« なにもない春の夜は。 | トップページ | イーベイの2位価格オークション。 »

2009年3月21日 (土)

トヨタ博物館

Toyoda_003 Toyoda_001 あの「年金年金とウルサイ」という奥田発言以来、傲慢な体質を問われて評判を落とし、さらに世界不況をマトモにかぶり、アメリカの不況を日本国内に持ち込む事となってしまっている問題の“世界のTOYOTA”の博物館であります。

といいつつ、しかしそんな事をゴチていても世の中は明るくならないのであって、昨年のガソリン高騰いらいスッカリ遠出しない体質になっていた団塊堂も、久しぶりに高速を、流線型とボンネットの名残を残しビレットパーツによるドレスアップでエレガントさを増した愛車で、ブットバシて行ってまいりました。

Toyoda_005 さて、さすがに世界のトヨタであります。そして“世界一のTOYOTA”の博物館であります、素晴らしい展示であります。名古屋の、いや愛知県の、いや日本の誇りであります。19世紀末から20世紀に続く自動車の歴史をトヨタのみならずニュートラルな姿勢で約120台の車で紹介しています。きわめて満足であります、たまらなく満足でありました団塊堂は。そして、このクルマの楽しさこそ、この時期に見直してみるべきではないかと思ったりしたのです。

今回の目的は、会期残り僅かとなった特別展示“団塊世代のブームとクルマ”を見ること、懐かしい月光仮面のオートバイの展示もあって、オトーサン本当にシアワセな一日でありました。クルマって本当にいいです。

できればトヨタ本社の前で「月光仮面のオジサ~ン!」と叫びたい気持ちでありますトヨタさん。

Toyoda_008Toyoda_009 

|

« なにもない春の夜は。 | トップページ | イーベイの2位価格オークション。 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタ博物館:

« なにもない春の夜は。 | トップページ | イーベイの2位価格オークション。 »