« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

ベイヤー&ボックの尖がったデミカップ&ソーサー。

Volkstedt_002 Volkstedt-Rudolstadt (Germany,Thuringia)

Beyer & Bock,porcelain factory,f.1890.

さて、団塊堂の様に“とんがった”カップです。

これを見た友人は「宇宙船の様な」と表現したけれど、まさに宇宙船の様であり、使う事など考えていないようで痛快である。

超モダンのようであるけれど、ターコイズの色調、金彩の小花は、少し前時代的であり、踏み出しているようで踏み出していない保守的なドイツの匂いも強く残っている。宇宙船といってもアポロ計画以前の、Volkstedt_012 僕達が子供の頃カバヤキャラメルのオマケで貰った少年少女世界文学全集の怪奇的な宇宙小説のオドロおどろした宇宙船の様に思える。高台のデザインなど宇宙船の脚であり宇宙船から噴射されたガスの様である。

なにより、トランペットの様に開いた口縁部など使い勝手など全く無視したようで嬉しい。こんな物でお茶などしたら、口の両脇からダラダラと茶がコボレテしまうだろう。高台など危ういカタチでデミタスカップだから良い様なものの普通のサイズのカップなら破損間違いなしの形だ。取っ手など、天に昇ろうとする龍の様で、天に噛み付いた龍の様で、アグレッシブで好きだ。

Volkstedt

さて、裏印のフォルクシュテットである。

テューリンゲンのルドルシュタット=フォルクシュテットは、
マイセンの贋作窯として知られ、後に街ぐるみでマイセン窯の贋作製造に乗り出します。
20以上を数えた磁器窯のほとんどが、マイセン窯製品の影響を受けた作品を作っています。

ヨーロッパポーセリンの裏印事典を紐解いて見るとルドルシュタット=フォルクシュテットの項目で何ページもマイセン風やらウイーン風の“チョッと変な”窯印が並ぶ。まるで中国製の日本風の贋物バイクのブランドロゴの様だ。

つまり、本品は、そんなドイツのテューリンゲン地方のルドルシュタット地域で作られたベイヤー&ボック社の物。裏印から1927年頃の物。

しかし、とにかく面白いカップなのだ。美しいのだ。魔界です、ヨーロッパアンティークカップの世界は。

Volkstedt_004

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

団塊のブログ開設二周年。

Shunen_001 さて、本日9月25日で「団塊のブログ」は開設二周年を迎えました。

30年の百貨店勤めを終えて、次の人生を進めるにあたって、「物」にこだわり続け「物」に関わり続けた百貨店人の総括として、30年の歳月の内で、好きで集めた物たちへ好きな理由を言葉にする事が「物」たちへの功徳と、「物」がたりを始めてみました。

そうして、三ヶ月で終えるはずの「物」がたりのブログも、ダラダラと二年もの間続ける事となってしまいました。「物」がたりを続けるあいだに、年甲斐も無く「物」へのコダワリは増殖を続け、物欲は涸れる事無く、物ばかりが増えました。

およそ人というもの、歳と共に物を棄て、欲を棄てる事こそあるべき姿であるのに、団塊堂は餓鬼そのものであります。

さて、ブログを続けた二年間は、とても充実した二年間でありました。団塊堂の本当の姿は、毎日が日曜日でもなく、まして遊民でもなく、悠々自適など程遠い、リストラの荒波に揉まれ、年金受給は先延ばしにされた、ヤラレッパナシの団塊の世代そのものであります。

そして、「こだわり」の「こだわり」は少し過去への恨みつらみの「こだわり」でもありました。しかし、この二年間、ブログを続ける事で多くの発見と出会いがありました。そして、それらをブログに定着させることによって少しづつ自分が生まれ変わることが出来たように思います。

あたらしい「こだわり」を持つことで、過去の「こだわり」は消えていきました。そして考えてみると、「あたらしいこだわり」は、もう「こだわり」などというカタチはなく、今の暮らしそのものになっています。

