« 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件 | トップページ | さるとらへび »

2006年11月 2日 (木)

岐阜 瑞浪中学 いじめ事件②

昨日、アノ校長さんは、まるで人が変わったように明るくなったようだね。

保護者会も終わり、しみじみと「大切なのは絆ですね」とテレビにこたえていたよ。

認めてしまえば、それだけの事、自分がイジメタわけでないから。

ああ、考えてみればそれだけの事だったんだ、一昨日までの自分はなんだったんだって。

さあ皆さん、いじめの事は忘れて、いじめの無い学校を、私一人ではなく、皆さんの責任で、皆さんで作りましょうって。忘れましょう、忘れて、私に対するイジメも止めて、安らかに女子生徒が、いや私が安らかに眠られますように。って。

そんな風にIWANAは感じるのよね。感じるというのは感性だから事実とは違うかもしれないし、感じで批判するのは無責任で、匿名で「感じ」を元に批判するのは、「便所の落書き」のように卑怯かもしれないけど、ブログなんてそんな物だから、読者の皆さんも、それなりの知性、あるいは理性のフィルターで濾して受け取って頂けば良いと思うわけ。

もちろん、さすがに瑞浪中学では、当分、イジメは起こらないだろうから、マスコミさえ騒がなくなったら、校長さんは無事定年を迎えられるわけ。大切なのは忘れるって知恵なのよね大人の社会では。

でも、四人組はどうかな? 中学生だから余り虐めては可哀想だけど、中学生くらいになるとホントに悪い奴っているよね。そして世の中にはそのまま大人になったような根性の悪い奴っているよね。

もちろんIWANAは、今度の四人の事は殆んど知らないし親の対応を見ていると悪い感じ、またまた感じなんだけど悪い感じは持ってないのよね。

でもね、君たちが死ぬほど苦しんで、ココロから相手の死を悲しんで、反省をしなければイケナイと思うのよ。

地域社会では君たちは既に有名人で、これからは君たちが長いイジメのトンネルを通らなければならないのだけど・・・。

そうなんだよね、これからは君たちが大変なんだよね。だから君たちに対する処罰というミソギと、君たちへの教育という援助が必要なんだと思うのよ。

校長は四人の家庭訪問はしたの? まさか出てこないほうがいいなんて思ってないよね。教育の有り方が問われるのは、これからなんだと思うわけ。だから終わってしまったという感じの、校長の安堵感が気に入らない、今夜のIWANAなのです。

|

« 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件 | トップページ | さるとらへび »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件②:

« 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件 | トップページ | さるとらへび »