« 桜情報 薄墨桜満開 | トップページ | 値上げの春。満開の桜。 »

2008年3月28日 (金)

白猫黒猫論

China_02 1962年6月15日、人民公社の行き詰まりを議論するなかで鄧小平「白い猫でも黒い猫でも鼠を捕るのは良い猫」だと発言します。現実主義者の鄧小平を表わす最も彼らしい発言ですが、当然のこととして、この発言は、その後、文化大革命の時期に毛沢東によって「主義と方針を持たない実用主義的観点」として厳しく批判され、鄧小平二度目の失脚を引き起こします。毛沢東の死去、四人組の逮捕。更に復活、三度目の失脚を経て鄧小平は実質的な最高権力者に登りつめます。

先富論として知られる鄧小平の「富める条件の地域から先に富むべし」との改革開放政策から30年。「社会主義市場経済」という非論理的なご都合主義は、表面的な成長と裏腹にすさまじい腐敗と矛盾をもたらし中国国内を一触即発の不穏な空気に包んでいる。

China_00 江沢民をはじめ、ここ二十年、中国共産党首脳は、自己矛盾の隠蔽と共産党独裁の正当化のため、抗日戦争の学習・中国共産党の美化・反日教育によって民衆の不満をそらしていきます。

「憤青」 憤怒する青年。例えば、単細胞小泉「靖国詣で」によって反日デモの中心となったのは、この中国の「怒れる若者」であった訳で、80年代の開放政策により流入した物質文明の荒波による価値観の崩壊のなかで方向を見失った若者に、小泉の「靖国詣で」は格好の餌を与え、繰り返しの配慮を欠いた単細胞・小泉発言は、怒れる青年に火と油を注ぎ、結果的に中国共産党首脳を助け、中国の矛盾隠しと、不満のスリカエ・方向転換を助けます。そして○華大学の親米一派と、IBMを買収したコンピュータ企業の○○による仕組まれた日本商品ボイコットへと,まんまと嵌って行く訳で・・・。とにかく中国のナショナリズムの沸騰はすでにコントロール不可能なレベルにあり、識者が北京オリンピックの前後には中国はナショナリズムの暴走により台湾侵攻を行うなんて書いていてマサカそこまではと思っていたら、最近、南京の人民解放軍のなかでクーデターが起こった、もちろん台湾侵攻を唱える憤青の暴走だったようだ・・・・というニュースもあり・・・。なんて事を書いていると、オイオイ何時ものIWANAらしさが無いのでは?って思うけれど、もう少しだけ、小難しい事を書かせていただく。

China_02_2 「憤青」つまり、日本に憤怒をぶつける事によって自我を確認し連帯感を求めようとする中国青年。

あの小泉氏が刺激しまくったアノ時期は、中国青年にインタビューすると、ほとんどの青年から、いつかは日本と戦争をしなければならないという答えが返って来たと言う。嫉妬・コンプレックス・無知、かれらを笑う言葉を見つけるのは簡単だけれど、しかしまあ、我々団塊の世代が若い頃だって、「憤青」そのものであった訳で。日米安保反対で、反米で、しかしIVYGパンでしかし反米を叫んでいたわけで。しかし、決定的な違いは我々の国には報道の自由と言論の自由があったけれど中国にはそれが無いという事。彼らの自我とは操作された情報の元で導き出された盲目の自我なのだという事。

China_00_3 鄧小平は、経済は開放しつつ言論は厳しく統制し天安門事件にみられるように民主化に対しては武力弾圧という暴挙にでる。

中国には、共産主義と資本主義の悪いところのみが並存している。共産主義を放棄した時点で中国共産党こそ解体し改革開放すべきだったのだ。

鄧小平よ中国よ、白い猫は白い猫であり、黒い猫は黒い猫であり、泥棒猫は泥棒猫なのだよ。鄧小平 死して10年。鄧小平の負の遺産が今中国を覆っている。

チベット弾圧と、ダライラマへの謂われ無き攻撃は。かって日本が満州で、そして朝鮮でした事と何ら変わりが無い暴挙なのだよ。21世紀の世界で稚拙な中国の捏造広報が通用するなどと思わないほうが良い。中国共産党はチベットから手を引け。全ての仏教者は中国非難声明を!

China_02 などと今夜も、IWANAこそ、憤怒をぶつけることによってしか自我を確認で゛きない“憤老”ではないかなどと反省しつつ、ウダウダと私憤を述べて見たのだけれど、ナンダカ「ネット右翼」ミタイナ論調で、もう少し洒落を利かせなければイケナイナと思いつつ、我が家の仏壇に手を合わせたらIWANAの心はダライラマに通じる事が出来るのか?なんてことは信じない性質なので、せめて皆様にはダライラマのホームページにアクセスして戴いてチベットの自立と平和について考えて戴きたいと思う今日このごろです。

ダライラマ法王日本代表部

http://www.tibethouse.jp/home.html

|

« 桜情報 薄墨桜満開 | トップページ | 値上げの春。満開の桜。 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

毛沢東は理念や正義を振りかざして青年達の未来を狂わし、
鄧小平は札束をひらひらさせて下品な国を作りました。
毛沢東語録も人民元も白ヤギさんと黒ヤギさんにぜ~んぶ
食べてもらい、一から出直して欲しいものです。
ついでにドルもユーロも・・・
円は困りますね、定年後は貯金が頼りなので。

投稿: とげなし | 2008年3月29日 (土) 12時30分

とげなし様
インターネットエクスプローラーの不調でIWANAは、コメントが返せず今日一日パソコンとニラメッコでした。
さてはチャイナのサイバー攻撃か?と色々試しましたがウィルススキャンも問題なく、どうやらエクスプローラーの不調のようです。削除してインストールの必要があるようですが面倒で・・・。と・・・思っていたら、今、直りましたのでとりあえず。でも、またそのうち壊れそうです。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2008年3月30日 (日) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白猫黒猫論:

« 桜情報 薄墨桜満開 | トップページ | 値上げの春。満開の桜。 »