« ドーム 葡萄に蝶文脚付ポット | トップページ | ノブレス オブ リージュ »

2007年8月 7日 (火)

安倍シンゾーの論理。

彼に論理などという物は有りはしないけれど、彼が参院選の敗色が濃厚となった投票日の夕刻、安倍の首に鈴を付けに来た中川幹事長に激高して「結果がいかなるケースでも解散のない参議院選挙で政権選択が行われることは基本的にあるべきではない」とアット驚く変節ぶりで、中川氏だってオイオイ「小沢と私とどちらが首相にフサワシイか国民の皆さんに決めていただく選挙」だとアンタが言っていたのでは?とポカンと口を開けたかどうかは解らないけれど「国民は人心一新を求めており、改革を止めろという民意ではない」と安倍が言うから、オイオイ人心とはマサニ安倍チャンあんたが辞める事を国民が求めているのであって「赤城の絆創膏」が辞めれば済む程度の事では無いのだと馬鹿ばかりの自民党員だってサスガに、壊れてしまったアベチャンにアッケにとられている今日この頃だけど、それでもこのアベの論理を支持している県連やら派閥が有るというから不思議きわまりない自民党の美しい泥沼です。

もちろんIWANAは、アベシンゾーには、来るべき衆議院選挙までは、その調子で頑張ってもらって、大暴れしていただきたく、間違っても小池百合子総理大臣なんて姑息な傀儡政権や、片山さつき総理大臣アット驚く根性悪政権なんて政治を100倍面白くしそうな新政権誕生は困るわけで、このままで衆議院選挙が戦えると思うバカボン・安倍の馬鹿さ加減に驚きつつまた頼もしく思う今日このごろです。できれば夏休み恒例の24時間テレビのマラソンはアベシンゾーさんにお願いしたいのです。みのもんたや田原が「アベは何にも悪くない」って一緒に走るってのも面白い企画だと思うけどね。

しかし、骨折といってサッカーやってたチンピラ横綱を指導出来ない元朝潮親方と同じだね自民党員は。

政治というのはね、戦ってナンボなんだぜ、けちなサラリーマン社会のように、様子見で、郵政反対組の二の舞はゴメンとばかりに、この期に及んでアベチャンの顔色見ている自民党の代議士ってどうよ?

所詮、利権政党の自民党だね、損得抜きで義の為に戦うなんて事は無いのだね。

|

« ドーム 葡萄に蝶文脚付ポット | トップページ | ノブレス オブ リージュ »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍シンゾーの論理。:

» 守屋、塩崎両氏を批判=自民・中川幹事長 [病院事務長のぶつぶつ日記]
守屋、塩崎両氏を批判=自民・中川幹事長 まあ、辞めていく人ですけど、 [続きを読む]

受信: 2007年8月20日 (月) 07時51分

« ドーム 葡萄に蝶文脚付ポット | トップページ | ノブレス オブ リージュ »