« 金魚 木彫 | トップページ | 織田阿奴作 華紋酒器 »

2007年2月11日 (日)

菊花石

Kikukaishi_001 素晴らしい石だろ天然記念物の「根尾谷の菊花石」って言うんだぜ。

岐阜じゃあ、ちょっと粋なお年寄りの居るお宅だと床の間とか玄関に必ず置かれているアイテムなのよね。

ためしに、陶芸用の電気釜で焼いてみたら、こんなふうになってしまいました。トホホ・・・。

敵もマサカ電気釜で焼くとは思わなかったんだろうね。Kikukaishi_003

銘石「夢の後」ってどうよ。

もちろん本物だったら、こんな事にはならないのですよ。

|

« 金魚 木彫 | トップページ | 織田阿奴作 華紋酒器 »

閑話休題」カテゴリの記事

コメント

本物だと、焼くとどうなるのでしょう??
これはニセモノだったのですか?
IWANAさんのすることは、不思議な事ばかりです。
還元焼成したら、また違った感じになるのかしら?

投稿: るい | 2007年2月12日 (月) 05時07分

るいさん、さすがのご指摘です。
還元焼成を狙ってやってみたのです。まさか贋物とは思っていなかったもので、菊の部分の白さが足りない、背景の茶色を赤くしたい、焼いて炭素を飛ばせばなんて素人考えでやったのですが。
菊の模様はとても巧妙に石の表面を薄く削ってコンクリートボンドの様なもので石の粉を塗りつけて研ぎだされていました。800度くらいまで上げて焼くプログラムを組んだのですが見事に300度くらいで模様は消えました。
今となっては、西田サチコ風にいえば、余分な事はしないで「死ぬまで騙して欲しかった」という気分です。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2007年2月12日 (月) 09時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊花石:

« 金魚 木彫 | トップページ | 織田阿奴作 華紋酒器 »