« T様への手紙 | トップページ | T様への手紙 »

2007年7月 1日 (日)

原爆投下しょうがない発言。

蒸し暑い昼下がりだけれど、窓を開けっぱなして風を入れて、昼寝を楽しんでいたら、近くの公園の防災無線が大音響で放送を始めた。「原爆」でも落ちたのかと思ったら、七月は青少年の非行防止の月間なのだという。その標語がステキで「大人が変われば子供も変わる」というので、大音響で都合三回も繰返して聞かされたものだから、まったりとした午後の昼寝がぶち壊されて目が覚めてしまったから、パソコンに向かってみる。

Hosta_001 このところ、またオールドノリタケにどっぷりとはまっていて、明治大正の日本とアメリカについて調べてみるととても面白くて、当分はこのテーマで遊べるななんて思いつつ、アベチャンの事など語るのはとてもオゾマシクテ下品な事の様にも思われて。しかしその感覚こそ「第三のクラスのブルジョアジーの美意識」で、カッコ悪くても下品でも怒り続ける事が大事だとも思うのよ。

「大人が変われば子供も変わる」ホントだぜアベチャン。年金の始末も、ミンチ偽装の放置も、だから全てアンタが悪いからだぜ、人に説教してる場合かよって。

「原爆投下、しょうがない」 自民党衆議院長崎二区の久間防衛相の発言。ほんとうに自民党は滑稽なくらい馬鹿ばかりだぜ。

このタヌキ。ただの馬鹿だから、ただ力学的にアメリカの大きな爆弾が、日本の戦争継続にトドメをさした。という程度の事なんだろうけど、この馬鹿には、戦争にも、やっていい事と悪い事がある。大量の市民の虐殺という国際法で禁じられたとんでもない行為を、被害国の防衛大臣が肯定した。とりわけ長崎の原爆なんてものは広島への原爆投下で日本の敗戦受け入れを知ってなおかつ、実験としてアメリカが行った極悪非道の行いなのだという事は、完全に何処かへ行ってしまっている。この発言を聞いてなおバカボン・アベは相変わらず官房長官程度のコメントで“肯定も否定もしません”という類の小役人的コメントしか出来ず、さつそくニュースが世界に流れ“世界の笑い者”となってしまった。

いやはや、凄い国だね。

Hosta_001_1 水道水なんてイマドキ飲まない牛肉偽装のロビイストが農水大臣だった国、女性は産む機械で年金が消えても隠し通そうとするボケ老人が厚生大臣の国、自国の市民の大量虐殺被害を肯定する防衛大臣の居る国、殆んどの法案を強行採決で済ます国。この国で「美しい国」という馬鹿なキャッチフレーズが通る国。

「大人が変われば子供も変わる」今月の青少年非行防止月間の標語だけれど、これは自民党に対するアテツケじゃないのか?

政治が変わらないと、不良になってしまいそうな、今日この頃のIWANAです。

皆さんいかがお過ごしですか。庭のギボウシに白い花が咲きました。

それでも貴方は、利権偽装ミンチの自民党ハンバーグを食べ続けますか?

|

« T様への手紙 | トップページ | T様への手紙 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原爆投下しょうがない発言。:

« T様への手紙 | トップページ | T様への手紙 »