美しいものと出逢う事は、とても楽しい事であります。

二年間のお付き合い有難うございました。そして今後とも宜しくお付き合いお願い致します。

Volkstedt_009

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

タンゴ歌手・香坂優 「情炎」にアクセス急増。

1221576839 ジュセリーノの予言騒動が終わったと思ったら、今度は「香坂優」なのです。当ブログの左側中ほどの検索アクセスランキングをご覧戴きたい。「香坂優」というキーワードでのアクセスが急増しているのです。ジュセリーノの東海大地震予言騒動の際には、この団塊のブログがグーグルでもヤフーでも一時検索ページの二位くらいにアップされていて驚くほどアクセスが急増したけれど、いま「香坂優」での検索によるアクセスが、同じ状況なのです。

香坂優が、この一週間、NHKラジオやら民放ラジオへの出演が続いた事による反響だと思うけれど、世の中がようやく「タンゴ歌手・香坂優」の事を気が付いてくれた様でうれしい。

さて、「東京メトロ」は「粋」で「おとな」である。東京メトロの企画に乾杯なのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Metro Music Oasis Vol.21(メトロ・ミュージック・オアシス21)
「情炎 源氏物語」のキャストがお届けする情熱のタンゴの世界
秋の銀座を彩る、アルゼンチンタンゴの華麗なる歌とダンス
9月26日(金)に銀座駅内コンコースで開催(入場無料)
 東京メトロ(社長: 梅崎 壽)では、平成20年9月26日(金)に銀座駅内コンコース(銀座のオアシス)前で音楽ステージ「Metro Music Oasis Vol.21(メトロ・ミュージック・オアシス21)タンゴ×能×新内によるオリジナル公演「情炎・源氏物語」キャストがお届けする情熱のタンゴの世界」を開催します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてさて、団塊の星・香坂優の戦いが始まった。10月10日(金)の東京五反田・ゆうぽうとホールのコンサートを皮切りに10月16日(木)の名古屋・アートピアホール(ナディアパーク11F)、そしてタンゴの総本山ブエノスアイレス・アルベアール大統領劇場での公演へと一気に攻め上る。アルゼンチン政府の強力なバックアップによってようやく実現した凄い事なのだ。
銀座駅内コンコース、決して音楽に理想的な環境ではあるまい。しかしそんな事はカマワナイのである。香坂優のタンゴは本物である。銀座の雑踏に負けるようなヤワナ歌ではない。
まさに、9月26日(金)の東京メトロ・銀座のオアシスは、香坂優のブエノスアイレスへの進軍の前夜祭なのだ。
全ての団塊は9.26銀座のオアシスに結集せよ! 
近頃の沢田研二風にいえば、「老いたるは無力を気力にかえて」東京メトロに結集せよ。
そして「愛を!」

1221574505_2 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京公演

2008年10月10日(金)

ゆうぽうとホール(五反田)

○ 昼公演 14:00開演(13:30開場)

● 夜公演 19:00開演(18:30開場)

S席 ¥10,000  A席 ¥8,500 B席 ¥7,000

ご予約・お問い合わせ

チケットスペース 03-3234-9999 http://www.ints.co.jp

チケットぴあ・ローソンチケット など各種プレイガイドで取り扱い中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋公演

2008年10月16日(木) 18:45開演

アートピアホール(ナディアパーク11F)

一般 ¥5,000  学生 ¥3,000

お問い合わせ

クラシック名古屋  052-678-5310 http://clanago.com

チケットぴあ・ローソンチケット など各種プレイガイドで取り扱い中

Coalport_004

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

コールポート 赤に山鳥の金彩のカップ&ソーサー 

Coalport_002 OFFERING THIS FANTASTIC JUST GORGEOUS  BREATHTAKING ,   FOOTED TEA CUP AND SAUCER , THIS IS A BEAUTY ALL HANDPAINTED AND I MEAN ALL HANDPAINTED WITH SUPER GOLD  WORK OF INSECTS AND BUTTERFLIES , AND CARIO EXOTIC BIRDS ALL OVER THE CUP AND SAUCER

