« ウシュクベ 命の水 | トップページ | 不徹底な数寄 »

2007年1月 9日 (火)

アンティーク スケルトンからくり置時計

フランス製

今日は、9の日。岐阜の柳ケ瀬近くにある金神社(こがね)の骨董市。

Fc_001

今年の初骨董がこれ。中国人の骨董商から買った物。どうせ眉唾物だろうと思い切った値引きを。値札の三分の一以下、言い値の半額。あいては涙声だったけれど差し出した現金を受け取った。たいした、やり取りもなく現金を握らせて。

80年くらい前の品との事であったが、解体して調べてみると機械にMADE IN FRANCE 1731のFc_003 刻印。さっそくE・ブラットンの時計文化史やらアンティークの本を調べてみる。たしかに、そうであっても不思議は無い。パヴィリオンあるいはエビアリーを思わせる円柱のガラス、天地のグリーンのガラスが魅力的、天蓋は七宝、洋銀?のコラム、そうだ、これは水槽なんだ。中の球体が回転し固定針で時間を示す。三匹の金魚が機械仕掛けで泳ぐ。機械は問題なく動いている。機械物って楽しいね。さあ、ゆっくり調べさせていただきます。

とりあえず、いきつけの喫茶店で記念撮影

|

« ウシュクベ 命の水 | トップページ | 不徹底な数寄 »

アンティーク」カテゴリの記事

時計コレクション」カテゴリの記事

コメント

IWANA様、はじめまして。
このアンティーク時計についておたずねしたいことがあり、先ほどメールを送付させて頂きました。お手数ですが、ご確認のほどどうぞよろしくお願い致します。

投稿: Miwako | 2013年10月 2日 (水) 15時29分

Miwako様
お立ち寄りありがとうございます。
さっそくリメール致しました。

投稿: IWANA | 2013年10月 2日 (水) 22時04分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンティーク スケルトンからくり置時計:

« ウシュクベ 命の水 | トップページ | 不徹底な数寄 »