« 今年最初の、さてと。 | トップページ | アンティークカップの愉しみ。ビクトリアンレデイのカップ&ソーサー。 »

2009年1月 6日 (火)

ウェッジウッドの破綻。

090106_001 暗い話ばかりで、何だから、少しでも団塊のブログはパアーっと明るく行きたいけれど、マイカップコレクションのカテゴリーまで不景気な話題で恐縮。

5日、英国高級陶磁器のウェッジウッドを傘下に持つアイルランドの「ウォーターフォード・ウェッジウッド」が破綻して法的管理下に入ったという。さて、ウェッジウッドといえば日本人の大好きなイギリス陶磁器で、近頃は日本の大手百貨店の家庭用品売場でも大きなショップを持ってティールームを併設していたりして、商品開発もナカナカ良くって、確か当代ウェッジウッドの奥様は日本人のハズで、きめ細やかMDに感心していたりしたのだけれど、昨秋以降の不況で経営が行き詰まったという。

イギリスでは、昨年11月にも、ロイヤル・ウースター&スポードが倒産して傘下のスポード美術館など屋根は穴があき展示棚は雨ざらしで、銅板転写用の銅板の原版などゴミと間違われて溶解されてしまったという。

さて、ノリタケも昨年は800人のリストラを行い加賀工場を三月に閉鎖し、九月末にはフィリピン工場を閉鎖した。

さてさて、バレスチナではテロリスト国家イスラエルのパレスチナ人民虐殺が始まりアメリカの軍需産業による次のプログラムが見えてきた今日この頃、相変わらず団塊堂は「茶碗」の話で呆けていて恐縮。

しかしまあ、そんなこんなで、あまり面白いブログの展開にもならないので今夜はこの辺りで退却です。

そういえば、アノ悪辣な99%偽装の「たけ乃子屋」が破産するそうな。当然といえば当然。

次は塀の向こうか、たけ乃子屋。

|

« 今年最初の、さてと。 | トップページ | アンティークカップの愉しみ。ビクトリアンレデイのカップ&ソーサー。 »

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

IWANAさま。初めまして。最近アンティークカップに興味をもち、集め始めたばかりです。こちらのブログと出会い、何度も読んでは楽しませて頂いております。また和田先生とのやりとりがとってもためになり、勉強になります。最近CaugleyのFfishermanのカップ&ソーサーを買いました。手描きだと言うのに絵柄が「ボケてる」んですよね。写真で言えばピントがずれている。これって、おかしいのでしょうか?どうしてもほしかったので、高くても買ってしまいました。カップを買うのはもう少し勉強してからにしようと、毎日こちらのブログにお邪魔しています。

投稿: annie | 2009年1月 9日 (金) 23時03分

annie様
団塊堂主人を差し置いての横レスすみません。
カーフレイのフィッシャーマンは手描きではなく、
銅板転写染付によるプリント印刷が基本のはずです。
大概は描線がくっきりしていますので、お手持ちの作品がカーフレイのステアタイト磁器製なのか、あるいは別の窯によるコピー品なのか、検討されると楽しいと思います。

IWANA様
霜枯れて 見る人もなし 破れ窯屋
ウースター、スポード、ウェッジウッド、
いずれもつぶれてしまっていいと思います。
現代においてはとっくに存在意義を失っていますし、
製品にも、もはや後世に伝えるべき価値はありません。


投稿: 和田 | 2009年1月10日 (土) 02時30分

annie様
お立寄りありがとうございます。
このところ団塊堂は新年会やらなんやらでブログの更新が遅れておりますお許し下さい。第二の人生の団塊堂が集めているアンティークカップは実は数千円の世界、これを最近は数百円の世界にまで落として楽しんでいます。コストの割にはとても楽しめる世界です。このあたりの内幕は和田先生の助けを借りて近々ブログにアップするつもりです。楽しみにお待ち下さい。

