« 備前 徳利 | トップページ | 如意雲に魚文三足鉢 »

2006年11月22日 (水)

如意雲透彫り 削出し八角香炉

団塊堂セレクション  ⑨     中大路優

Select_009

中大路優。素晴らしい作家なのです。団塊の世代のほんの少し後ですが空気は同じです。我々の世代の魯山人であり浜田庄司だと思うのです。金属工芸・陶芸・書画まさに才人です。

竹風醒酔 ちくふうえいをさまし

窓月伴吟 そうげつぎんをともなう

竹林を渡ってくる風が酔いをさまし窓から射し込む月の光はまるで詩を吟じている様だ。

八角の香炉の面を気分で換えて漢詩の一字々を楽しんでいます。

Select_015 香炉の命、火舎は洋銀の透かし彫り、鎚目の地に如意雲、繊細で知的でポップ。

この作家1953年 京都市生まれ 関西大学中退後 独学で金属工芸を始める、以来、陶器製作、墨絵を独学で・・・。独学っていいよね。溢れ出るモチベーションが先にあって学び、作る。こんな作家こそ世の中の真ん中を歩いて欲しいよね。いまひとつダイナミズムを得る事が出来たら凄い奴だと思うのよ。場さえ与えられればきっと出来る作家だよ。

|

« 備前 徳利 | トップページ | 如意雲に魚文三足鉢 »

団塊堂セレクション」カテゴリの記事

コレクション」カテゴリの記事

コメント

多くの感謝。

投稿: brerielty | 2011年9月14日 (水) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如意雲透彫り 削出し八角香炉:

« 備前 徳利 | トップページ | 如意雲に魚文三足鉢 »