« 釣り破れて山河あり | トップページ | ダンディズム考 »

2007年2月20日 (火)

根尾産 孔雀石

銘 蓬莱山 (ほうらいさん)

0702216_006 蓬莱山。 古代中国で東海の彼方にあると幻想された神仙の住む永遠の世界、幻想の異界。水平線の彼方にある永遠の世界、そこには不老不死の仙薬があり神仙たちが永遠に齢を保って生きていたと伝えられた。

この石、菊花石と並んで岐阜の根尾で産出される孔雀石。石の上部にある球顆模様が孔雀の羽を思わせるところから付いた名前だが残念ながらこの石では模様が細かすぎて、しかしその細かな球顆模様が孔雀石の派手さを押さえて渋く、まるで辻が花染めの逸品を観る様で美しい。山裾から山道を思わせる模様が入り、その横にかかる石英は山腹にかかる雲と見立てた。山の頂にかけての球顆模様がまるで華咲き乱れる蓬莱そのものではないだろうか。石の姿も蓬莱伝説に何度も描かれた蓬莱山の絵そのものである。

蓬莱といえば、あの浦島太郎が、竜宮城へ向かう三年間を、官能的な仙女とめくるめく官能の日々を過ごした世界。いや、その昔の浦島伝説では、竜宮城は海の中にあったのではなく蓬莱の島であったのだよね。

見立て。自然が作り上げた造形から何を読み取るか。偶然出合った石ころの物語をどう引き出すか。見立てによって物語を得る事で見事に、独りよがりだけれども自分だけの銘石が生まれる。

この石だって孔雀石としては屑石かもしれないけれど、蓬莱山とくりゃあ、始皇帝の不老不死の仙薬の話から浦島太郎の仙女との爛れた(ただれた)愛の日々まで話はめぐるだろう、楽しいよね人生は。

男だってそうだぜ、たとえ路傍の石だって光り輝く物語を秘めているかも知れないぜ。

|

« 釣り破れて山河あり | トップページ | ダンディズム考 »

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 根尾産 孔雀石:

« 釣り破れて山河あり | トップページ | ダンディズム考 »