の花火大会の開催を問い合わせる検索な訳で、三万発の花火が打ち上げられる岐阜の夏の大イベントも雨天と増水で中止だったのじゃないか?本当に、この梅雨前線、国民の支持も無いのに居座る自民創価政権の様に悪質きわまりないなんて、今夜も八つ当たりの団塊堂でゴメン。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »