« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

ハインリヒ 金彩 バラと小花のアンティークカップ

Hc_001  HEINRICH&Co

   SELB

  BAVARIA

  GERMANY

"Handmalerei
A Dassler München"

  1939年以降

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ババリアつまりバイエルン。南ドイツのバイエルン地方、SELBゼルブはバイエルン州の陶都。デザートのババロア、ビール祭りのバイエルンの、ハインリヒ社のキャビネットカップ。薔薇と小花のボーダーパネル、ネオクラシックのハイハンドル、いかにもドイツらしい様式美を感じさせるカップ&ソーサーではないだろうか、ビーダーマイヤー様式というのだろう。

Hc_003 このブログ、アンティーク・カップの権威、「アンティーク・カップ&ソーサー 講談社刊」の著者 和田泰志さんにもお立ち寄りいただいているからイイカゲンな事も書けないぞと緊張しつつ、バーバリアンIWANAがヨーロッパ アンティーク・カップの魔界に踏み込んだ第一歩の記念すべきコレクション。

ゴールデンウィークの骨董フェアにオールドノリタケを求めて出かけたのだけれど、気に入った物が見つからず、ついつい手を出してしまったのが、この、金彩のキャビネットカップ。つまり、小ぶりで、実用よりキャビネットに飾られる、コレクションの為のカップ。お蔭で金彩のスレも無く最良のコンディション。ミュンヘンのダスラーさん?のハンドマーレライつまり手描きのサイン入り。

Hc_004 お値段も、IWANAの今月のお小遣いでヤリクリ出来る範囲の物。

家に帰って早速、前述の和田さんの「ヨーロッパ アンティーク・カップ銘鑑 実業之日本社刊」を調べるけれど収録なし・・トホホ。「アンティーク・カップ&ソウサー」にはハインリヒ・ベルリンの物の収録があるけれどババリアやらミュンヘンってのは如何よ?なんて色々心配したりして調べて、ようやくアメリカのアンティークのサイトで同じ裏印を見つけて一安心。

和田さんは、「アンティーク・カップ&ソーサー」のなかで、「新しく目にするアンティーク・カップ&ソーサーに対峙するとき、論理は演繹的であることが望ましい。つまり、カップの姿に基づいて様々な考察と思考を積み重ねていき、最後に何窯の作品なのかの結論を得る方法である。しかし、真っ先に窯印を見てしまった場合、その論理は帰納的となる。すなわち結論が先にあり、それを証明するための材料(証拠)を探し出すことになるのだ。」と述べて、これこそがマサニ贋物に嵌りやすい、ドシロウトのヤリカタなのだと、述べておられるようなのだ。つまり、今回の、このブログこそ、和田さんが指摘するシロウトの帰納的論理の最たる物なのだと反省。

しかし、いきなり窯印を見るより、いきなり値札に目がイッタ、IWANAは、マダマダだなと思う今日この頃です。

IWANAのゴールデンカップ、みなさん、ゴールデンウィークは、いかがお過ごしですか?

Hc_005

和田さんにコメントを戴きました。

下の「コメント」をクリックするとお読みいただけます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年4月26日 (土)

ゴールデンウィークの荘川桜ってどうよ。

Gw_syokawa_004 いやはや、長野が騒然として、この国には神風という話もあって、今日の長野の聖火リレーでは、妨害ではないけれど、二度ほど聖火が消えたと新聞の夕刊が伝えていて、八百万の神というけれどやはりこの国には神様が居るかもしれない、あまり強い風ではないけれど、聖なる火を、人権抑圧で汚す、中国の政治オリンピックの火を神様がイタズラして消したと考えるのは少しロマンチックに過ぎるだろうか。

Gw_syokawa_005 まあ、しかし、そこそこ抗議もアピールできたし、中国の留学生だって中国の現状は痛いほど判っているけれど、そこまで言われると私たちだってナショナリズムは持っているのよって愛国心に目覚めるくらいは、IWANAも理解できていて、トニカク決定的な事件は起こらずに聖火リレーが済んだのは良い事。

トニカク今日、決定的な事件など起きたら、またまたチベット問題をスリカエて、中国共産党の反日キャンペーンに利用されるだけだから。

Gw_syokawa_003 さてと、そんなこんなな時に恐縮だけれど、IWANAは、ゴールデンウィークは徹底的に遊ぶぞと決めていて、今日は、何時もの、岐阜県高山市荘川町の庄川へ出かけたのです。

なにせガソリンが安いうちに遠出は済ませておこうという庶民の知恵なのですが。

朝七時半、岐阜の我が家を出発。さすがゴールデンウィーク、東海北陸自動車道は、すでにかなりの交通量、渋滞を心配しながら北へ向かう。

Gw_syokawa_001 途中、激しい雨に見舞われながら九時前には何時ものポイントへ。冬季通行止めと書かれた標識とロープを外して侵入。何時もの所へ車を止めるとナント既に車が一台。オイオイ如何よ、此処って俺様の秘密の場所だぜ!ってココロで叫ぶけれど、これって「公然の秘密」って奴?。

先行者は既に釣り終えて帰り支度中。鬼の様なココロを隠して笑顔で声をかける「釣れました?」、「いやーあ、小さな物ばかり」。もちろん釣れたって釣れたと言わないのが釣師、しかし、この男、前回IWANAが此処へ来た時にも来た奴だぜ!。まあしかし、車のナンバーは飛騨ナンバーだから地元だろうけど釣の装備がまだ新しくて、こんな奴の後なら釣って見せるのがベテランってものだよなんて、まったくゴールデンウィークの馬鹿野郎!なんてツブヤキシローで川に下りたのよね。

Gw_syokawa_002 先行者に掻き回された後だから、つまりもう駄目だから、あまり一所にコダワラズ流していこう、という事で始めたけれど、いきなりアマゴをゲット。どうよ、アイツあんまり上手く無いな、なんて思いつつ、お目当てのポイントに急ぐ。時折激しい雨で水量が多め。仕掛けを作り直して万全の構えで投餌。三度目の投餌でググーッとあたり、なんとかキャッチサイズの岩魚。続いてググーッと引きがありポットベーリーな岩魚。オイオイこれって入れ食いじゃないか! 先行者様は何様?よほどヘタなお方だったのだね、なんて天狗になりながら・・・。

ときおり激しい雨が降る中、小一時間で岩魚三匹アマゴ二匹の釣果。今夜のオカズはゲットした訳だし雨も激しくなったから場所移動。

荘川は桜が満開で、ならば桜の下でアマゴ釣をと本流へ移動。6.5メートルの長竿に替えて本流の大物を狙う。雨による増水でササ濁り。強い風と雨で思った釣が出来ない。更に上流下流ともにグループで入川者あり。コツンともアタリなし。あきらめて今年最後の桜見物に変更。

荘川の桜は今が見ごろ。御母衣ダム湖畔の名木「荘川桜」も今が最高。お天気がイマイチで写真もイマイチだけれど、高原にはミズバショウも咲いて、今日もまた荘川村いや失礼、荘川町は極楽のようでありました。Gw_syokawa_006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

久しぶりのオールドノリタケ考。

Onj_003_2 IWANA OLD NORITAKE  COLLECTION

金点盛りアクアジュール薔薇絵ぺディスタル カップ&ソーサー

裏印 グリーン メイプルリーフ印

1891年頃(明治24年頃)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コレクションの楽しみ方としてホームページやらブログにアップするという方法はとても良い方法だと思う。およそコレクションというのは極めて個人的な楽しみだけれど、やはり観ていただくギャラリーが存在しないことには成り立たない。

ところがこの観ていただくという行為は、関心がある方ならよいけれど、関心の無い方には迷惑至極で、人によっては厭味な自慢であるとも取られてしまい反感を買うことにも成りかねない。

昔なら、ご隠居がご近所様に道具の自慢などするときは、季節の菓子など用意して茶を淹れたりしてサービスを付け加えたのだろうけれど、マアおおかた陰ではアソコのご隠居の道楽は、などと言われて誉められる事などないのが普通。当人は、さほど自慢する気などなくて、有っても子供が遊び仲間にメンコを自慢する程度の他愛無いものなのだけれど他人様にはそうは伝わらないのが人の世の常。

Onj_002 18世紀の公園がファッションの見せびらかしの場でありファッションの共鳴場であった様に、現代のデパートがファッションの購入の場でありファッションの見せびらかしの場であり共鳴場であったにも関わらず近頃のデパートは売場効率のみに捉われて、見せびらかしと共鳴の場の設定を忘れて・・・。

などと、ついつい昔の癖が出てしまうのだけれど、秋葉原がオタクのコレクションの場であり見せびらかしの場であり共鳴場であるように。だから、つまりコレクションという行為には、コレクションの場と、見せびらかしと、共鳴の場が存在しないと成り立たないものなのです。

インターネットの匿名性というのはコレクターにとっては都合が良い。

匿名性、つまり「誰かに自慢する」という「自分」を消す事が出来るのです。

“見せびらかし”にとってネットの検索機能はとても都合が良い。検索で立ち寄って戴いた方は、少なくともそれについて知りたいという意志を持って立ち寄って戴くわけだから。

ところが、ホームページはある程度固定されたコンテンツだけれど、ブログというのは日記であり、時の流れがあるわけで、限られた数のコレクションで、ブログを何年も維持するのはナカナカ難しい。

もちろん、オールドノリタケは、作品というのではなく「商品」であって、極めて資料が少なく、オールドノリタケに関する出版物とて、数種類の資料の使いまわしで、同じ内容のものがグルグルと使いまわされているのに過ぎない。薀蓄を披露したつもりでもほとんどは何処かで聞いた話しだったりするから、だからこそIWANAは自身の心情と品物を取り巻く状況を中心に語ってみたつもりだけれど、確信の持てない定説よりも、情緒論の方が自分自身は納得しているのです。

さて、このあたりで新しい“玉?・弾?”を補給しないとオールドノリタケのブログが立ち往生。日夜ネットで探しているけれど、「弾不足」つまりIWANAの現金不足と、玉不足「品物不足」でコレクションが進まない。オールドノリタケの泣き所は玉不足にもあるのだよね。

連休中には、骨董フェアで補給をと思うのだけれど、・・・さて。

今夜は、テレビの「なんでも鑑定団」に久々にオールドノリタケがアップされたから、思いついた様にIWANAもオールドノリタケを。

Onj_001

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

団塊のオヤジ2人、フリーチベット名古屋のデモに参加するの記。

Free_tibet_008 Free Tibet

ひとりの人間として、不正や暴虐に抗議の声をあげる精神と行動は、自由で平和な世界をつくるうえで大きな貢献となるのです。

                        ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

Free_tibet_016 今日は、 「ぱぱさん」に電車の中から、これから、名古屋へ出かけてフリーチベット名古屋のデモに参加しますってメールを送ったら、なんと「ぱぱさん」は特急に飛び乗って多治見から駆けつけてくれて。

  このデモ、党派に全く関係なく、まるで政治的にはシロウトの若者がネットで盛り上がって始まったもので、新聞によれば動員目標は500人とあったから、オイオイ、名古屋で500人のデモなんて大変に難しい事で、東京や京都の様に親元を離れて自由な学生がいる街ならともかく、親の監視Free_tibet_004_2 もご近所の目もある地付きの名古屋の若者を集めるのは難しいぞと、オジサンは昔の感覚で心配して。

近頃めずらしい真剣な若者の取り組みに、もしやデモが荒れて、無垢な若者が官憲の餌食になったり、ひょっとして乱入者に傷つけられたりするような事があっては大変と昔の感覚で、よし、こんなイマドキ珍しい若者を何が何でも守ってやらねばと、イザとなったら老体を投げ出す覚悟で「チベットに自由」を求めるデモに参加したのであります。

