« 井上公三・春 | トップページ | 地デジ導入顛末記 2 »

2007年9月30日 (日)

地デジ導入顛末記1

「きっこぱぱ」さんが先日飲んだ時に、テレビを地デジに替えたというから、そろそろ我が家もと考えていて。先日新しくオープンしたショッピングセンターへ遊びに行った際、家電の量販店を通ったら液晶の大型テレビが沢山並んでいて、値段をみたら十万円台。これなら現実的なライン、アレはどうよコレはどうよなんて見ていたら家内の方が乗り気になってDVDも是非という事になって。

実はIWANAは元祖・電波少年で、小学生で「トランジスタラジオ」を作り「模型とラジオ」という雑誌が小学生時代の愛読書で、高校生で、「五球スーパー」のステレオを全て手作りしたオタク。もちろん当時の高校生は、これくらいの事は男のタシナミで、ただ電器屋さんで買ってくるなんて事は余程のオボッチャマ君だけで、普通はパーツ屋さんで皿に抵抗やらコンデンサーを取って勘定をしてもらいアルミの弁当箱みたいなシャーシを買って穴をあけて、スピーカーボックスなんかも当然手作りで分厚いラワン材を材木屋さんで買って来てノコギリで切ってグラスウールを詰めてなんて、今思えば気が遠くなるような事をしていた者なのだけれど、自作のステレオで聞く、黛じゅんの「天使の誘惑」やら森山良子の「この広い野原いっぱい」は素晴らしくて、木造のボロ家だから、メモリ三つくらいの音量でも向こう三軒両隣に響き渡るくらいなのだけれど、良い音だから不思議と頑固親爺の父親も文句を言わなかった。

という訳で、電気物にはオタクのIWANAだけれど、我が家にはこのところDVDすら無かったのです。映画が好きな家内はDVDがないのが不満だったのですが、ベータに始まりVHSになり、カラオケ用に買ったレーザーディスクは発売中止になり、マルチアンプもアナログで使えなくなりで、余りの変化に、それを追いかけるのが馬鹿馬鹿しくなって、ここ十年は何も買わずにいたのです。

それにBSが見られるようになって、良い映画がショッチュウ見られるから。実はIWANAは、テレビは「今」を見るもの、ドラマは「一期一会」で覚悟して見るものだと思っていて、ビデオで何時でも見られるという事になって映画がつまらなくなったとも思っているのです。

Aquos_001_2 前置きが今日も、とても長くなってしまったけれど、「きっこぱぱ」さんが地デジを導入という事で我が家も重いお尻を上げたのだけれど、上げたら走り出すのがIWANAなので、家内がアレヨアレヨという間に我が家の食堂兼居間に地デジの液晶テレビが鎮座ましましておわします。

電気製品のカタログがオープン価格になって全く価格がカタログに表示されなくなって、カタログを何冊貰って来ても参考にはならず、結局は量販店を廻って調べるしかないのだけれど、それも面倒で、まあ大手なら数千円の違い程度だろうと思って近くのEIDENへ出かけたのです。

メーカーはシャープと決めていて、シャープなんてメーカーは昔の感覚で言えば二流なのだけれど液晶テレビなら絶対にシャープだとIWANAは思い込んでいて、トニカクここ数年パソコンの流れを見ているとシャープの液晶が圧倒的に綺麗で、液晶とプラズマを比べると技術的にはプラズマと思うけれど、流通の絶対量と、技術の完成度と歴史的積み上げは液晶テレビだと考えていて、とりわけシャープはあの電卓の時代から液晶を追求し、ここ十数年電気メーカーが衰退していくなかで唯一成長拡大して今や国産液晶テレビのトップメーカーとなった「プロジェクトX」みたいなメーカーだもの、心情的にも液晶テレビは絶対シャープだ、韓国やら台湾製と対抗して頑張るシャープを応援しなければ、という訳で「世界の亀山モデル」を指名したのです。

ところで、最近の家電量販店ってどうよ? これが今回の書き込みのテーマなんだけど。

お目当てのシャープのハイビジョン液晶テレビ32V型LC-32GH3は、とりあえず20万円台の値札が付いてて消しこみがしてあって18万円台の価格が書き込んであって、更に安くなりますと書いてある。何がなんだか、比較をしようにも全てこれだから比べようがない。

面倒だから店員を呼んで、いくらになるのと聞いてみる。無愛想で高圧的な店員が値札のバーコードを端末機にかざして何やら携帯で話してからオモムロに16万円ですとの答え。ジャアこの20数万円が18万円というのは何なのよと思ったけれど口には出さず。ビデオも買うけど安くならない?って聞くと無愛想にこれ以上無理ですとつれない返事。これで決まりと思ったけれど、一応他店も見てみようと、最大手のヤマダ電機へ。ヤマダ電機では、うちは16万円にはなりませんとアッケない返事。

EIDENにとってかえして、先ほどのテレビとハイビジョンレコーダーを決めて支払いをしようとレジへ行くと、調べてみたらこの商品157,000円になりますとの事。オイオイそれじゃ先ほどの16万しかならないは何だったのかと思ったけれど口にはださず。

お客様、保障はどうします?と店員が高圧的に言うから事情を聞くと、このままではメーカー保障は受けられるけれど店の保障は無い、初年度無料だけれど二年目から毎年千いくらかの会費が掛るカードを作ってくれれば保障が受けられると言う、テレビなんてあまり故障するものではないからメーカー保障だけで充分だろう?と聞くと、またまた高圧的に、「お客様の為に言っているのです」、私の言う事を聞きなさいとばかりに「保障がなくていいんですね」と来た。なんだよその言い方はと思ったけれど、IWANAも「店員の悲哀」は良くわかるから、「いいよそれだけで」って笑って答える。

