« ハウスオブハーデイ フライロッド | トップページ | 海泡石(メシャム)のパイプとシルバーキングジッポーライター »

2006年12月17日 (日)

ハウスオブハーデイ フライロッド その二

IWANAのフィッシング狂書 ④

ロンドンのダンヒルの本店が凄いと思ったら間違い、ロンドンのアカスキュータムが凄いと思ったらまちがい。ダンヒルなら日本橋三越のダンヒルコーナーの方がずっと格調高いのです。アカスキュータムでワイシャツをと思って行ったのだけど日本のライセンス物のほうが生地が良くって。ロンドンで凄いと思ったのは傘屋さんです。これは凄かった、傘の生地から柄、取っ手、金具までタンスにディスプレイされて、格調高い雰囲気のなかで注文できるのです。当然IWANAも義兄への土産に一本誂えました。

Isu_foot_019

というわけで今日も前置きが長くなりそうですが、日本へ帰るのに、傘をかついで釣竿を担いででは、「東京ぼん太」状態です。釣竿はなんとかトランクに入るコンパクトな物を選ばざるを得なかったのです。Hdy_1

ロンドンのハウスオブハーデイは当時の日本の、ちょっと上のメンズショップ程度の格式、とはいえハーデイの名誉のために言えば、日本の過剰な店舗装飾の方が異常なのかもしれません。

ツィードのジャケット・ノースカントリーウールのセーター・キルティングのウェストコート、洋品店の様な佇まいの二階にある釣具のコーナー、釣具が整然と飾られ、小石に魚のデコパージュをしたペーパーウェイトやら、石膏の魚の置物、そうです小物が違うのです。フライフィッシャーマンの書斎を飾るオシャレな小物。ワクワクする物ばかりです。

Fising_010 まだ前置きで、なかなか本論のハーディの竿に行きつかないのだけれど。

勿論、カーボンの竿なら日本のものが良いに決まっています。もちろんハーデイだって日本のカーボン。イギリスの釣りの雑誌でも日本のカーボンの釣竿、DAIWAやシマノは特別扱いでした。

でもね、ハーデイのこの細部の仕上げはどうよ、たまらんだろ。

たとえばロッドチューブ、竿のケースなんだけど、頑丈なアルミのチューブに皮革のカバー、この皮革が手縫いで・・・。ジェントルマン気分だろ。いや貴族的だろ?

竿のパーツを一本ずつ入れる木綿のバッグ・・・堪んないよね。

あらゆる「部分」がIWANAをビンビン刺激してIWANAを禁治産者状態へと誘うのです。

「スタデイツウビークワイエット」穏やかになる事を学べ。

ハーデイと同じロンドンのPallMallの釣具屋、「釣魚大全」の著者、ウォルトン卿の言葉です。Isu_foot_011

|

« ハウスオブハーデイ フライロッド | トップページ | 海泡石(メシャム)のパイプとシルバーキングジッポーライター »

IWANAのフィッシング狂書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハウスオブハーデイ フライロッド その二:

» 釣具販売なら通販で買ってみては!? [釣具販売【釣具なら通販】]
釣具販売店など通販で釣具を買ってみてはどうでしょう。釣具販売にこのサイトをお役立てください。 [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 19時25分

» ハゼ 釣を楽しもう [ハゼ 釣を楽しもう]
ハゼ 釣についての話題出来事を綴ります。 [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 17時05分

« ハウスオブハーデイ フライロッド | トップページ | 海泡石(メシャム)のパイプとシルバーキングジッポーライター »