Free_tibet_003 Free_tibet_001_2 会場の名古屋市中区の若宮広場には、時間30分前に200人程度の集まり、しかし予定の一時には500人程度、集会が始まって暫くすると1000人を越える人が集合、デモが始まる頃には更に人は増えて、オイオイこれって名古屋じゃ凄い事なんだぜ、党派の動員なしで、労働組合の組織動員なしで、1000人を越える人が参加するデモなんてイラクへの自衛隊派遣反対のデモより多いのじゃないのか?って感心しきり。

Free_tibet_014 本当の事を当たり前に言う事が出来る事は素晴らしい事です。「ぱぱさん」と久しぶりに、名古屋・栄の空にコブシを突き上げて、「Free Tibet」「チベットに自由を」とシュプレヒコールしながら、デモに行くなと言って泣いて止めた母親の「あの日」を思いながら、Free_tibet_002 「ぱぱさん」のお宅も我が家も、女房が「行っておいで」と送り出したという事も可笑しいけれど。麦わら帽子の「ぱぱさん」とハンチングのIWANAがデモする姿を空の上の母親はドウ見ているだろうかと思いつつ。ついこないだまでの職場のビルを見上げつつ、ついつい振り上げるコブシに力が入るIWANAでした。

ネットで集まった近頃の若者の試みは大成功でした。1000人を越える普通の人の大きな怒りが名古屋・栄に響き渡りました。沿道の見守る市民の皆さんからも多くの拍手を戴きました。若者の力、あなどるなかれ!

チベットに自由を!

Free_tibet_012

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで新聞発表された動員数だけれど。

「ぱぱさん」が、警察と主催者のやりとりを聞いてて・・・。

警察 動員数はどうします?

主催者 動員数は500人です。

警察  これは、500人って事は無いよ、1500人は居るんじゃないの?

・・・・・・?  動員数を少なく発表してしまう主催者にビックリだけど、あくまでシロウトの皆さんだから(笑)。

昔は主催者が実際の倍の数を発表して、警察が実際の半分の数字を発表するなんてのが常識だったけれど・・・。 マア間違いなく1000人は越していただろうね。主催者の皆さんご苦労さん。動員数って結構大事なんだよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

後期高齢者医療制度

小泉改革には評価すべきものもあったけれど、小泉が返す刀で切り落とした、高齢者の医療保険、老人と貧乏人の味方のはずの公明党の露払いで実施された、切捨てという改革の本当の姿が見えてきて、老人の怒りは頂点に達しているのだよ。

年金支給日の昨日は、銀行にも老人が多数詰め掛けてIWANAも迷惑を被ったのだけれど、後期というからには、前期もあるだろうと調べてみたら馬鹿野郎なのよね。65歳から74歳の人は「前期高齢者医療制度」の対象となって70歳からの医療費の自己負担が現在の一割から二割になる、つまり倍増するって事なんだね。オイオイ倍増ってドウよ!このまま行ったら老人は自民党と公明党にヤラレッパナシって事じゃないのか?実は本当の被害者は後期より前期なんだな!これも団塊狙いの暴挙なんだぜ!

つまり、この新しい高齢者医療制度というやつは、健康保険の中に、息子やら娘の扶養家族で守られていた老人を外へ追い出して、これからはお前ら老人だけで死んでいけという法律改正なんだね。おまけに今まで息子やら娘が払っていてくれた保険料を老人の年金から差し引くという小泉的合理主義のドライでオセッカイな遣り方なんだね。いよいよ小泉チルドレン好みのアメリカ型社会になるのだね。

Taiturisou どさくさに紛れて、いままでの保険料のうち保険料の千分の36の事業主負担分だけは扶養者が減る事で上手に軽減されているのではないのか?いかにもタコにも経団連のポチ・自民党だね。

さすがに今回は老人達は本当に怒っているのだよ。ただでさえ食料品の値上げラッシュの最中だもの、それでもまだ道路を作ろうという自民党の馬鹿野郎と、自民党の露払い公明党には、なんとしても次の選挙ではガツーンと一発くらわしてやらないと。

老人をナメンナヨ!!