さて、コールポートのとてもオシャレなカップ&ソーサーです。先日来、このアンティークとは呼べないけれど少しレトロな時代のカップに団塊堂はハマッテいて、この年代の物を海外のオークションで追いかけているのです。前回のパラゴンと同時代の物。

今回は、団塊堂のヨーロッパのカップのコレクションの核となるであろうイギリスのコールポートの物、年代は1950年というから、マサニ団塊の世代の物であり嬉しい。

冒頭の英文は、オークション出品者の文章をそのままコピーしてみました、金彩がハンドペイントか如何かは疑問が残る。まあ、オールドノリタケのハンドペイントの表示と同じだと片目を瞑ってやりすごそう。しかし、なかなかに素晴らしい。

前回のパラゴンのカップの説明で和田泰志先生のエインズレイ・パラゴン・コールポートは一時期カルテルを組んでいたという話をアップしたけれど、コールポートはやはり格の違いを感じる。素晴らしくゴージャスで美しい。小豆色に金彩で山鳥と昆虫、木の実やら花と唐Coalport_007 草のように植物があしらわれて上品で日本的でもある。これでアフタヌーンティーが出来たら幸せと言うのではないか。

さて、コールポートは「アンティーク・カップ&ソウサー」講談社刊の、窯の系譜によれば1791~1967年とあり、その後はウェッジウッドに吸収される。このカップの裏印を和田先生に見て頂いたところ1950年代の物との事。

イギリスは第二次世界大戦の戦勝国であるけれどロンドンなどナチスドイツの大空襲に昼夜連続57日間も見舞われた。死傷者9万人、うち死者2万人。イギリスが受けた精神的・物質的・肉体的被害を思うとき前述の英国製カップの品質の低下が理解できる。

1950年代のイギリス。牛乳配達の近代化。エクスプレス・デアリーと呼ばれる牛乳配達の馬車が姿を消す。

Coalport(英) 1950

Coalport_004

RARE COALPORT TEA CUP AND SAUCER HOT RED TEACUP HP

INSECTS BUTTERFLIES AND CARIO BIRDS SUPER GOLD GILT HP

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

ジュセリーノの大予言と農水省の驚くべき腐敗。自民党総裁選崩壊の大爆弾。

Namazu_002 さて、当ブログもコノトコロ激しくアクセスが増加していて、昨日のアクセス数は714件にも達し、今日も朝からアクセス数はドンドンと増えている。この一週間なにも更新しなかったのに申し訳ないのであります。

ブログ画面の左なかほどの検索フレーズランキングをご覧戴くとその理由がお分かりいただけるとおもいますが、全てはジュセリーノ様の大予言のお蔭であります。ブラジルの予言者ジュセリーノが、今日9月13日に愛知県の岡崎市を震源地とする大地震が起きると予言したとか・・・。かなり怪しげな予言者だとも、あるいは本の販売キャンペーンだとも言われているけれど予言の朝の四時を過ぎても何事もなかったようでとりあえずは安堵致してりますが、何度もいうけれど、占いなんぞはインチキだけれど、東海大地震の可能性を論じる事は科学的根拠があり、東海大地震が何時来てもオカシクナイという事だけは心にシッカリと留めておきたい今日この頃であります。写真は、地震など起こらない事を願って、我が家の普段使いの皿で恐縮ですが鯰の絵皿をアップ致しました。

さて、「やかましかった」自民党総裁選も落ち着いてみると、なんだ、こんな変なヤツラしか居ないのか自民党には?次も・次の次も、こんなヤツしかいないのか?という感じで、候補者同士でヤタラべたべたして誉めあっているけれど、どいつもこいつも安倍ちゃんよりも福田さんよりも上とは思えないクダラナイ奴ばかりで自民党の人材の枯渇をさらけ出していて、心あるホンの少数の自民党員のなかには絶望感が拡がっているようだ。

