« ロイヤルチェルシーの矢車菊のカップ&ソーサー。 | トップページ | 「眼による新たな創造」 »

2008年10月26日 (日)

ホテルのバー。

Hototogis_002 しとしとと、不景気な雨がそぼ降る日曜の朝、団塊の皆様はイカがお過ごしでしょうか。友達の友達がアルカイダだという出来の悪い弟の鳩山さんが、この株価の暴落で66億円の損失を被ったようだけれど、相変わらずノーテンキで羨ましい限りです。

団塊堂のお友達のT様の口癖は「他人の不幸は蜜の味」なんだけれど、株価の暴落でメールも途絶えがちで、自分が不幸になってどうするのよ?って感じ。

団塊堂といえば昨年の暮れには少し投資信託でも、と心が動いていたけれど、面倒くさいというただそれだけで極めて保守的に銀行一筋のスタンス。「禍福はあざなえる縄のごとし」これだって何時かT様が団塊堂に送ってきたメールの言葉ジャマイカ。バクチはいけません。とりわけ老人は。

さて、この頃、妙に挑戦的で好ましいアカイ赤い朝日新聞が、解散を逃げまくる「弱虫太郎」こと川筋者の麻生太郎の「ホテルのバー」でのお遊びを攻撃しているけれど、いけませんイケマセン。他人のお遊びをヒガンダ目でウラヤマシがってはいけません。ホテルのバーなど、健康で明朗会計でスマートで、料亭なんぞより合理的で、上手く遊べば柳ケ瀬のフィリピンパブより安いのだから。マッカランの18年物というのがニクイけれどマッカランで葉巻なんて良いよね、好きだねそういうの。どうせ太郎なんて庶民の生活なんて知らないし「実体経済」なんて知らないでマンガ読んでただけなんだから。一緒に遊んだら面白いだろうね。太郎くん総理大臣辞めたら遊ぼうよ!

そんな事より、恐慌を盾に解散を逃げ、非常時に政治的空白を延々と続ける自民公明政権の存在そのものが問題なのですよ。

|

« ロイヤルチェルシーの矢車菊のカップ&ソーサー。 | トップページ | 「眼による新たな創造」 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルのバー。:

« ロイヤルチェルシーの矢車菊のカップ&ソーサー。 | トップページ | 「眼による新たな創造」 »