和田先生
愛するがゆえの先生の怒りごもっともであります。今日の新聞ではウェッジウッドはアメリカのファンドに買収されるようですね。魂を抜かれたウェッジウッドがマネーゲームの駒としてただ独り歩きしていくのですね。意味の無い存続ではあります。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年1月10日 (土) 08時05分

わ、わ、和田先生からご返事を頂けるなんて、夢のようです。先生の「アンティークカップ名盤」は最近購入して、聖書のように愛読いたしております。フィッシャーマンはやはりそうなんですね。「手描き」と説明が書いてあったので購入したのです。でもこの事がキッカケとなって、しっかり勉強するようになり、IWANAさんのブログにたどり着き、和田先生からコメントまで頂いて......。IWANAさん本当に有り難う!それから集めているカップが数千円とは冗談でしょ?

投稿: annie | 2009年1月10日 (土) 09時17分

すみません。興奮のあまり「銘鑑」を「名盤」ど誤字してしまいました......。

投稿: annie | 2009年1月10日 (土) 09時32分

IWANA様
昨日、今日の講演会で怒りまくってきましたので、多少スッとしました

annie様
当初は「名盤」(LPレコード)の本の原稿を書いていたんです(未出版)。
カーフレイのフィッシャーマンが転写だということについては、
HPにちょっとだけ記述がありますので、以下をご参照ください。
http://antiquecup.com/museum/caughley/caughley.html

投稿: 和田 | 2009年1月10日 (土) 15時54分

annie様
内緒で、コレクションの落札価格をお教えしましょう。
アールヌーボーのカップ
 44ドル88セント 送料手数料込みで7,312円
ウースターのウイロウパターン
 33ドル50セント 送料手数料込みで6,627円
フリーメーソンのカップ
 15ドル11セント 送料手数料込みで4,257円
   でございます。 ここだけの話です。

和田先生
今度は、ローゼンタールが逝ってしまいました。すべてはアンティークの世界になってしまうのでしょうか。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年1月10日 (土) 19時01分

IWANA様。
何度もひつこくすみません。あまりの過激な発言に黙っていられませんでした。私も内緒でお教えしますが、手描きだと信じて買ったフィッシャーマンは6万円もしたのですよ......(泣)。

和田先生。
先生のHPは本よりも先に拝見ていました。今からお教え頂いたページに行ってみます。これからもご教示よろしくお願い致します。

投稿: annie | 2009年1月10日 (土) 21時02分

IWANA様
おととい金曜日は「さらばウースター、さらばスポード」ってタイトルで講演をブチ上げてきたんですが。
(ウエッジウッドは呆れ果て、語る興味もないので無視しました)。
来週のタイトルは「アウフビーダーゼーェン!ローゼンタール」ですなあ。
まだ逝くメーカーがありそうですよ。

annie様
ボられましたね
以下に貼ったサイトのカーフレイは値が高すぎますので買うことは全くオススメしませんが、
総じてアンティークカップは海外からサイトなどを通じて直接買うのが利口でしょう。
骨董市をひやかす楽しみは別として、日本のアンティーク商とはこの際手切れしたほうがいいかもしれませんね。
「強盗・窃盗・骨董」という云いがあり、人を騙す以上に「奪い取る」業者もありますので。
↓フィッシャーマンってこんな感じかな?
http://cgi.ebay.com/CAUGHLEY-FISHERMAN-CORMORANT-COFFEE-CUP-C1780-90_W0QQitemZ250354716458QQcmdZViewItemQQptZUK_PotteryPorcelain_Glass_PotteryPorcelain_China_SM?hash=item250354716458&_trksid=p3286.c0.m14&_trkparms=66%3A2%7C65%3A10%7C39%3A1%7C240%3A1318

投稿: 和田 | 2009年1月10日 (土) 21時42分

annie様 和田先生

次のブログで待ってます。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2009年1月12日 (月) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェッジウッドの破綻。:

« 今年最初の、さてと。 | トップページ | アンティークカップの愉しみ。ビクトリアンレデイのカップ&ソーサー。 »