« 団塊のオヤジ2人、フリーチベット名古屋のデモに参加するの記。 | トップページ | ゴールデンウィークの荘川桜ってどうよ。 »

2008年4月22日 (火)

久しぶりのオールドノリタケ考。

Onj_003_2 IWANA OLD NORITAKE  COLLECTION

金点盛りアクアジュール薔薇絵ぺディスタル カップ&ソーサー

裏印 グリーン メイプルリーフ印

1891年頃(明治24年頃)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレクションの楽しみ方としてホームページやらブログにアップするという方法はとても良い方法だと思う。およそコレクションというのは極めて個人的な楽しみだけれど、やはり観ていただくギャラリーが存在しないことには成り立たない。

ところがこの観ていただくという行為は、関心がある方ならよいけれど、関心の無い方には迷惑至極で、人によっては厭味な自慢であるとも取られてしまい反感を買うことにも成りかねない。

昔なら、ご隠居がご近所様に道具の自慢などするときは、季節の菓子など用意して茶を淹れたりしてサービスを付け加えたのだろうけれど、マアおおかた陰ではアソコのご隠居の道楽は、などと言われて誉められる事などないのが普通。当人は、さほど自慢する気などなくて、有っても子供が遊び仲間にメンコを自慢する程度の他愛無いものなのだけれど他人様にはそうは伝わらないのが人の世の常。

Onj_002 18世紀の公園がファッションの見せびらかしの場でありファッションの共鳴場であった様に、現代のデパートがファッションの購入の場でありファッションの見せびらかしの場であり共鳴場であったにも関わらず近頃のデパートは売場効率のみに捉われて、見せびらかしと共鳴の場の設定を忘れて・・・。

などと、ついつい昔の癖が出てしまうのだけれど、秋葉原がオタクのコレクションの場であり見せびらかしの場であり共鳴場であるように。だから、つまりコレクションという行為には、コレクションの場と、見せびらかしと、共鳴の場が存在しないと成り立たないものなのです。

インターネットの匿名性というのはコレクターにとっては都合が良い。

匿名性、つまり「誰かに自慢する」という「自分」を消す事が出来るのです。

“見せびらかし”にとってネットの検索機能はとても都合が良い。検索で立ち寄って戴いた方は、少なくともそれについて知りたいという意志を持って立ち寄って戴くわけだから。

ところが、ホームページはある程度固定されたコンテンツだけれど、ブログというのは日記であり、時の流れがあるわけで、限られた数のコレクションで、ブログを何年も維持するのはナカナカ難しい。

もちろん、オールドノリタケは、作品というのではなく「商品」であって、極めて資料が少なく、オールドノリタケに関する出版物とて、数種類の資料の使いまわしで、同じ内容のものがグルグルと使いまわされているのに過ぎない。薀蓄を披露したつもりでもほとんどは何処かで聞いた話しだったりするから、だからこそIWANAは自身の心情と品物を取り巻く状況を中心に語ってみたつもりだけれど、確信の持てない定説よりも、情緒論の方が自分自身は納得しているのです。

さて、このあたりで新しい“玉?・弾?”を補給しないとオールドノリタケのブログが立ち往生。日夜ネットで探しているけれど、「弾不足」つまりIWANAの現金不足と、玉不足「品物不足」でコレクションが進まない。オールドノリタケの泣き所は玉不足にもあるのだよね。

連休中には、骨董フェアで補給をと思うのだけれど、・・・さて。

今夜は、テレビの「なんでも鑑定団」に久々にオールドノリタケがアップされたから、思いついた様にIWANAもオールドノリタケを。

Onj_001

|

« 団塊のオヤジ2人、フリーチベット名古屋のデモに参加するの記。 | トップページ | ゴールデンウィークの荘川桜ってどうよ。 »

オールドノリタケコレクション」カテゴリの記事

コメント

IWANA様
ノリタケの会社が発行している自社ミュージアム・コレクションの写真本では、
日本語のタイトルは「オールド・ノリタケ」ですが、
一緒に付記されている英語のタイトルは「アーリー・ノリタケ」です。
「オールド・ノリタケ」は和製英語で、海外では使われていませんね。
「オールド」って「ユーズド・ノリタケ」「セコハン・ノリタケ」という意味とほぼ同義(中古品)なんだと思います。
平成年間に作っている商品でも、中古なら「オールド・ノリタケ」です。
本のタイトルからすると、ノリタケ本社はこのことをわかっているということでしょう。

アーリー・ノリタケは基本的には国内にはなくて正解のものなので、
海外で探して買うのがベストです。
骨董屋や骨董市で売っているノリタケも、
結局は骨董屋が海外に行って買い付けたか、
海外のネットオークションで落札した商品な訳です。
だとすれば当然そこには骨董屋という他人の審美眼で取捨選択された結果残った品物
(骨董屋に一体どれほどの審美眼があるのか、については絶望的な観測しかないですし)
が店頭に並ぶわけで、一旦人様の価値観というオメガネにかなったノリタケを、
極めて受動的に買わされる、というのが現実です。
そのフィルターの編み目からこぼれ落ちていったノリタケの中に、
自分の価値観が本当に求める作品があったなら、
これほど残念なことはありません。
しかもそのオメガネ、フィルターは、日本に持って帰る荷物の都合とか、
果ては仕入れ金額と売価の兼ね合い、自己資金の残りとの兼ね合いなどといった、
およそ美意識とは無縁の部分での取捨選択も入るわけです。
こうして仕入れられた品物は生気を失い、哀れです。
(買って帰って愛玩すれば蘇るかも)
骨董屋がどんよりと澱んだ空気をたたえているのは、
低次元な雑念の塊が商品にまとわりついているからなのでしょうね。
そこで神域の霊威で邪気を払い、太陽、樹木、風などのアミニズム的霊威でドロドロを飛ばし、明るくスカッと見せるために、
神社の青空市で売るのでしょう。

そんなこんなで私は日本の骨董屋からの間接購入は嫌いです。
直接仕入れをオススメします。
こんなサイトで毎日チェックしてはいかがでしょう。

http://search.ebay.com/noritake

安い、早い、手軽、365日、ノリタケを買えますよ。
ちょうど今、noritake cupで検索すると、
例のフラワーハンドルの柄違いのが出てます(終了までの残時間あと一日半)。
もちろん海外取引ですから、トラブルが一切ないとは言い切れません。
しかし国内でもネットの商取引にはいろんなことが起きるもの、
トライされてみてはどうでしょうか。
このサイトでは釣りのタックルも充実してますよ。
私もルアーやリールを見てます。


和田様
お立ち寄り有難うございます。
アーリーノリタケ、アメリカで出版された本のタイトルはアーリーノリタケになっていますね。中古ノリタケ・セコハンノリタケでは寂しいですよね。でもアーリーノリタケでは「オールドノリタケ」ファンに検索でお立ち寄りいただけないないので、悩ましいところです。

イーベイ、驚くほど安いですね。IWANAは最近は、外国住む日本人の骨董商から購入していますがコミニケーションも取れますし安心して注文できて満足しています。でも確かにイーベイは研究すべきですね。

そうですか和田さんは、釣もおやりなのですね。釣は良いです。

         団塊堂主人     IWANA

投稿: 和田 | 2008年4月23日 (水) 15時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりのオールドノリタケ考。:

« 団塊のオヤジ2人、フリーチベット名古屋のデモに参加するの記。 | トップページ | ゴールデンウィークの荘川桜ってどうよ。 »