« ガラスコレクション | トップページ | T様への手紙 »

2007年8月17日 (金)

多武朗工房・葡萄文冷茶器

Garasu_002_2 身の晩秋に気がついた

友よおけらよこほろぎよ

わたしも君の仲間だが

君の歌ほどの聴き手もない

わたしは君の歌を聴き

ねむりの前のひとりごと

韻もしらべも無いものを

ひとりよがりに歌といひ

おのれひとりで聞くばかり。

Garasu_003                  佐藤春夫

三ヶ月の通勤定期を買ったら、有効期限は11月半ばだった。11月半ばといえばコートを着ようかどうしょうかと迷う季節。猛暑で最高気温の記録更新が毎日のニュースの今日この頃だけれど三ヶ月もすれば冬なのだと思うと何かしら不思議。

日本一暑い・岐阜県・多治見市で「きっこパパさん」やら「マッキーバー」は生きているのだろうか、居酒屋の生ビールが何処も品切れと聞いたけれど、生きていたらコメントを。

|

« ガラスコレクション | トップページ | T様への手紙 »

団塊堂セレクション」カテゴリの記事

コメント

そうだ、思考が止まるのは脳の血液が沸騰するからか。
二日連続の四十路越えはたまらんと、居酒屋で生中。つい杯を重ねすぎ、帰路目覚めたら、おっと土岐市。
なに、JRも暑い多治見駅は通過したのさ。

「ヒトは悩み続ければいいんです」。
あっちっち多治見報告なり。

投稿: きっこぱぱ | 2007年8月18日 (土) 08時47分

きっこぱぱさん。お立ち寄り有難うございます。生きていたのですね。
IWANAも余りの暑さに時々動かなくなる職場のクーラーの室外機にジョーロで水を遣りながらなんとか生きながらえています。
この猛暑の中、みずから「家なき弧」の道を選んだH君は生きているのだろうか干からびて死んでしまったのだろうか。ダンボールの隙間から世界革命の夢を未だ見ているのだろうか。以外とクーラーの効いた女のマンションで柿の種をつまみにビールでも遣っているのかも知れないけれど。
ぱぱさんと久しぶりにビールを飲みたいけれど、帰りの電車の混雑と暑さを考えると電話をするのも億劫です。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2007年8月18日 (土) 11時40分

IWANAさん こんばんは。
あらあら、息も絶え々ではありませんか?
一体この地球はどうなってしまったのでしょう。
団塊の世代にかくも自然は厳しいのでしょう。
葡萄文冷茶器が涼しさを誘います。
どうぞお身体を大切に。

投稿: 更紗 | 2007年8月18日 (土) 22時20分

更紗様 北の国の彼方からお立ち寄りありがとうございます。IWANAはこの暑さにヘロヘロです。気温16度という北海道が羨ましい限りです。間もなく朝晩はマキストーブなのでしょうね。そして三ヶ月もすれば丹頂鶴が舞うのですね。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2007年8月19日 (日) 09時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多武朗工房・葡萄文冷茶器:

« ガラスコレクション | トップページ | T様への手紙 »