« 北帰行 | トップページ | 坂出市・祖母姉妹不明事件 »

2007年11月24日 (土)

ブロンプトン DE ポタリング

Gifukouen_006 三連休というのはとても有難い。昨日も今日も明日も休みなのである。なにも威張る事はないのだけれど、三連休があるとようやく人間は働く為に働くのではなく、遊ぶために働くのだという、本来の働くという意味に近づく事が出来る。なにより一週間に四日働けば三日休めるというのが良い。

出来れば三日働けば四日休める社会になって欲しい、もう一度いうけれど、人生とは働く為に働くのではなく、遊ぶ為に働くのだから。

Gifukouen_007 IWANAはこの時期のポタリング(自転車でブラブラする事)がとても好きだ。少し寒いくらいでバウアーのオイルコーティングのコートなんか着て、ポケットがいっぱいあるからデジカメも携帯もウイスキー入りのスキツトルなんかもポケットに入れて、ハンティングなんかを被れば個人情報は完全に保護しながら街中をブラブラしながら変なオジサンする事だって出来る。

Gifukouen_008 ポタリングの本来の意味は、目的を定めず自転車でブラブラする事だけれど、痴呆老人にでもならない限り「目的を定めずブラブラ」するなんて事は禅の修業でもあるまいしありえない。変更可能な緩やかな目的をもって急がず気ままに行ってみる輪行?申し遅れました表題のブロンプトンとはIWANA愛用のイギリス製の自転車であります。

Gifukouen_005_2 というわけで、昨日も今日も明日も休みだから、デジカメ持って紅葉の岐阜公園にでもと思ってポタリングしてみたIWANAの今日この頃なのです。なお、岐阜公園とは、いつぞやもブログに書いたけれど織田信長の居城があった金華山の麓にひろがる由緒正しい公園なのであります。

Gifukouen_004_2 岐阜駅近くの我が家から岐阜公園へは自転車で30分程度の距離。今日は、JR主催の「さわやかウォーキング」が行われておりハイキング姿の枯葉のようなジジババどもが黙々と北へ向かう行列に遭遇。皆さん本当に真面目なんだからオカシイくらい真面目にコツコツと歩いていらっしゃる。中には思いつめたように急いで歩くお年寄りなんかも居てソンナニイソイデドコヘイクと行き先を聞いてみたいくらいのものだけれど、そんなに急いでもあの世が近くなるだけ、相変わらず力を抜く事を知らない年寄りに辟易としながらも、オイオイIWANAより若い人だって結構いたりして今から「さわやかウォーキング」って枯れ過ぎじゃないか?なんてブツブツ言いつつ、そういえば「きっこぱぱ」も「さわやかウォーキング」を始めたって言ってたのを思い出して、さわやかだなって思って。

Gifukouen_002 岐阜公園は紅葉まっさかり、おまけに枯葉を集めて「さわやかウォーキング」だもんだから秋真っ盛り、いや晩秋、いや冬の入り口。秋恒例の菊人形大会なんかも行われて、丹精込めた菊の展示もズラッとならんで、菊なんてまさに田舎のジジイ其の物ではないか、菊をヤルほど枯れてはいないよオイラは、何故、秋の薔薇ではナイノダ?って思うけれど、なにせ天下布武をとなえ楽市楽座を行った信長の御屋敷のあった賢きあたり、やっぱり菊か?なんて自問自答しつつ秋の日は過ぎていくのでありました。Gifukouen_003_2

|

« 北帰行 | トップページ | 坂出市・祖母姉妹不明事件 »

ブロンプトン」カテゴリの記事

野に咲く花のように」カテゴリの記事

コメント

おぉ素敵なお車です事~♪
目的なしで歩く、走るは良いですねぇ。年を重ね自分の事以外の雑用が増えていく過程で忘れておりましたわ・苦笑。
子供の頃、初めて歩く、走る道は何だかドキドキと怖さと期待が同居していましたね。

菊作り=ご隠居 
やっぱり直ぐにこんな構図が浮かぶのは団塊世代の企画人間でしょうか?
最近菊作りをしていらっしゃる方を余り見かけなくなったような、、、、

遊ぶ為に働く!本当にそう思いますよね。
リフレッシュ出来れば出来る程、さあ、又頑張るぞーーー!ってね。

投稿: boss | 2007年11月25日 (日) 09時52分

boss様
田舎の農家の軒先の菊の鉢、都会の下町の長屋の軒先の菊の鉢。消えてしまった昭和の光景です。でも、愛すべき田舎の岐阜には未だ残っておりました。まさに続三丁目の夕焼けです。
三連休も終わりました。さあ明日からまたソコソコ頑張って忘年会シーズンに備えます。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2007年11月25日 (日) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブロンプトン DE ポタリング:

« 北帰行 | トップページ | 坂出市・祖母姉妹不明事件 »