« 柳ケ瀬の路地裏の喫茶店のママ | トップページ | 如意雲透彫り 削出し八角香炉 »

2006年11月21日 (火)

備前 徳利

団塊堂セレクション ⑧ 小西陶古

Select_012_2   

男も五十の半ばを過ぎてメインストリームを外れると、一人飲む日は備前焼なんてのがいい。

備前って田んぼの土なんだよね。須恵器なんだよね。土器なんだよね。

キャピきゃぴしたものやピカピカしたものより、この土管の焼き損じみたいなのがいいのよね。

大晦日に鰯をつつきながら備前で手酌、しみるねえ、除夜の鐘が沁みるねえ、百と八つじゃ足りないねぇ。

備前って妙に力強くて野武士のようで元気が出るって気がするのよね。

1300度で焼くって? ガラスならドロドロだぜ。

備前って男だね。

|

« 柳ケ瀬の路地裏の喫茶店のママ | トップページ | 如意雲透彫り 削出し八角香炉 »

団塊堂セレクション」カテゴリの記事

コレクション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備前 徳利:

« 柳ケ瀬の路地裏の喫茶店のママ | トップページ | 如意雲透彫り 削出し八角香炉 »