« MITTERTEICH BAVARIA GERMANY TEAL GOLD TEA CUP | トップページ | マルコス麻生のクールビズ。 »

2009年5月31日 (日)

岐阜・加納ほたる祭り。

Hotaru_003  県庁所在地の都市の真ん中でホタルが乱舞なんて、オイオイ岐阜って田舎だよね!って笑われそうで、近頃、東京なんぞでは、お天気やら台風の情報なんかでは、飛騨高山の赤い橋なんかが中継されて、岐阜といえば山の中の高山なんてイメージで、すっかり岐阜人は“サルぼぼ”にされちまって、違うんだよ岐阜市ってのは濃尾平野に位置する人口40数万の都市で、周辺人口も併せれば100万近い商圏なんだよって事を、まずもって押さえておきたい。

Hotaru_009 というわけで、田舎なれどもソコソコ都会の岐阜市の43階建ての超高層ビルを見上げるJR岐阜駅のすぐ近くの、加納・清水川緑地公園の「加納ホタルまつり」が昨夜あったわけで、もう十数年つづく催しなんだけれど、団塊堂、はじめて出かけたのであります。出かけたと言ったって、我が家から数分の距離で、清水公園といえば団塊堂が子供のころから縄張りで、石ころだらけの公園で三角ベースにいそしみ、チョッとやそっとのヒットでは球が外へいかない広い公園で、自転車の練習もここでしたし、ザリガニ釣りなんかも、したけれど、ホタル?なんて居たのかな?って感じで岐阜市が岐阜駅周辺の再開発で公園をズイブンお金をかけて綺麗にした際に、清水川というキレイな川があり、公園をホタルが生息する公園になんて事を言い出した人がいて、オイオイ無理いうなよ、街の真ん中でホタルが生息出来る“真っ暗な公園”なんぞ造られたら治安もなにもあったものではないだろうと疑問を感じていたのだ、だからビオトープのある辺りは不自然に真っ暗で普段は変で、そして当然ビオトープはロマンで終わっているみたいだけれど地区の小学生が小学校で一生懸命ホタルの養殖をしていて、そのホタルが祭りに合わせて放たれるようなのだ、偉いのは、この小学生で、当日偉そうに東京から選挙区に駆けつけた東京生まれの東京育ちで、アゴを突き出して偉そうに挨拶する主婦感覚からは程遠い野田聖子消費者庁長官ではないのだ。

さて、興ざめな大臣挨拶は失笑ものだけれど、まあ、乱舞とは言えないまでも数十匹のホタルが舞い“ほたる祭り”は成功であります。なにより駅の近くで凄い人出ではあります。祭りは終りましたが、当分は楽しめそうです。団塊堂のコンパクトデジカメでは、美しいホタルが写りませんが、今夜も団塊堂カメラ片手に楽しむつもりです。暗い公園でカメラ片手のオジサンがいても怪しい者ではありません。どうぞご理解を願います。

街の真ん中の公園でホタルがみえる。岐阜って悪くないぜ。

Hotaru_008

ホタルは、今夜も沢山見られました。

尚、ホタルは公園東側の“ホタルの杜”あたりで見られます。清水川沿いでは見られません。

|

« MITTERTEICH BAVARIA GERMANY TEAL GOLD TEA CUP | トップページ | マルコス麻生のクールビズ。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜・加納ほたる祭り。:

« MITTERTEICH BAVARIA GERMANY TEAL GOLD TEA CUP | トップページ | マルコス麻生のクールビズ。 »