« ノリタケスタジオコレクション 葡萄杯 | トップページ | 桜情報 岐阜 清水川公園の桜 »

2007年3月31日 (土)

天然 アマゴ

Kanzaki_006_1 こんな美しい魚を、こんな美しい景色のなかで、まるでミネラルウォーターのような水の中から釣るのです。

だからといってこんな残虐な行為が許されるものか?

餌のイクラに針を隠して、落ち込みの白泡の中に落とし、流れに乗せて糸を引く、流れよりほんの少し早く。

虚実皮膜、虚と実のハザマで餌を躍らせて魚を誘う。実のままでは誘いにならないし虚のままでは魚は騙されない。まるで演技論のようではないか。観阿弥世阿弥か、スタニスラフスキーか、はたまた千田是也か。

仏陀は魚が嫌いだったみたいだけれどキリストは漁師だったというし、月に一度や二度の殺戮は、普段の虫も殺さぬ誠実な生き様で相殺されるのではないだろうか。

それにしても、桜を愛でながらの釣行は、まことに最高。

アベチャン、君たちの施策は、この山奥には何も及ばないけれど、この国はそのままで美しい国だよ。

Kanzaki_007 長良川支流神崎川釣行 2

魚篭には今日も魚より重い石数個

|

« ノリタケスタジオコレクション 葡萄杯 | トップページ | 桜情報 岐阜 清水川公園の桜 »

IWANAのフィッシング狂書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天然 アマゴ:

« ノリタケスタジオコレクション 葡萄杯 | トップページ | 桜情報 岐阜 清水川公園の桜 »