« 働くことしか才能がない団塊の世代の諸君へ! | トップページ | アンティークカップ。 »

2009年7月30日 (木)

久しぶりの青空。

090730_2 雨と曇天が、二週間近く続いただろうか、「雨の日は静かで好き」なんていうロマンチックな団塊堂も、サスガにこれだけ雨が続くと、全身がナメクジになってしまいそうで、ついつい、もうイイカゲンにしろ自民党なんて、関係ない筋にまで怒ってしまう、はた迷惑な老人の今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。

昨夜も湿度の多い寝苦しい夜でしたが、今朝は一転して青空、寝室のベランダから歓喜のあまり空に向けてデジカメを構えた団塊堂であります。

夏休みといえば、朝はラジオ体操への集合を呼びかける子供会の鈴で起こされるというのが長い間の習慣であったのですが、子供が育ちあがると、あの子供会の鈴が迷惑だったりしたのだけれど、中心市街地の空洞化というヤツで、我が町内には子供は数人しか存在せず、子供は絶滅危惧種どころか、子ども会は解散して、数年前から、夏の朝の風物詩・ラジオ体操の声は聞こえなくなったのであります。

今朝は、駅前の樫の木の並木にセミの大合唱が聞こえ、駅のコンコースには合宿に向かうスポーツ少年団のピーチクパーチクの大合唱。セミもスズメもガキも一緒だな!なんて、団塊堂ひとりゴチながら、何時もの通勤電車に乗ったのであります。

さて、久々の青空もツカノマの青空のようで。今週末は、また雨のようで、私の夏休み第一弾の三連休は、曇天の下でのナメクジの日々となりそうであります。

|

« 働くことしか才能がない団塊の世代の諸君へ! | トップページ | アンティークカップ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの青空。:

« 働くことしか才能がない団塊の世代の諸君へ! | トップページ | アンティークカップ。 »