« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

岐阜 瑞浪中学 いじめ事件

大切な事が忘れられている気がするのよね。

大切な事をマスコミも逃げている様な気がするんだよね。

岐阜・瑞浪中学のイジメ事件。

校長やらの無責任さと隠蔽体質には相変わらず呆れるけれど、それよりなにより虐めた四人の子供をどう教育するかという事なんだよね。

2ちゃんねる」では四人の子供の実名が公開されているけれど、これはこれで酷いけれど、この四人に、自らの行為のもたらした事の意味を、学校は分からせる必要があるよね。下手すれば更に自殺者をだしてしまうという危険があるから大変なのだけれど。

虐めた側の論理をきちんと総括しないと教育じゃないと思うのよね。

マスコミは、この四人の指導やら教育がどうなされていくかを報道するべきだと思うよ。2ちゃんねるの書き込みなんかみていると、この件にかんしては意外と冷静で正論と思われる書き込みが多いのよね。

大切なのは教育という視点なのだよね。

その子供に、どう指導したか、どう指導していくか、今後どうするかが問題なんだよ。

学校は今、誰がそれをやってるのよ。

ところで教育委員会が、今回の件で傷ついた子がいるからカウンセラーを派遣したんだって? 

馬鹿やってんじゃないよ!! 傷つけた四人組のカウンセリングこそ必要なんだよ! 教育っていったい何ナノヨ。オタメゴカシで、わかったような事やってるけど、スリカエだぜこれって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エインズレイ オーチャードゴールド

マイカップコレクション  7  Aynsley  イギリス

Ayn2黄色のバックに桃・マスカット・プルーン・ブラックベリーが、カップの内外、さらにソーサーにも描かれているエインズレイの代表的な絵柄。ハンドルはラスティック・ビーンハンドルという空豆型の装飾的なハンドルの伝統を受け継いでいる。いささか派手である、我が家の食器棚でも、ひときわ異彩を放っている。この黄色と金が風水に良いという人もいる。英国王室御用達というが、王様が必ずしも上品とは限らない。でもこの派手さが結構ワクワクして楽しい。たとえば渋いウィンザー調の家具の部屋、松本民芸家具に囲まれた部屋なんかでは、この派手さが妙に納まりが良い。下品なサッチーかなんかがイタリア家具かなんかでこのカップだったりしたら目を覆いたくなるけれど・・。

IWANAは今、宝くじが当たったらロイヤル・ウースターのハリー・デイヴィス作の「鳥の巣」なんてカップを手に入れたいと思っています。徹底的に手描きされた、手描きの極致というようなカップが欲しいと妄想する今日この頃です。皆様如何お過ごしですか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

ミキティの復活

昨日一昨日とIWANAはとても幸せでした。

ジャンボ宝くじが当たったわけでもなく、

芥川賞を受賞したわけでもないのですが。

フィギュアスケートグランプリなのです。

真央ちゃんの本当に可愛いこと、

舞ちゃんのやさしさオトーサンはもうメロメロでした。

Fin_bams_017

最近IWANAはフィンランドのウォッカ・FINLANDIAを酒屋さんで見つけて、ウォッカのお湯割りを楽しんでいます。

昔アイスランドへ仕事で出かけたとき覚えたウォッカですが、とてもサワヤカで香りもとてもお洒落です。夏はロックで飲むととてもいいです。

ミキティの復活にはオトーサンは咽び泣いてしまいました。

トリノで地獄まで突き落とされた美姫ティが見事に復活しました。伸び伸びとして明るくてハツラツとして力強くて誰が見てもNo1でした。

真央ちゃんは失敗しても、とてもいいです。素質といい才能といい真央ちゃんは最高です、それでいて一生懸命なのがいいです。舞ちゃんはとてもエレガントでとても優しくて、とてもいいです、それだけでもいいのです、貴女あっての真央ちゃんです。

まあとにかく、フィギュアにはフィンランディアだなと思う今日このごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

