« レビュートーメン アルティマーク | トップページ | 石ころだもの。 »

2006年10月27日 (金)

ロイヤルコペンハーゲン 

マイカップコレクション 

6

ロイヤルコペンハーゲン 

ブルーフルーテッド ハーフレース Royal Copenhagen デンマーク

アンデルセンの童話「人魚姫」や「マッチ売りの少女」でおなじみのデンマーク。首都コペンハーゲンの美しい町並み、北欧の飾らない美しさを感じさせるのがロイヤルコペンハーゲン。デンマークが硬質磁器の焼成に成功するのは1773年頃、マイセンでベッドガーの成功が1709年だからかなり遅かった訳だ。その分ロイヤルコペンハーゲンは当初からデンマーク独特の花柄や人物の模様が用いられている。

ブルーフルーテッドシリーズの最大の特徴はアンダーグレイス(下絵付け)という技法で描かれた清楚で可憐なレース模様。白磁に染み込んだブルーの染付け、白く艶やかな地肌に中国の唐草模様が、北欧の感性で洗練されて、気品あるレース模様に消化されている。

下絵付けによる滲み、釉薬による暈け。日常雑器の染付けが気品あふれる貴婦人に変身している。

泥棒さんの唐草模様の風呂敷は何万回洗ったらエルメスのスカーフに変わるのだろうか。

Rco_1

|

« レビュートーメン アルティマーク | トップページ | 石ころだもの。 »

マイカップコレクション」カテゴリの記事

コメント

こだわりのない素顔のIWANAのもうひとつのラインを見たいものです。

投稿: Wienの薔薇 | 2006年10月28日 (土) 06時52分

Wienの薔薇様 お立ち寄りありがとうございます。

IWANAのバヤイ。やはりシューベルトの「鱒」。

Wienの薔薇様におかせられましては、やはりJシュトラウスでしょうか、王宮庭園の奥のカフェーでモカにたっぷりの生クリームで妖艶なViennaと愛を育んだアノ日の事は遠い日の花火でしょうか。

「死而後己」ししてのちやむ。死ぬまで一生懸命・死んではじめて・・・。

こだわりのない素顔なんて・・・人に見せられません。

ツエントラルカフェでフロイトに聞いて下さい。

投稿: 団塊堂主人 IWANA | 2006年10月28日 (土) 08時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロイヤルコペンハーゲン :

« レビュートーメン アルティマーク | トップページ | 石ころだもの。 »