« ダンテスカスタイルの椅子 | トップページ | 轆轤の美しい椅子 »

2006年12月14日 (木)

倉敷民芸ガラス デキャンタ ワイングラス

団塊堂セレクション  

若い頃、IWANAは民芸家具に入れあげていて、民芸家具の催しを企画しては、各地の工房を訪ね歩いていたのです。ニューファミリーともてはやされた団塊の世代が所帯を持つ頃、「北海道民芸家具」に代表される、無垢の木に拭きうるしの家具がちょっとしたブームだったのです。民芸家具を語るのは少し後にして、倉敷民芸ガラス。

Select_018_1 当時としては、この倉敷の民芸ガラスが「民芸」の「気分」を一番に表していたような気がします。「倉敷民芸ガラス」などというのは、もともと在ったものではなく、民芸運動を唱える文化人達が、倉敷でガラス玉を吹いていた職人に無理やり作らせた物だけど、素朴派、ナイーブ派ガラスで美しい。

「用の美」を見出すのが民芸だけれど、家内には、これは「無用の用の美」であると定義されている。「健康で無駄がなく真面目で威張らない」のが倉敷民芸ガラスのコンセプトだけれど、まるでIWANAそのものだけれど、確かに20数年我が家では茶箪笥の上に飾られていただけ。

|

« ダンテスカスタイルの椅子 | トップページ | 轆轤の美しい椅子 »

団塊堂セレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷民芸ガラス デキャンタ ワイングラス:

« ダンテスカスタイルの椅子 | トップページ | 轆轤の美しい椅子 »