ところで、アンテナ工事なんだけどと聞くと。アンテナ工事の見積もりを先にしないと届けられないというから確かにその通りで。我が家は今までビルの電波障害で共同アンテナから電波を貰っていたのだけど、地デジのアンテナを立てて、今までの共同アンテナのアナログ波とも混合しなければならないんだけどブースターも替えなければならないはずだけど?って聞くと。この店員、そんな話は聞いた事ありません、地デジとアナログをミックスするなんて出来ませんという。そんなはずはないでしょう出来るはずだよというと、顔色を変えて、私の姉の家でもアンテナを二本立てましたアナログと地デジのアンテナを二本たてなければいけませんと強調する。アナログは共同アンテナから取るからいいのでは?と聞くと、共同アンテナと地デジをミックスするなんて聞いたことがありません。と譲らない。これはダメだ。話にならないと思って、とにかくアンテナの見積もりに専門家を寄こして貰う事にして。支払いは中止して退散。

翌日、アンテナ工事の業者が来てくれる。とても親切な業者で熱心に調べてくれる。共同アンテナのアナログ波と地デジのミックス、勿論出来ますよ、BSアンテナも現在の物をミックスしますよ。昨日の店員の話は何なのって感じ。

我が家の問題点は。

まず三階建てで屋根に登るのが大変。

テレビの配線は既にされているが七箇所への分配が必要。

地デジ以外のテレビも有り、とりあえず両方見られなければいけない。

建物の外壁がALCコンクリートで(軽量気泡コンクリート)壁面にビスが打てない。

今までアンテナが無かったので地デジのアンテナを新しく立てる。

つまり、かなり大変で、工事費見積もりは97,000円との事。

しかし、この日の新聞折込にヤマダ電機の折込チラシ。シャープのフルハイビジョンの32型が158,000円との事、つまり我が家の予定の物はハイビジョンでありフルハイビジョンだから折込チラシの物の方が上級機種なわけ。たった千円高いだけでフルハイビジョン。

EIDENの店員にはムカツイテいたけれど工事見積もり業者が熱心で恐縮だから、とりあえずEIDENへ。くだんの店員にヤマダ電機の折込を見せて同じものをお願いしたら、またまた高圧的に、それは旧型商品ですからうちではとっくに売り切れてますますとの事。

それじゃあ有難うと言って退散。早速、ヤマダ電機へ。

ヤマダ電機。ああ、その商品売り切れました。そこに置いてあったのですけどね。エッ、一台だけなの?たしかに広告には、展示現品在庫限りとある。これって「オトリ商法」ってエゲツナイ遣り方ジャンって思ったけれど口には出さずにいると、これと同じ物をといって他の物を勧める。くだんのシャープのテレビを指して、これEIDENで157,000だって言うけどオタクはどうよって聞くと、少し席を外して帰ってくるとEIDENより更に千円引きます、五年保障も付けます。との事。オイオイ先日は16万も無理だって言ったぜ!! まあとにかく購入を決めて今度はハイビジョンレコーダー、これも折込広告の物はオトリで、少しプラスして新型をといって勧められる。シャープハイビジョンレコーダーDVAC72型 65,500円。

あ~疲れた。なんなのこの業界は?たかだか四千円の値引きの為に。

相対値引きの江戸時代に「現金正札掛け値なし」の正直商法で大きくなった三井越後屋の三井高利が、とてつもなく偉大に思えた今日この頃です。

というわけで、まだ我が家には地デジのアンテナは取り付けられていないので、工事が終わり次第報告させていただきます。        だらだらと続く。

|

« 井上公三・春 | トップページ | 地デジ導入顛末記 2 »

団塊堂セレクション」カテゴリの記事

コメント

ははははっ、可笑し過ぎますぅ。
まるで私の行動を見ているようで(^_^;)
我が家の夫は値切り交渉全く出来ない人種。
本当に悲しくなるし、電気音痴だしぃ、、、
子供の頃に鉱石ラジオって奴ですか?
父も兄貴もアレ系が大好きで、私も子供の頃いじっていましたよ~♪
大工仕事も大好きで、、、電気にもメカにも強くって、男ってそんなもんだと思っていたんです。
と、ところが、、、、、選んだ夫は釘一本打てず、電機音痴でスウィッチ入れたままコンセントにドライバーを突っ込んで感電した人です・涙。
未だにビデオの扱いが出来ない、そんな男も団塊の世代に居るんですわ~爆。

シャープの液晶やっぱり良いですか?
うちは地デジに切り替わるまで頑張るぞ~~!と、指を咥えつつ頑張ってます。
買い換えるときは絶対に50インチだと、、、一応希望だけはですが、、、(^^ゞ

投稿: boss | 2007年9月30日 (日) 20時19分

bossさん
液晶テレビは家に入れると以外と小さく感じます。我が家の32型は小さ過ぎました。50インチとは豪勢ですね。部屋が大きければやはり大きい方がいいです。
地震びっくりでしたね。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2007年10月 1日 (月) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地デジ導入顛末記1:

» BSアンテナ・BSアンテナの設置方法 [BSアンテナ・BSアンテナの設置方法]
BSアンテナ・BSアンテナの設置方法 [続きを読む]

受信: 2007年9月30日 (日) 19時58分

« 井上公三・春 | トップページ | 地デジ導入顛末記 2 »