« オールドノリタケコレクション 10 | トップページ | ミンチ偽装のミートホープと自民党 »

2007年6月20日 (水)

消えた年金・宙に浮いた年金

「片山さつき」の後にアベチャンがサンデープロジェクトに送り込んで来たのが「大村某」という愛知県選出の代議士で、説明の必要の無いくらい見事に醜い風貌でこの男が「さつき」に負けず劣らず基地外みたいにまくしたてるものだから誰もが本当に自民党には人材が枯渇しているのだなと心配し、これは赤いマスコミの陰謀ではないのか?なんて思うくらいトンデモナイ逆宣伝になっているような気がする。

最近は「消えた年金」が「宙に浮いた年金」と読み替えられたようだけど、ならば「団塊の消えた年金」はどうよって真正・団塊党の党首IWANAはマスマス闘志を燃やすのよね。今こそ、年金支給60歳開始の復活を!!って。

兎に角、次から次へと未入力が出てきて、これだってアノ「産む機械」の柳沢大臣が、今年はじめからバレタラ大変な事になると一切封印していたのだと聞くと、アベチャンが「さつき」も「大村」の人格も承知の上で北朝鮮のゲリラみたいにヤケクソのかく乱戦術に出てきたのではないのか?なんて思うけど良く分析してみると「北の将軍様」の方が遥かに賢くて狡猾で、アベチャンの顔には既に死相すら現れているけれど、これだって良くありがちなオボッチャマクンの一時的なヒステリーに過ぎないような気がする。

北朝鮮からの脱北家族がオンボロ漁船で青森に着いて、相変わらず日本海の守りなんてのは無いに等しい状態で、コイズミ単細胞はテポドンに対抗してアメリカの不良在庫のミサイルを確か一兆円で買ったけれど、北が既に持っているパキスタン製のウラン爆弾は20発もあり原爆だけならドラム缶くらいの大きさでオンボロ漁船でいともたやすく日本海沿岸の原発に届けられるのよね。将軍様がテポドン飛ばしてコイズミが「空を見よ!」なんて言っているあいだに恐ろしい事が進んでいるのよね。本当に「船」は来ているのだもの、あれに原爆が乗っていたって不思議では無いもの。

もしミサイル買う一兆円で食料買って「在日」の皆さんに義勇軍組んでいただいて直接「北の同胞」に届ける国際キャンペーンなんてやったら遥かに高い確率で戦争は回避できるかもしれないのよね。将軍様には金と女を与えてレマン湖の畔で過ごしていただけば良いではないか。

いやはや、話がかなりそれて、これではアベチャンの思うツボではないか。アベチャンの後をねらって派手なキャンペーンを展開中の九州の炭鉱任侠の息子が昨日のパーティで「年金を今もらっている人は関係ない。お宅らは電話しないで下さい」って呼びかけたけれど、関係ないことはないけれど、とりあえず「電話はしないで」というのは正常でアベチャン指示の「電話して下さい」という社保庁のチラシが現場にとんでもない混乱を招いているのだから麻生君は此処を撞いているのだよね。さすがヤクザの子だねケンカを知ってるよね。しかし麻生君だったら放言で政権を半年持たせるのも大変だろうね。

なんて事を今夜もパソコンに打ち込みつつ自らの品の無さに感心し、せめて老人ともなれば、ニコニコ笑って温和に世間をやりすごしながら、洗練という物を身につけなければいけないなと反省しつつ、しかし怒り続ける事だって大切な事で、「持続する志」ってヤツが最終的な男の価値ってやつなんだぜって思うのよね。

こんやも、団塊のクソジジイの世迷いごとにダラダラとお付き合いありがとうございました。

明日が貴方様にとって今日より良い日でありますように。

|

« オールドノリタケコレクション 10 | トップページ | ミンチ偽装のミートホープと自民党 »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消えた年金・宙に浮いた年金:

« オールドノリタケコレクション 10 | トップページ | ミンチ偽装のミートホープと自民党 »