« エインズレイ オーチャードゴールド | トップページ | 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件② »

2006年10月31日 (火)

岐阜 瑞浪中学 いじめ事件

大切な事が忘れられている気がするのよね。

大切な事をマスコミも逃げている様な気がするんだよね。

岐阜・瑞浪中学のイジメ事件。

校長やらの無責任さと隠蔽体質には相変わらず呆れるけれど、それよりなにより虐めた四人の子供をどう教育するかという事なんだよね。

2ちゃんねる」では四人の子供の実名が公開されているけれど、これはこれで酷いけれど、この四人に、自らの行為のもたらした事の意味を、学校は分からせる必要があるよね。下手すれば更に自殺者をだしてしまうという危険があるから大変なのだけれど。

虐めた側の論理をきちんと総括しないと教育じゃないと思うのよね。

マスコミは、この四人の指導やら教育がどうなされていくかを報道するべきだと思うよ。2ちゃんねるの書き込みなんかみていると、この件にかんしては意外と冷静で正論と思われる書き込みが多いのよね。

大切なのは教育という視点なのだよね。

その子供に、どう指導したか、どう指導していくか、今後どうするかが問題なんだよ。

学校は今、誰がそれをやってるのよ。

ところで教育委員会が、今回の件で傷ついた子がいるからカウンセラーを派遣したんだって? 

馬鹿やってんじゃないよ!! 傷つけた四人組のカウンセリングこそ必要なんだよ! 教育っていったい何ナノヨ。オタメゴカシで、わかったような事やってるけど、スリカエだぜこれって。

|

« エインズレイ オーチャードゴールド | トップページ | 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件② »

団塊・怒りの掲示板」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件:

« エインズレイ オーチャードゴールド | トップページ | 岐阜 瑞浪中学 いじめ事件② »