団塊をナメンナヨ!!って。

今夜あたりを革命前夜って言うんじゃないのか?なにせ老人は失うものも少なくて、恐れ知らずで、命だって残り僅かで大して惜しくもないから。

今夜の写真は、「たい釣草」 そのココロは、ぶら下がって悪いか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

YAZAWA気付きました。

Haguri_001 Haguri_003 ハイビジョンなのにハイビジョンで観てなかったってこと?ってシツコクYAZAWAが言うから、さすがの家内も、これってハイビジョンなのにハイビジョンで観てないって事?ってワザとらしくIWANAに訊くから。HD-DVDの方が安かったんだよ!って言うしかないIWANAだけれどもったいない。

Haguri_0051 YAZAWAが気付いたのが遅いから、YAZAWA信者のIWANAは、去年の夏の地デジ導入時にHD-DVDレコーダーを購入してしまったけれど、これも石油高騰による原発特需でウハウハの東芝が“いまどきDVDなんかやってられるか!”ってDVDを放棄してしまったからなんだと、我が家のDVD問題から資源問題・環境問題までワールドワイドに思索を巡らすIWANAの今日この頃だけれど皆さんの聖火は燃えていますか?

“政治的にオリンピックを利用しようとした”中国が“政治的にオリンピックを利用されて”世界中で「聖火リレー」が消火器やら水入りの風船で歓迎を受けていて、何のための聖火リレーなのかさっぱり分からない恥さらしな事になってしまっていて、例えばイタリアのレブリカ紙のアンケートでは96.1%の人が“北京オリンピックをボイコットすべし”という回答だったという。チベット・ウイグル・内モンゴルと中国の民族抑圧の実態が報道されるに至って中国は今や世界の鬼っ子となってしまった。

Haguri_002 平和の祭典のオリンピックの聖火リレーが、青と白の帽子を被った“聖火防衛隊”という派遣軍を派遣してしか出来ない異常事態だけれど、葬式仏教国の我が国では、善男善女でにぎわう“善光寺”で「仏教徒を武力で抑圧する中国」の政治的な“政火リレー”が行われるという。「チベットの仏教徒を見殺しにする善光寺」とまで言うまい。しかし・・・・YAZAWA的にいえば仏教徒が仏教徒でなかったって事?って事だろうね。

「みすず刈る信濃の国」が「水かかる信濃の国の聖火」なんて事にならないとも限らない。なにせ善光寺参りの老人は、失う物も少なくて、命だって残りわずかだから、お釈迦様の喜ぶ事なら何だってするかも知れない。

追伸

長野市で26日に行われる北京五輪聖火リレーで、チベットの人権改善を訴える予定の市民団体「チベット問題を考える長野の会」が13日夕、聖火リレー出発予定地の善光寺で、ろうそくを使いチベット騒乱の死者を追悼するイベントを開いた。小雨が降る中集まった約60人が善光寺境内近くで、177人分(会推計)のろうそくを仏教で「円満な世界」を表す円形状に並べ、善光寺などの僧侶約10人が念仏を唱えた。   (共同通信)

                本文は葉栗剛氏の作品の芸術性とも思想性ともなんら関係はありません。

葉栗剛展 <風景より・・・>

4/2~5/6 10:00~20:00(最終日は17:00にて閉場)