フルサークル 振り出しに戻って

Sunset_1

世は去り、世はきたる。

しかし地は永遠に変わらない。

日はいで、日は没し、

その出た所に急ぎいく。

風は南に吹き、

また転じて、北に向かい、

めぐりにめぐって、

またそのめぐる所に帰る。

川はみな、海に流れ入る、

しかし海は満ちることがない。

川はその出てきた所にまた帰って行く。

先にあったことは、また後にもある、

先になされたことは、また後にもなされる。

日の下に新しいものはない。   伝道の書

なんて、聖書の一節を書いてみたいと思った今朝のIWANAです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

石ころだもの。

T

06_1

このところIWANAは 風邪ぎみです。

熱があります。

風邪をひきやすいIWANAが、この一年風邪をひかなかったなと考えていた矢先風邪をひいてしまいました。

ブログを立ち上げて一ヶ月、興奮も少し冷めて失業モードに嵌まりつつあります。

SHINJOは凄いなと思いながら、文脈のないフレーズだけの馬鹿だなって思う今日この頃です。

物に捉われて物を評論しながら物に覚めている自分があります。

先日、骨董市で石ころだけを十数個並べている店がありました。究極です。

IWANAも石ころを集めた時期があります。

また、石ころを集めてみようと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

ロイヤルコペンハーゲン 

マイカップコレクション 

6

ロイヤルコペンハーゲン 

ブルーフルーテッド ハーフレース Royal Copenhagen デンマーク

アンデルセンの童話「人魚姫」や「マッチ売りの少女」でおなじみのデンマーク。首都コペンハーゲンの美しい町並み、北欧の飾らない美しさを感じさせるのがロイヤルコペンハーゲン。デンマークが硬質磁器の焼成に成功するのは1773年頃、マイセンでベッドガーの成功が1709年だからかなり遅かった訳だ。その分ロイヤルコペンハーゲンは当初からデンマーク独特の花柄や人物の模様が用いられている。

ブルーフルーテッドシリーズの最大の特徴はアンダーグレイス(下絵付け)という技法で描かれた清楚で可憐なレース模様。白磁に染み込んだブルーの染付け、白く艶やかな地肌に中国の唐草模様が、北欧の感性で洗練されて、気品あるレース模様に消化されている。

下絵付けによる滲み、釉薬による暈け。日常雑器の染付けが気品あふれる貴婦人に変身している。

泥棒さんの唐草模様の風呂敷は何万回洗ったらエルメスのスカーフに変わるのだろうか。

Rco_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

レビュートーメン アルティマーク

時計コレクション  REVUE THOMMEN ALTIMARK

L1000125_edited1_1

IWANAのアウトドアー用時計が、このアルティマーク。高度計付き二重構造式時計。スイス軍のヘリコプター部隊御用達の物。24時間計付で短針を太陽の方角に合わせることにより正確な方位が測れる。二重構造で写真のように蓋を開けると時計の裏は反射鏡となっており遭難時の信号用。二重構造の下の段は高度計つまり気圧計になっている。鍋蓋を合わせたようなカプセルの膨張で気圧を測る。つまり気圧を測ることで高度を知らせる。IWANAは山登りに使うが、高度計つまり気圧計は台風の時に真価を発揮する。

Wra_1

レビュートーメンは時計メーカーであり航空計器製造メーカーとしても有名。時計メーカーとしては、一癖あるコンセプトの、ひねりのある、そして超高級ではない面白いメーカー。

でも10年前に比べたら真面目に成りすぎて面白みが無くなってきた。15年前くらい前に購入したが、当時は、この分厚い時計が珍しかった、ジッポーのライターの1.5倍の分厚さ。時計の重みで革のベルトの傷みが激しいので最近ゴム製のベルトに替えた。ゴムのベルトこれがナカナカ使い心地も悪くない。ブルガリに始まって最近はグッチなどもゴムのベルトが使われている様だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

グリーンマン IWANAの庭の守護神

         ガーデニング三昧

 

