« 道楽。 | トップページ | 上向きか下向きか? »

2008年5月17日 (土)

玄関のドアについての考察。

Do リンボウ(林望)先生の考察によれば、「日本の玄関ドアは外に向かって開く、これはほとんどの家でも例外がない。しかるに、イギリスの家屋では玄関のドアは決まって内側に向かって開くのである。これが、どっち向きに開くかということは、じっさい客人を迎え入れる上では極めて重要な意味を持っている。」という。     「リンボウ先生イギリスへ帰る 文藝春秋刊」

確かに我が家も玄関ドアは、外に向かって開き、客人を迎えるにあたってドアを開く際には、客人はドアにぶつからないように一歩退くハメになりスコブル失礼な歓迎ではある。映画の主人公の様に、右手でドアノブを引き左手を差し出して室内へ案内するというスマートさが無い。

この事をリンボウ先生は、日本のドアの「向こうに押しやる」という動きは「心理的ベクトルとしては向こうへ放つ」という傾きがあって「迎え入れる」という形にならないと考察し、日本と西欧の文化的相違について論じておられる。

というわけで、昨夜ベットに入ってマドロミながら、考えてみた。物置やらクローゼットを除き、我が家の17箇所のドアの内、外へ開くもの6箇所、内へ引き込むもの9箇所、引き戸が2箇所である。我が家の中で内と外のドアの使い分けがあったのを始めて認識したけれど、外国では、ドアは総て内開きなのだろうか。

とりあえず問題なのは、リンボウ先生が指摘する、ワールドスタンダードから外れた、外へ開くタイプの物である。外へ開く物6箇所の内、玄関・裏口・ガレージの外に面したドアは、リンボウ先生指摘の通りである。残りの三箇所は、いずれもトイレである。

ところで、トイレのドアのことである。我が家のトイレは外に向かって開くドアである。ところがツラツラ考えてみると、駅やらホテルのトイレのドアは内に向かって引く物が多い。狭いブースの中に向かって引くというのは、至極不便である。もちろん病人などの発生によりトイレのドアは「蹴破る」必要があり、外へ開くタイプでは蹴破るには不都合であるが、近頃のトイレの鍵は非常時には簡単に外から開錠できる構造になっている。ならばトイレのドアも外に開く方が便利なハズであろう。

イヤ、ここで論ずべくは、文化的相違であり、玄関での儀礼上の洗練であろうから、玄関のドアは、リンボウ先生ご指摘の通り、玄関のドアは内に引き入れるべきだと思う今日この頃なのだ。ユメユメ玄関を、引き戸の時代の、上がり框までのリーチが無いから戸は外へ開くなどという貧しい考えで決めてはならないのです。などと「どうでもよい事」を考えてみたのです。今日も最後まで「どうでもよい事」にお付き合い戴き有難うございました。

|

« 道楽。 | トップページ | 上向きか下向きか? »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

とげなし。

数々のアンテイークコレクションの写真、こういう世界もあるのかといつも目の保養をさせてもらっております。
さて、玄関のドアの方向など考えたこともなかったのですが、考え出すと頭から離れなくなってしまいました。
土日の間、考え抜いた私の結論は下記の通りです。
①日本では門が西欧の玄関のドアに相当し、門扉は内側に開く。
②門を入るとそこは既に家の中と同じであり、玄関もトイレも同じ方向に開く。

東洋は全て同じかと思いますが、横浜中華街の関帝廟の門と本堂の扉がどうなっているのか、いずれ確認に行って来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とげなし様
IWANAも、一度お寺の山門がドウなのか見てこようとおもっています。
武家屋敷なんてのは、忠臣蔵の討ち入りの映画では、中に引き込む扉だった様な気がします。
本当に考え出すときりがなくなります。
                     団塊堂主人 IWANA

投稿: とげなし | 2008年5月19日 (月) 01時04分

マカロン

こんにちは。

いつも楽しく読ませていただいております。

わー、本当です!このドアの件、考え出したら止まらないです。わたしは、アメリカに在住なのですが、ドアは全部内側に開きます。この13年で10回引っ越しましたが(笑)左手で開ける場合、右手で開ける場合と家によって違いましたが、全部内側に引きます。

例外は、ストームドアと言って、ドアの外に付いているガラスのドアや、網戸のドアであるスクリーンドアだけです。これは機能性的に外に開けるしかないと思うのですが。

しばらくよそ様の、ドアに目が行ってしまいそうです。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マカロン様
アメリカからのお立ち寄り有難うございます。
リンボウ先生の考察の結論をお伝えします。

「思うに玄関というものは、文字通り「関」だったのである。外来の何者かを「せき止める」場所、それが玄関の一番基本的機能だったので、西欧の玄関が「エントランス」すなわち「入り口」だったのとは、実は精神的に正反対を向いていたのである。」

リンボウ先生いうところの意識の違い、どうでしょう。

            団塊堂主人 IWANA

投稿: マカロン | 2008年5月19日 (月) 11時14分

”外来の何者かを「せき止める」場所” vs 「エントランス」 納得です。古いお城や建物を見るとき、これから、もっと楽しめそうです。 m(_)m

投稿: マカロン | 2008年5月23日 (金) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関のドアについての考察。:

« 道楽。 | トップページ | 上向きか下向きか? »