Namazu_002_2 さてさて、次から次へと変わる大臣が何れも、レイプする元気の有る奴はいい奴だとノタマウナラズモノやら、絆創膏やらで、最悪の自民党員を押し付けられて、最低の大臣のイスとされてしまった農水省だけれど、このところの食肉偽装への対応やら汚染米転用事件の構造を見ていると本当に悪いのは農水省であり、農水大臣に毎度毎度とんでもない人格の自民党員が大臣となる理由がよくわかってきた。安倍ちゃんだって福田さんだって知っててそうしていたんだと。

その農水省と利権政党・自民党の詐欺的構造を暴いたブログをご紹介いたします。

アドレスをクリックすると自民党と農水省の本当の姿が見えてきます。

悪いヤツはいねが~ ハイ、いっぱいいます<武田じゅうめい>

http://takejj.jugem.jp/?eid=687

来るべき解散選挙への爆弾炸裂です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

自民党総裁選・無責任なお祭り騒ぎ。

000 一年足らずの内に二度も総理大臣の職場放棄を引き起こして、自ら政権担当能力が無いと表明し、「僕ちゃん辞めた」のドタバタ劇を演じた自民党の総裁選挙が参戦ラッシュの馬鹿騒ぎで「ヤカマシイ」。

さて、福田も、元祖「僕ちゃん辞めた」のバカボンアベだって、まあソレナリニ総理大臣に御成りになったのだから、ソレナリであったコトは認めるとして、ソレナリの背景をバックにアラユル手段を弄しても、ニッチもサッチもいかなくなって、ちゃぶ台ひっくり返して「僕ちゃん辞めた」 いや、育ちの良いお二人だから、ナイフとフォークをそっと揃えてナプキンで口元を拭きながら「僕ちゃん辞めた」とバアヤに呟いたのかも知れないけれど、だから文句なしに自民党的に優秀であったお二人とて、二進も三進も(ニッチもサッチも)いかなかった状況がある訳で、国民の不信・直近の国政選挙での大敗・衆参の捻じれがある限り党首が誰であろうと、モチロン親が都知事であろうと風見鶏でチンピラの「都市タレント型」候補が万が一、党首になったところで、数日でマタマタ「僕ちゃん辞めた」と成る事は、露鵬と白露山の大麻使用なみに明らかなコトだろう。

さて、今度こそ成れそうだとハヤトチリした、蝦蟇(がま)の油売りの様な「漫画を読む」候補者などナニヤラ雲行きが怪しくなって、四度目の挑戦もやはり挑戦でしかなかったという事にも成りそうで。

「私をスシと呼んで」とライスに媚びた「政界の権力ツマミ食い女」の元テレビタレントなどこの世に美しいと言える女は私一人と思って生きてきたみたいだけれど推薦人すら集まらずにご苦労のご様子。何より「いまさら小泉が呆れる」。

さてさて、ビックリしたなモーと言ったのはミナミシンスケだったけれど自分の目玉すら時々コントロール出来なくなってトテモ危険で怪しい表情になる軍事オタクのオボッチャマ君だって、何かと議論と分析が好きでアッチはコウでコッチはコウだと詳しいけれど結論が出ない男で、昔プラモデル屋さんの店頭にはコンナガキがよくいて他人が買うプラモデルをアアダコウだと難癖を付けるけれど自分は何時まで経っても買わないハッキリしないオタクで、テポドンが脳天に突き刺さるまで議論していそうで総理大臣の器ではないだろうと自分が一番知っているはずだ。

元行政改革担当大臣のオボッチャマ君などドウよ!成ったとたんの「僕ちゃん辞めた」になりそうで。親にヨクニテ威張り散らしているけれどズルガシコクテ風見鶏で、小泉改革の肝心な時には黙りこくってしまって結論も出せずに立ち往生したのジャマイカ?

