« 地デジ導入顛末記 2 | トップページ | 岐阜・信長まつり »

2007年10月 5日 (金)

地デジ導入顛末記 3

Aquos_009_2 凄くキレイです。あまりにも普通の言葉だけれど、凄くキレイです。

昨日ようやくアンテナ工事が終わりました。我が家に地デジの時代が到来しました。

勿論、皆さんだって電気屋さんで見て知ってるでしょうが、我が家に入れてみて従来のテレビとは別物って感じです。テレビが始めて我が家に来た時以来の感動です。従来のアナログ波・地デジ・BS・CSとやたらチャンネルが増えて何がなんやら覚えられないけれど、時刻表も裏番組の一覧も表示されて、明らかに今までのテレビの世界とは別物。

今日も会社で、地デジを検討中の同僚に、迷わず明日、電器屋に走るべしと勧めました。

前にも書いたけれど、我が家のあたりはビルの電波障害でかなり広い範囲で共同アンテナから電波の供給を受けています。つまり既に十数年、ほどんど家の屋根の上からアンテナが無くなっていたのです。おかげで街の景観は随分スッキリしていたのだけれど今回の地デジ導入にあたって改めてご近所の屋根をチェックしてみると既に三割以上のお宅で地デジのアンテナが上がっている。

地デジは、じつは種類としてはUHFの電波。地デジはビル影などの電波障害が起きにくいというのが導入の一つの理由。だから、従来、ビル影などの電波障害で補償されてきた共同アンテナからは地デジの電波を供給する義務は無いという理屈になる。

だから、既に捨ててしまったUHFのアンテナをもう一度立て直すはめになる。街の景色がまた三丁目の夕焼けに逆もどりする事になる。

今回、我が家は地デジのアンテナにBS・CSのアンテナも新調し、共同アンテナからのアナログ波とBSと地デジを混合するアンプとブースターを増設、三階建だけれどハシゴで昇って作業して、合計95,550円。これって結構大きな負担。

アンテナなど止めてケーブルテレビというのが一般的だけれど初期費用5-6万円・月々3,000円程度というコストは高すぎる。地デジで電波障害が無くなり素晴らしい映像が得られ、さらにBS・CSとやたらチャンネルも増えた事からケーブルテレビの必要性は無くなったと言って良い。やはりアンテナの復活がお勧め。

明日からの三連休でハイビジョンレコーダーの研究です。

Aquos_007 そんなの、かんけーねえ? 自慢ばかりで失礼しました。

「きっこぱぱ」さんからのメールが届きました。ご紹介します。

Img_1685_2 IWANAさまへ
ぱぱさんのシステムです。
DVDレコーダは昨年クリスマスイブにヤマダ電機でゲットした。DIGAのXW30。HDは
400ギガ、DRモードで二番組録画OK。89800円でポイント20%。これで
きっこかかのデジカメもついでにおみやげ。
年始を4対3の画面で痩身のハイビジョン放送を観ながら液晶テレビ購入の機をうかがう。
そして二月、ビックカメラで展示品の処分価格、もう一度落ちたときにゲット。日立WoooのW32L-H9000が128000円だったのが、おっと突然84000円。
二画面表示、倍速120なんとか、スイーベル機能付き。一年前20万円台で、店員もこれはお買い得と言う。展示で一年輝度をハイにしていた、家庭使いで三年分液晶がへたっている。ま、とりあえず2011年には、政府と家電メーカーは廉価版を出さざるを得ないから、それまでもてば、よいでしょう。
これがまた、優れもの。なまくらきっこぱぱは、ベットで寝ながらみており、北枕にしてもスイーベルで、ゴクラクごくらく。

|

« 地デジ導入顛末記 2 | トップページ | 岐阜・信長まつり »

団塊堂セレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ導入顛末記 3:

» おしりかじり虫 [おしりかじり虫]
おしりかじり虫 [続きを読む]

受信: 2007年10月 7日 (日) 13時20分

« 地デジ導入顛末記 2 | トップページ | 岐阜・信長まつり »