« ダヴェンポートの伊万里風カップ。 | トップページ | 小沢 秘書逮捕。処理は適法・中味は違法・麻生は阿呆。 »

2009年3月 1日 (日)

おくりびと。

団塊堂といえば、このところ本当に映画づいてしまって、毎週末、涙ナミダで過ごしているのです。いささかミーハーな気がしないでもないが、やはりアカデミー賞受賞の“おくりびと”を見ない訳にはいかないだろう。再上映にもかかわらず定員600名の劇場は満員で“おくりびと”というより“まもなくおくられびと”というべき観客ばかりだけれど、そして素晴らしかった。映画が、というより“おくりびと”がというべきだろうと思う。そしていずれの役者もピッタリと役にはまって、人間って、いや人生って本当にイイものだと思う。

Image123 さて、唐突ですがアンカケスパの話なのです。名古屋といえば「きしめん」であり「みそにこみ」ではありますが、ここ数十年の本当の名古屋を代表する「麺類」といえば「あんかけスパゲッテイ」なのであります。太目のスパゲッティにスバイシーなトマトベースのトロミがある「アン」をかけたスパ。トッピングは「ミラネ・ウインナーをスライスしたもの」「カントリー・キャベツやコーンなど野菜」「ハムエッグ」などが選べる。

本家はなんといっても「ヨコイ」だけれど、近頃は「チャオ」やら「ユウセン」が美味しい。「あんかけスパ」の本質はなんといってもボリュームだと思う。オーダーの際は必ずボリュームを訊ねられる。「イチ」だの「イチニイ・1.2」「イチハン・1.5」だのと選ぶのだけれどレギュラーでも結構なボリュームなのに、ほとんどの男性はイチニイ以上を注文する。

さてさて、なかでも団塊堂のお気に入りは「チャオ」の“キャベツベーコン”トッピンクがキャベツとベーコンの油いためで、そこにナント、「花かつお」がフンダンにかけられている、それじゃあ焼きソバでは無いか?と言われそうだけれど間違いなくスパゲッテイなのです。美味しく戴くコツは、これに更に粉チーズをフンダンにかけてイタダク事。スパゲッテイに「花かつお」なんてタモリには内緒にしておいて下さい。

あんかけスパが恋しくて、映画もついつい名古屋へ出かけてしまうのです。

「映画」と「あんかけスパ」 たまらなく シ・ア・ワ・セであります。

|

« ダヴェンポートの伊万里風カップ。 | トップページ | 小沢 秘書逮捕。処理は適法・中味は違法・麻生は阿呆。 »

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おくりびと。:

« ダヴェンポートの伊万里風カップ。 | トップページ | 小沢 秘書逮捕。処理は適法・中味は違法・麻生は阿呆。 »