« 花みれば。 | トップページ | おくりびと。 »

2009年2月25日 (水)

ダヴェンポートの伊万里風カップ。

Davenport_006 Davenport founded a ceramic factory Longport (England) in 1793 which operated  until 1882.Certain marked pieces from the first half of the 19th century.are still extant. The Derby style predominated,with richly gilded rims and naturalistic flowers and fruits being characteristic.   (Directory of  European Porcelain)

ダヴェンポートのロンドンシェイプのカップです。ダヴェンポートの最も代表的な模様である“大胆にアレンジされた派手で大きめな植物文様”と、そして日本の伊万里の模倣。ダヴェンポートのみならず19世紀中頃の英国磁器の代表的な作品といえる。と、ここまでは、和田泰志先生の青い本“アンティーク・カップ&ソーサー”の56ページのダヴェンポートのカップの解説を引用しつつ、この解説にぴったりと嵌ったと思われる、団塊堂のホームランのダヴェンポートの伊万里風カップの御自慢であります。

Davenport_001 裏印の時代は、1815-1825年。およそ200年前の物といいますから立派なアンティークであり、なおかつコンディションも最高で、ミントコンディションであります。

和田先生によれば、このような「イマリアレンジ」はリージェント時代(ジョージ四世摂政時代)の1811~20年、ジョージ四世国王時代の1820~30の英国磁器の特徴です。
また「ロンドンシェイプ」は1825年を過ぎると「フレア・タイプ」といってラッパ型に口が開いてきますので、このダヴェンポートの製造年代は遅くとも1825年までです。また窯印のブラウン・アンカーは非常に古いマークで、めずらしい物です。青い本の57ページ、52番にこのマークの写真があります。

ダウェンポート社の歴史については、和田泰志先生のマンダリン・ダルジャンのホームページに極めて詳しく書かれています。http://www.antiquecup.com/museum/davenport/davenport.html

Davenport_001 右の写真はダヴェンポートの創始者John Davenportです。

ジョン・ダヴェンポートは1765年、リークのダービー・ストリートに生まれた。六歳で父を失ったジョンは、未亡人となった母を助け、貧しい家計を支えるため、すぐに小学校を辞めて働きに出た。十代の頃は銀行勤めをしていたとされる。
 1785年、二十歳でリヴァプールのトーマス・ウルフが経営する「イズリントン・チャイナ・ワークス」に入り、三年後には共同経営者となった。ダヴェンポートはここで窯業の経験を積むとともに資金を蓄え、1794年にロングポートの陶器工場「ユニコーン・バンクス」を買収した。この工場はロングポート初の陶窯で、1773年からジョン・ブリンドレイとジェイムズ・ブリンドレイの兄弟が経営していたものである。 (引用 マンダリンダルジャン美術館HP)

Davenport_007 さてさて、John Davenportは、産業革命のイギリスの立志伝中の人物なのです。そしてダヴェンポート社は最盛期には1400人の従業員を擁し、更にインド、アルゼンチン、ペルーにまで支社を出していたイギリス最大の窯業メーカーであったのです。

当時のイギリス労働者の悲惨な状況は、やがてマルクスの資本論を生む事になるけれど、上記のアドレスの、和田先生のマンダリンダルジャン美術館に詳しく描かれている。

余りにも残酷な背景をかかえながらも美しい。200年も前のものが、かくも美しくあり、しかし、さて、使われた事はほとんどなかったのだと思うと悲しい。

さてさて、大陸では、ベートーヴェン、ナポレオンの時代に、美しいカップが英国にあったことを、しっかりとお伝えして、本日のブログの〆とさせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Davenport_002 Davenport_003 Davenport_004 Davenport_005

|

« 花みれば。 | トップページ | おくりびと。 »

アンティーク」カテゴリの記事

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

ジョン・ダヴェンポートって福耳だな~。
金持ちそうですねえ。

投稿: 和田 | 2009年2月26日 (木) 02時02分

さすが和田先生、観察が細かい。
ダヴェンポート、なかなかに色男でもあります。きっと、さぞかし、ナニだった事でしょう。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年2月26日 (木) 19時01分

本当のアンティーク、リージェント時代の作品登場で、ニヤニヤして見ております。
IWANA様のワクワクぶりがひしひしと伝わってきます。
人に幸せをもたらしてくれるモノは素晴らしいです。

投稿: 和田 | 2009年2月27日 (金) 01時51分

アンティークカップ界のサブカルチャー路線の当ブログではありますが、たまには正統派の仲間入りして道の真ん中を歩くのも良いものだと思っています。
といいつつ、次回アップのカップは、またしてもキワモノです。アンティークカップのホワイトデー特別企画でございます。トルストイと有島武郎に絡みながら・・・・アガペーについて考えます。ナンチャッテ!

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年2月27日 (金) 20時30分

惜しみなく愛は奪ふ、ものなんでしょうかね?
更新に期待いたします。

投稿: 和田 | 2009年2月27日 (金) 22時47分

IWANA様 久しぶりのアンティークカップですね。楽しみにしておりました。そうして驚きました。まさか伊万里風だとは。私が最近e-bayで購入したカップも、ダービーの伊万里風なのです。とても偶然ですね。それにしても私の伊万里とは全く趣きが違います。こちらは何て上品なのでしょう!お皿を拡大して見ますとまるで着物の柄のようですね。そうしてさっそく和田先生のHPを読んでみました。イギリスでも子ども達がこんな残酷な労働を!しかも6才なんて……。ダヴェンポートさんも6才から働きに出たんですね。当時は当たり前の事だったにしても、まだ小学生にもならない年齢の子どもがよくこんな過酷な労働に堪えられたものだと驚きます。アンティークカップを通じて、知らなかった歴史や事実をたくさん学びましたが、釜業でどのように働いていたのか、当時の子ども達の事をもっと知りたいです。
それにしてもさすがIWANAさんですね。これもセカイモンですか?やっぱり見る目は確かなんですね。次回も楽しみにしています!

追伸、和田先生
マイセンのDVDを拝見させて頂き、本当に有り難うございました。ラストはビックリな結末でした。予測出来なかったです。それから、あの「ミニチュアフィッシャーマン」はたった5千円の差で取られてしまいました。残念!!悔しい!またがんばります。

投稿: annie | 2009年2月27日 (金) 23時28分

和田先生

さすが和田っち! 正解です。

annie様

そのうえ、値段を聞いたらビックリですよ。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年2月27日 (金) 23時44分

annie様
バレンタインのチョコレート有り難うございました。
機会がありましたら伊万里風ダービーを拝見したく存じます。

投稿: 和田 | 2009年2月28日 (土) 02時28分

和田先生。
さきほどIWANAさん宛にダービー伊万里の写真をお送りしました。見て頂ければ嬉しいです。そうして和田先生に、これが「手描き」だと言う事を証明して頂ければもっと嬉しいのですが。年代は1910年?金彩もきれいで、きれいすぎて、かえって手を加えた偽物かな〜といろいろ考えてまだ一度もこのカップでお茶を飲んでいません。よろしくお願いいたします。

投稿: annie | 2009年3月 1日 (日) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダヴェンポートの伊万里風カップ。:

« 花みれば。 | トップページ | おくりびと。 »