岐阜シティ・タワー43 1階特設展示場 入場無料

Haguri_004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

美濃小貝母・ミノコバイモ

Minikobaimo_002

ユリ科 バイモ属の多年生山野草。大陸原産の薬用植物。

日本には、甲斐コバイモ・越のコバイモ・出雲コバイモ・細花コバイモ・阿波コバイモ・土佐コバイモ、そして、この美濃コバイモの七種類のコバイモが確認されているという。

コバイモもまた、多くの山野草と同じく、絶滅危惧種に指定されていたりする。

カタクリの花のように、地上にあるのは、一年のうち二月中旬から五月下旬のほんの三ヶ月あまり。開花後は二ヶ月あまりで枯れこむ、枯れるというより融けるようだという。

地下の鱗茎といい、開花時期といい、融けて地上から姿を消す有様といいカタクリのようではないか?クロユリはコバイモの仲間だという。

早春の桜の季節、林の明るい林床に群生するという。

釣行の楽しみの一つに、「道の駅」やら農家の軒先で売られている山野草を買い求める事がある。絶滅危惧種なのに・・・と思われるだろうけれど、群生地から採ったというわけではなく農家の隠居などが豊富な栽培の知識で育てたものだからご安心を。もちろん盗んでくるような輩がいないわけではないけれど。このコバイモには生産者の名前も電話番号も書かれた札が付けられていた。

ちなみに、この「美濃コバイモ」、一鉢300円であったけれど、ネット上では、色々な理屈を並べて、種 三粒で8,500円などというサイトもある。そんな事が出来てしまうのがネットであり、そのインチキを暴いてしまうのもネット。

Minikobaimo_001 Minikobaimo_003 Minikobaimo_004

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

荘川は、どや?

Syoukawa_005  途切れることなく季節は巡り、

巡り来る楽しみは魂を新たにする。

穏やかな春が命に暖かさを与え、

その年の緑のマントを広げ、いま、

溢れる水が大地を隠す。

・・・・・・・

さあ、釣り人に告げよ、仕事の準備をせよ。

       「田舎のスポーツ」  ゲイ

どや? つまり、どうや?という釣り人の挨拶。

荘川、つまり岐阜県高山市の荘川町の庄川の釣況はドウヤ?というお尋ねには、「マア、コレカラヤ」という答えしかないのよね。しかし、これがはたして標準語なのか岐阜弁なのかは、岐阜人、岐阜弁で言うと「ぎふのじん」のIWANAは良くわからないけれど、今日の釣果は、岩魚一匹、アマゴ二匹。この時期としては、マアマアの型だったけれど天気も水況も申し分無しなのに、アタリの少なさに少しガッカリ。Syoukawa_004 この、IWANAの貯金箱と称する秘密のポイントも、未だ車ではアクセス出来ずに、少し雪道を歩かなければならないけれど、すでに足跡ダラケで、今日も今日とて、先行者も有ってと言い訳がましいが、近頃は渓流釣のメッカは、本場「郡上」辺りより、荘川あたりまで移ってきたようで、土日は何処へ行っても釣り人ばかり。おまけに、このポイントもネットで公開したからか、既に知れ渡ってしまったのでは? それにしても写真にしてみると本当に素晴らしくロマンチックな場所に写るのだね。

Syoukawa_003 しかし、我が愛しのライカを片手で操り、釣竿を腋に挟んで、片手に岩魚を掴んで写真を撮る大変な技術ジャマイカ? おかげでトカゲの皮でシールしたオシャレでスペシャルな「我が愛しのライカ」が、少しばかり、餌のイクラの臭いがするのはご愛嬌。

Syoukawa_007 こんな岩魚が釣れる、源流部まで岐阜県は高規格の道路がビッシリと張り巡らされ、夏場ならば、舗装された道路から竿を出して岩魚が釣れるくらいなのだけれど、道路が無かったらモット釣れるのにと思う今日このごろです。土建屋に担がれた自民・公明の連立政権のデタラメな無駄遣いには、本当に怒れて来ます。道路など作らずにガソリンを値下げした方が魚は釣れるのだなどと、問題を少し矮小化しすぎただろうか?

Syoukawa_008 桜前線は既に郡上の手前までせまり、今日も何千本の桜を見ただろうか。国道156号線は今まさに桜街道です。

最後の写真は、ひるがの高原から観る「別山」。IWANAが最も美しいと思う山です。

Syoukawa_001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »