« さてと。 | トップページ | 春。 »

2008年2月27日 (水)

何度でも、オールドノリタケ考。

On_j_001 古美術に親しむようになったきっかけは思い出せない。そんなにはっきりしたきっかけはなかったであろう。ただここで私の得たものは陶酔ではなく鎮静であり、興奮ではなく反省であった。

私の中には、陶酔や興奮を何よりも求めた時期にも、静かに落ち着きたい気持ちはあった。むしろ静かに落ち着きたい要求がたえずありながら、、その要求が充たされないままに、私は陶酔や興奮を求めていたのである。          谷川徹三

On_j_003 たとえばこのオールドノリタケのトリオのカップ&ソーサー。古美術などと思っている訳ではないけれど、ジュール(フランス語でビジュー 宝石を模した装飾)について語ろうか、金盛りについて語ろうか、いやアイボリーウェア(象牙色の肌)について語ろうか?

冒頭の引用が高尚過ぎて、この祭りの様な賑やかさのカップを語るには恥ずかしい気もするが、陶酔や興奮を至福へと繋げたら成金趣味だろうか。太閤秀吉を君は笑う人だろうか?

On_j_004 金盛りだって、アシッドゴールドだって、ジュールだって勿論ノリタケ独自の技法という訳では無い、アイボリーウェアときたらマサニ豪華さを出すには白よりも柔らかな象牙色なのだというマーチャンダイジング優先の思考だろう。だがしかし、それを君は笑えるのか?

誰もが素直にこれは豪華であると思えるテクニックを、素直に揃えて当たり前のように並べて見たらそれを下品だと君は笑うのか?

もちろん私だって少し恥ずかしいから他のオールドノリタケは何度も既にアップしたけれどコレはようやく二回めで、アップでお見せするのは初めてなのです。

アイボリーウェア。ホワイトハウス御用達のレノックスといえばアイボリーウェアの代表的なメーカーで極めてオーセンテックなスタイルで好感の持てる物だけれど、世界の警察官と勘違いしたナラズモノのガンマンのアメリカ大統領のイメージとは程遠いけれど。

兎に角アイボリーウェアのレノックスはアイビーティストのテーブルウェアでトラッディショナルボストニアンのIWANAとしては憧れのグッドティストの物で、近頃は見かけないけれど20年程前にはデパートで売られていた。これを甥の結婚祝いにしたけれど当時のIWANAとしてはかなりな出費だった覚えがある。

Ondecofh_006 このオールドノリタケのアイボリーウェアの微妙な色合いをバカチョンカメラで伝えられるかどうかわからないけれど、先日アップしたフラワーハンドルのC&Sのソーサーの中心部・井戸の色と花弁のエンボスの白色を比較していただくとアイボリーの色が判って戴けるだろう。

On_j_006 以前これをアップした際、裏印を明治41年頃としたが、良く見てみると、この裏印はマルキ印(日本)明治43年頃(1910)の物でした。

On_j_007_2  IWANA OLD NORITAKE  COLLECTION

金盛りジュール アイボリーウェア

カップ&ソーサートリオ

裏印 マルキ印 グリーン 明治43年頃(1910)英国輸出向け

|

« さてと。 | トップページ | 春。 »

オールドノリタケコレクション」カテゴリの記事

コメント

おお、ゴージャスぅ~
正直絵付けをする以前は、何だかキンキラリ~ンで成金趣味で、コーヒー飲んでも歯が浮くんじゃないかと、、、

今は全体のバランスや細やかな盛りの仕上げ、ジュールの的確な焼成温度と、私にとっては課題の見本市や~

日常使いにはちょっと面映ゆい感じがしますが、鑑賞用としては此れだけの金彩でも煩く感じませんね。
じっくり時間をかけて、丁寧に仕上げる生み出し作業に頭が下がります。
またまた目の保養になりましたm(__)m

和田先生のサイト、有難うございました。
日々の絵付けのデザイン考に役立ちます。

投稿: boss | 2008年2月28日 (木) 07時53分

boss様
ドアップの写真の面白さに目覚めて、オールドノリタケをドアップで撮ってみるとナカナカ迫力がありますよね。実物以上に良く見えています。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2008年2月28日 (木) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何度でも、オールドノリタケ考。:

« さてと。 | トップページ | 春。 »