最年長の資金集めにはとても熱心との評判のお方など健康に留意して「君、死にたまふことなかれ」くらいの言葉しかないよね。

イチタかチビタか知らないけれど、ニッポンを舐めるんじゃないよホントに。

棚橋?ナカナカミドコロの有る奴だけれどサラ金のロビイストなんて情け無いね。

中川は如何した!谷垣はどうした!

「政権放棄して祭りに興じる自民党」やはり次回選挙ではガッーンとやってやらないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

福田首相辞任「僕ちゃん辞めた・第二弾」

Fu_3 こう言うのも何だけれど団塊堂は福田さんを、それなりに評価していて「腰抜けの狡智」とも言うべき福田外交の有様は、御馬鹿大将の安倍ちゃんナンゾニ比べたら極めて現実的だし、オッチョコチョイの小泉ナンゾに比べたら大人だよねと評価してはいたのだよね。

それがドウよ、内閣改造から一ヶ月足らずで、マタマタ「僕ちゃん辞めた!」だもの!

もちろん「私は自分を客観視できる。」という福田さんは、その通りで、就任当初から「僕でいいの?」{本当に僕でいいの?}って何度もインタビューで念を押していたのだから、僕じゃ駄目だろうって、チャンと自分を客観視していた訳で、悪いのは自民党と公明党と読売新聞くらいではないだろうか。

Fu_5 さて、それなりに内閣も改造して、頑張ろうとしたのだけれど、太田農水相の馬鹿野郎のセイだと福田さんは思っているのだろうか福田さんは。アレじゃ絆創膏と何にも変わらんジャマイカ、あれから農水大臣は何人目なのだよ、我が自民党にはそんな奴しか居ないのか!と怒ってみても「ハイそうです!」とそんな奴ばかりの自民党だし、公明党に至っては、ボロボロの財政破綻を無視して選挙目当ての大バラマキ「定額減税」だもの、公明党得意の貧乏人タブラカシ常軌を逸したバラマキを呑まされるナンゾは財政再建を他人事ではないと思っていたら頭に来ちゃうだろうとは思う。

さて、自分を客観視できる福田さんだから「政権」を客観視しなければいけない。直近の国政選挙で国民は自民公明にNO!といい国会は「ねじれ」てしまったのです。つまり客観的に観てネジレテいるのは自公政権なのです。国民に激しくNO!と言われた自民公明が政権に就いている事がネジレテいるのです。

Fu_6 さて、それにしても無責任で情けない辞任である。民主党が党利党略で「話」に乗ってくれないから民主党が悪いのだという。まるで小学生の泣き言ではないか。およそ政党というもの党利党略があって政党というのだ。選挙で戦って負けたから話し合おう、話に乗ってくれないから党利党略だ!なんて、オボッチャマ君の言う事は情け無い。

さてさて、今度は麻生だという。イマドキ、夜店の香具師だってアノ様に下品なダミゴエを使ったりしないだろうに、懐かしいバナナの叩き売りの様で下品な麻生様が、漫画が好きで「若者に人気がある」と勝手に自分で言っているけれど、さて、麻生様よ!大方、我々以上の世代では「漫画程度を読んでいる奴」つまりアンタの歳で漫画を読んでいるという奴の事は「漫画程度の奴」という馬鹿と同義語というのが普通なのだよね。麻生外交など「右翼漫画」の単純で分かり易いが危険な世界が現実化されるのだろうね。ついにココまで来てしまったのだねニッポンは。

Fu_7 二度にわたる政権放棄で政権担当能力喪失が明白となった自民党が執るべき責任ある行動とは、この際、民主党に政権を譲り選挙管理内閣によって衆議院の解散・総選挙を行い民意を問う事だろう。それこそが党利党略ではなく国益を!という事なのだよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »