« WBCフライ級タイトルマッチ 亀田大毅敗北 | トップページ | コルモラーニ2007inぎふ »

2007年10月13日 (土)

岐阜シティ・タワー43オープン

Gifu_005 東京へ行っている娘が、岐阜出身だと自己紹介すると皆がプッと笑う。岐阜だと言うと飛騨高山ですかと聞かれるという。それってどうよ?岐阜市はれっきとした県庁所在地で飛騨高山は岐阜の山奥で、岐阜は信長以来の歴史的な街で名古屋からはJRで18分の中核都市なんだよ。岐阜を飛騨高山ですかなんて馬鹿は小学校の勉強をして無いんじゃないかってオトーサンは高い血圧を更に上げて怒ってしまうのだけれど。

岐阜といえば近頃は、さびれた岐阜駅前の繊維問屋町が度々テレビで取り上げられて、さびれた地方都市の代表のように言われるけれど、まったくその通りで、岐阜駅前に圧倒的な集積を誇った繊維問屋街はシャッターが下りた店ばかりでゴーストタウンの様相を呈している。しかし、これは、全国各地の商店街が大手スーパーにやられて「街の洋品店」が消えた事に起因する、全国各地の「街の洋品店」への商品供給源であった岐阜の繊維問屋町は全国の商店街の衰退の集合体でもある。

それでも、ここからは全国の一流デパートに必ずあるフォーマルウェアのトップブランドも生まれ、機転の効く業者は中国からの繊維輸入を手がける商社に変身し、全国のショッピングセンターの商品のかなりの部分を占るようになった者もいる。そして今なお350社もの繊維業者が集まっているのです。

Gifu_003 先日のブログで岐阜を「下克上の匂いのする街」と書いたけれど、田舎なれども岐阜はファッションの街であり信長いらいの野心が潜む街なのです。

今日も前書きが長くなってしまったけれど、人口42万人・世帯数約16万の岐阜市に地上163メートル・43階建ての超高層ビル・岐阜シティ43が今日オープンしました。

県都岐阜市の駅前復活を賭けた超高層ビル、正確には実は超高層マンション。一階から四階は専門店街と地元放送局、それより上は、分譲住宅243戸・高齢者向け賃貸住宅108戸。

Gifu_007 この分譲マンションが発売当日・即日完売という事で大変な話題になったけれど、この多くはトヨタ関係の購入だという、東京からトヨタの国際事業部が名古屋の超高層ビル・ミッドランドスクエアに移ったことによるトヨタ関係者の需要だという。世界企業トヨタの好調が岐阜にも好影響を与えた。この成功の、柳の下のドジョウを狙って駅前には更に幾つかの超高層マンションの計画が具体的になりつつある。駅前に超高層マンションが林立する都市というのが新しい岐阜市の姿になる日は遠くないようです。

総事業費150億の内50億が補助金という。無理を承知の計画を批判するのは簡単だけれど、なんとかこれを機会に岐阜の再生をと願う、何時に無く体制的なIWANAの今夜です。

43階の展望室からの金華山と岐阜市の景観と、我が家のIWANAのベットから見る超高層ビルの夜景もご紹介しながら<東京で暮らす娘の事を思う秋の夜長です。皆さんお元気ですか。

|

« WBCフライ級タイトルマッチ 亀田大毅敗北 | トップページ | コルモラーニ2007inぎふ »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜シティ・タワー43オープン:

« WBCフライ級タイトルマッチ 亀田大毅敗北 | トップページ | コルモラーニ2007inぎふ »