ジャック・イン・ザ・グリーン、ロビン・フッド、キング・オブ・メイ、ガーランド。グリーンマンのモデルと考えられる人物は何人かいる。

英語では、the foliate head 木の葉で覆われた顔、あるいは単にa grotesqueグロテスク。フランス語では、la tete de feuilles ウ・テート・ド・フォユ 木の葉でできた顔、le masque feuillu ル・マスク・フォユ 木の葉の仮面。

ドイツ語ではBlattmaske ブラットマスク 葉の仮面、Der gruner Mensch デル・グリュネル・メンシュ 緑の男。

田園地帯を意味する古英語はgreenmans

「グリーンマン」とは、人間の顔と植物が一体となった古ヨーロッパの樹木信仰に由来する教会建築の装飾モチーフと書いた本があるが、少し異論を挟むと、キリスト教は当初ヨーロッパの土俗的信仰を敵視したわけだけど、それでも排除出来ずキリスト教が取り込まざるをえなかった土俗神である。

ヨーロッパの教会の柱の上の飾りなどに必ず見られる装飾モチーフ。

なんてカッコ付けたけど、あのモリゾーとキッコロの先祖様ぐらいのところでどうよ。

IWANAのバヤイ衝動買いで買ってしまった物に、後から薀蓄を貼り付けるというのが大体のパターン。このグリーンマンも行き着けのインテリアとガーデニングショップで偶然見つけて衝動買いしたもの。イギリス製

我が家の中庭は、コの字形の家に囲まれている、家相で言えば東に欠けが在るワケ。いけないことに、コノ東という奴が、我が家の馬鹿息子の方角、ここに欠けが在ったんでは・・。なわけで、そちらの方角に神聖なる物を置いたらどうよってオトーサンは考えた訳だけど、なんだかねウチの馬鹿息子はあいかわらずで。

ちなみに壁の蔦は富貴の象徴とも言われるが富貴などとも程遠い。

ところで蔦などの蔓性の植物、まっすぐ上に誘引しちゃ駄目なのよね、横へ横へと誘引するととても早く育つけれど、まっすぐ上に誘引したのではびっくりするほど成長が遅い、人間だってそうだろ、まっすぐ上に行った奴なんて。

ちなみに誘引の際にはIWANAは両面テープを使うのよね、両面テープの粘着力がとても良いのです。

Image020

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

スポード ブルーイタリアン

マイカップコレクション 5

スポード ブルーイタリアン   SPODE  イギリス

IWANAがもし喫茶店でもやるのなら、器は、このスポードのブルールームコレクションを使いたい。薔薇の小さな庭と、藁屋根のコッテージ風の建物に、使い古したウインザーチェア。ギャルソン風の美しいウエイトレス。家内には屋根裏部屋で編み物でもして居ていただこう。

スポードはファインボーンチャイナと銅版転写による下絵付けの技法を開発したメーカー。カップの底近くでギュツと絞り込んだスタイルは“ロンドンシェイプ”と呼ばれるイギリスのアンティークカップの代表的なスタイル。

銅板転写は日本で言うところの印判。(もちろん銅板転写は日本でも銅板転写だが)ブルーイタリアンの原画はオランダ人画家フレデリック・デ・モウヘロンの手によるもの。この無骨なスタイルと、銅板転写です手描きではありませんという頑固さがとてもいいのです。

あらゆる物の生産が機械化され始めた頃、むしろ手作りの物より機械によって作られたもののほうにロマンがあったよね。人間が未だ機械に使われるのではなく機械を使っていた時代。

オークのテーブルに真鍮の電気スタンド、スポードのカップで飲むネスカフェ。俺ってつくづく違いが分かる・・・って、そういえばマックスウェルなんてのは最近どうよ。

Spood

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

ヘレンド ロスチャイルドバード

  マイカップコレクション 4              Herend   ハンガリー

いま一般的に販売されているカップの中でハンドペイントの質が最も高いとIWANAが考えているのがヘレンドです。ヘレンドの緻密で優美な絵付けは600名のペインターと20名のマスターペインターによって今なお守られている。実はヘレンドはコピーメーカーなのです。というとイメージは悪くなるが、とても凄いコピーメーカーといっておこうか。ヨーロッパの貴族の館で使われる食器セットも形あるものの性として一つ割れ二つ割れしていく、しかし18世紀の王立窯で焼かれたような手の込んだ物を再現する技術は、そこいらのメーカーには無い。ヘレンドは完璧なコピーで、失われていたセットの、破損品の補充によって名声を得たメーカーなのです。

コレクションのこの品はウィーンのロスチャイルド家に納めたマイセン風のロスチャイルドバード、ヴィクトリア女王が亡くしたネックレスを小鳥が見つけた事から描き加えさせたというネックレスも緻密で見事。

Hr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

ブルックスBROMPTONロゴ入りレザーサドル

B1_5

俺たち団塊の世代の憧れの自転車といえば。親父の自転車を三角乗りしたりチョンチョン乗りしてた世代だもの、誰かが三段変速のギアが沢山ついたドロップハンドルの自転車を三角ベースをやってた公園に乗ってきたときは、まるでUFOが公園に舞い降りたような騒ぎだったぜ。そいつの自転車を皆で取り上げて、代わる代わる乗ってみたけれどサドルは高いはハンドルは変な位置だし乗りにくいったらありゃしない。ぺダル漕ぎながらギアをガチャガチャやるもんだからチェーンは外れる。どうしたら良いのか判らないし、悔しいからガキ大将が思いっきりガチャガチャやるもんだから持ち主のソイツは半べそで。なんとかソイツはチェーンを掛けて逃げるように帰っていったけど、そいつの後姿が眩しくて。クリスマスや正月の度に、何度、ドロップハンドル・サンダンヘンソクと呟いた事か。中学になっても結局はアニキのお下がりのスポーツ車、懐かしい響きだねスポーツ車。

というわけでトラウマな訳よね。何時かはピカピカの自分の三段変速ってやつが。スポーツ車といえば細いサドル。サドルといったら革、もちろん当時は普通は革だった訳だけど、競輪選手みたいに高い位置についた汗が滲んだような飴色の革のサドル。

IWANAのブロンプトンは、フォールディングバイクつまり、折りたたみ式という小市民的カテゴリーの物だけど、これに革のサドルの名門、イギリス・ブルックス社のブロンプトンのダブルネームのサドルが発売されているとなればIWANAはもう一目散な訳。これがトンデモナイ悲劇の始まりだったのです。

L1000191_1

イギリスのバーミンガムにあるBROOKSの設立は1866年、馬具作りまでさかのぼります。以後数々の傑作サドルを世に送り続けてきました。そして今日もイングランドの工場では本物の分かる世界の自転車乗りに向けて熟練した職人の丁寧な仕事が施されつづけています。

ピカピカのブロンプトン・別注のブルックス製革サドル付が届いて、初乗り開始から15分、痛いのです。自転車なんて久しぶり、こんなものかと思いつつ20分。こりゃヤバイかも。

二日目、跨いだだけで痛み。段差を乗り越える際には、ケツをうかして。

三日目、跨いだだけで激痛。家に帰ってサドルにオイルを摺りこむが改善なし。

四日目、ネットでブルックスにスプリング付の幅広の実用車用のものを手配。

という訳で、このサドルに慣れるのには二ヶ月を要したのです。スプリング付の幅広の実用車用のものでケツを慣らして。ケツを作ってようやくこのサドルに復帰できたのよ、でも、ケツさえ出来ればサドルは革です。それにこの銅の鋲がタマランのですよ。ブロンプトンにはブルックスだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

マイセン ブルーオニオン

 マイカップコレクション 3          Royal Porcelain Manufactory,Meissen ドイツ

ヨーロッパで始めて硬質白色磁器を焼き上げたのがドイツのマイセン。中国や日本の磁器が金よりも価値が高かった17世紀のヨーロッパでは各国が白磁を作るためしのぎを削っていた。18世紀はじめドイツのザクセンでアウグスト強王の命によりベットガーは白磁の焼成に成功する。マイセンの絵柄で最も有名なのが、このブルーオニオン。中国や日本の染付を真似たもの、ザクロの模様が誤解からオニオンと解されている、更に「寿」の文字がなにやら花の模様に解されている。誤解というやつは調べてみると、とても面白い。

ところで、この皿、妙に深くないですか?

気取ったアンティーク屋さんへ行くとコーヒーカップなんて言わずにC&S カップアンドソーサーなんて言うよね。

イギリスの研究家バーソードは、ソーサーの用途について、カップに茶葉を入れ湯をさし、ソーサーをかぶせて蓋とし、茶液が出来たらカップから上澄みをソーサーに注いで飲んだとしている。なぜそんな回りくどい方法でと思うが、初期のティー・ボールにハンドルがなかった事を考えると理解が出来る。カップにハンドルが付けられカップから直接お茶を飲むようになってソーサーが平らになっていったって。でもね、諸説色々あるみたい。

M

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

きっこ爆弾炸裂 こんな国なんか信じられるか!

きっこ「ぱぱさん」。

昨夜の段階では、マスコミは、きっこ爆弾を完全に無視したよね。夕刊の原稿の締めが11時だから11時の発表では新聞の夕刊には間に合わないのは分かるけれどテレビまで殆んど無視だよね。

もちろん事実ならば、アパグループのアパホテルも、あの温泉付きマンションも大変な事になるわけで、もちろんアベちゃんなんかも大変な事になるわけで、裏付けも取らずに迂闊に報道できないわけで、アバマンショップなんて関係ないところの株価が下がったりすることもあった訳だから慎重にならざるを得ないのだけど。

IWANAは、1018日は、今後 きっこのブログ爆弾炸裂記念日と呼ぶ事にしました。

多分、昨日のきっこのブログのアクセスは大変な事になったと思うよ。IWANAのこの拙いブログだって普段の四倍のアクセスだったもの。個人の発信した情報が、自立的に・ハッキリと・正確に、誰の手によって変えられることなく、瞬時に世の中に情報として定着したって事は始めての事であり画期的な事だよね。

昔からブラックジャーナリズムの情報が時として正確な物であっても無視されるという事はあったけれど、また2チャンネルの「ちくり」もあったけれど。

ブログというのは、2チャンネル的なものとは、明らかに違うよね。メディアとして新しい地平を切り開いたよね。通りすがりの落書きの掲示板と、個人の毎日の継続的な書き込みのブログでは信頼度はまるで違うものね。

マスコミというのは、ブログのように、素人の情報発信を本能的に嫌うけれど、そして対抗心すら持って無視しようとするところがあるけれど、今回は、マスコミが無視しても「きっこのブログ」が既にマスコミとして世の中に情報を定着させてしまった画期的な日だと思うのよね。

だから1018日は、きっこのブログ爆弾炸裂記念日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

きっこ「ぱぱさん」どうよ。

ぱぱさん すごいね 「きっこ爆弾」炸裂してしまったよ。

アパグループ と アベちゃん なんだって ?

名古屋の真ん中にも 温泉つきマンションやら ホテルあるよね。

きっこのブログ 早く読まないと消されてしまうかもね。

しかし グロテスクだね。アパのあの女もアベチャンも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨイトマケの唄

昨夜ひさしぶりにテレビで

ヨイトマケの唄を聴きました。

IWANAは、ヨイトマケの唄が好きです。

でも、これって恥ずかしくて他人に言えません。

カラオケで歌いたいのですが感情移入が激しすぎて歌えません。

福岡の教師によるイジメ事件、心底腹が立ちます。

アノ教師、アノ校長徹底的に糾弾すべきです。

でもね。

ヨイトマケの子、土方の子とイジメラレタ、ヨイトマケの子が

トーチャンの為ならエーンヤコラと綱を引く母の姿を見て

勉強するよと言って泣きながら学校へ帰っていく。

このくだりがIWANAはたまりません。

ネットのエロサイトを見ていると先生に相談する母親

それを囃し立てる教師。幼児化・・・親も先生も。

ヨイトマケの母なら

そんなモンばっかし見とったらチンチン切ってしまうぞ!!

で終わりじゃないの?

美しい国 日本は 着るものも 住まいも美しくなったけどココロは何処か貧しいよね。

ダカラ コイズミくんは みんなを貧しくして ココロを取り戻そうとしていたんだなって。

コイズミくんと、アベチャンの深謀遠慮に、心が痛い今朝のIWANAです。

みなさん如何お目覚めですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

十四代柿右衛門 岩牡丹文 珈琲碗皿

                        マイカップコレクション 2

ヨーロッパの陶器を調べ始めると、どうしても日本の柿右衛門に行き着く。マイセンもデルフトもチェルシーも柿右衛門の写し。となるとコレクションに柿右衛門を加えないわけにはいかない。

Sk14でもね、来客にクラウンダービーでコーヒーを出すと、ほとんどの客は驚くが柿右衛門では驚かない、これってどうよ。

家内が坊さんにイタズラで、柿右衛門でコーヒーを出したら裏印をシゲシゲと見ていったといって喜んでいた。さすが坊さんというべきか、さすが柿右衛門というべきか。

もちろん柿右衛門は日本の誇り、これが手描きをやめて転写なんて事になったらとんでもない文化の喪失だよね。でもね、妙に有難がったりするのは好きじゃない。KPMやらヘレンドと真っ向勝負する現代の柿右衛門様式も見たいよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

エンスーの一日

T

戦場ヶ原から中禅寺湖・東照宮と自慢のベンツでのクルージング、貴兄の口笛が聞こえてくるようです。草紅葉の見事な写真入りの手紙ありがとうございます。

昨日IWANAは、一日、「モーターフェスティバル コルモラーニ2006inぎふ」で遊びました。日本中からエンスーが集まるこの催しも今年で五年になります。今年は天候にも恵まれ、大きな芝生広場で旧車談義に花を咲かせました。オートジャンブル(蚤の市)も充実してとても良かったです。

車っていいよね。男と生まれて、車が語れない奴って、つまらない奴だよね。車って男にとって永遠の、「一分の一のプラモデル」だよね。

昔、IWANAの幼稚園は通園バスがあったのよね。田舎の岐阜じゃあ未だ此処だけだったのよ。バスの前は黒いオースチンかなんかで園長先生が運転して普通車に定員なんか無視して子供をいっぱい乗せて走ってたよ。時々エンストすると園長先生がバンパーの真ん中からクランク棒を差し込んで一生懸命クランクまわして、そうすると子供は皆オオハシャギで、そう言えばクランク? あれって何時ごろからなくなったんだっけ。

Cor6_1

今回も日本全国から色々な車が来てたけど、IWANAの好きなオースチンヒーリー、今年は見られなかったよ。ジネッタあれいいよね、あれならTさんのベンツより安いわけだからIWANAだってそれくらいの冒険したって良かったかもね。でも、乗り心地は最悪だろうね。アメリカの御馬鹿車だけどコルベットスチングレイなんて正直すごいよね。こんな馬鹿やるアメリカって好きだよね。フェラーリやらカウンタックに乗る奴って好きじゃないけど今年はイタリアの小さなバブルカーが来てなかったのが寂しかったね。こんな時、東京だったら堺マチャアキかなんかが洒落た小さなイタリア車でダツシュボードにホイヤーのラリー用の三連の時計なんかを付けて参加したりするんだよね。

今年は2000GT8台も集まって・・・。それに貴兄ごのみのメルツェデスもジャギュアも、

この世は極楽です。いや、この世は極楽の様です。車ってホントに好いよね。

Cor2_1

Cor1_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

ローヤルクラウンダービイ オールドイマリ

 マイカップコレクション 1   Royal Crown Derby  old imari イギリス

ローヤルとクラウンなどいう有難いタイトルを戴くイギリスの名窯。確かにヴィクトリア女王の御用達指名は戴いたのだけれどクラウンはただの登録社名のようである。日本の伊万里様式、とりわけ金襴手の豪華絢爛さが英国貴族の人気を呼んだ。伊万里風であり更紗ふうであり印度風でもある。

ローヤルクラウンダービイは特選陶器の代表として、永くデパートの特選売場にキラキラと輝くショーケースに入れて売られていた。IWANAが新入社員の当時は、ここのコーヒーカップ一客とIWANAの給料の手取りが同じくらいだったような記憶がある。

日本の伊万里の写しという事で少し我々の優越感をクスグル。ドレスデンの影響、日本の伊万里の影響、ローヤルクラウンダービーの歴史を遡るとヨーロッパの陶器の歴史が見えてくる。

Rcd_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

オールドノリタケコレクション 7 

オールドノリタケコレクション 

7

オールドノリタケでも、チープな感のあるアールデコは、好みの分かれるところです、しかし、オールドノリタケのブームは、アールデコから始まったようです。

欧州製品の模倣とその消化といった感のあるアールヌーボー期のノリタケに比べ、アールデコ期のノリタケはアールデコの流行をいち早くデザインに取り入れ商品化していきます。Deco_2

シンプルで平面的なデコのデザインは、工業生産に適し生産性が大いに改善されます。流行というのは常に大衆を巻き込んで進みます。しかし、大衆性は、それまでの「特別」なものと交換して実現されます。

ノリタケは、デコのチープさゆえ、ブランド戦略により数年でデコ物の生産を止めているが、ノリタケのデコがアメリカの御婦人の心を席捲したであろう事は容易に想像できます。

アメリカのオールドノリタケブームはアメリカに渡った日系の婦人から始まったようです。自らの境遇をデコレディに置き換えた、そんな心情を彼女らのコレクションに感じます。アールヌーボーはガレを代表とするナンシー派のガラス、アールデコはノリタケの陶器、言いすぎだろうか。デコの大衆性こそアールデコの本質なのだよ。

デコレディピンディッシュ

裏印 グリーン HAND PAINTED M-JAPAN

大正7年頃(1918) 米国輸出向け

IWANAのコレクションの最後を飾るのが、このデコレディ。数あるデコレディのうちでも、これ程の美人は見たことがない。手描きによる絵付けのため、同じデコレディでも個体差があるがこれは秀逸。モボだとかモガが銀ブラといったセピア色の写真を見たことがあるでしょう。大正から昭和初期の、母や父の時代の品。父さん・あんたの時代は良かったよ。

Kakurega_005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

オールドノリタケコレクション 6

人の心は移り気で、ある時まで熱狂的に持ち上げられていた物がストンと何処かに置き忘れられてしまう事がある。

若い頃、アールヌーボーの展覧会の為来日したパリ装飾美術館のキュレーターが、ホテルのバーでIWANAに、実は私はアールヌーボーが嫌いと打ち明けてくれた。

子供の頃には、家の中にこんな物がゴロゴロしていた。このクネクネした曲線、この病的な暗さが嫌いでしょうがなかったと。私は現代の日本のシンプルなデザインが好きと。

当時アールヌーボーに入れあげていたIWANAには少し興ざめであったけれど、あの時の彼女のウインクが何だったのかと今思う。そんなことも気が付かないくらい一所懸命だったのです若い頃のIWANAは。

今回は、ヌーボーでもなくデコでもない、派手なオールドノリタケのなかでは異質と思えるアイテム。地味ながら、吹き画付け・吹きぼかしという磁器の絵付け技術としては非常に高度な技術が使われている。磁器は高温で焼成するため植物顔料では色が飛んでしまう。鉱物顔料を使うが、鉱物により混じり合う事による変色や焼成による退行が生じる。焼成後、混じり合った発色が柔らか味を帯びていることが高度な暈しの条件。

吹き画付けマット薔薇絵花瓶

裏印 グリーン M-NIPPON(日本陶器時代の代表的な裏印)

明治43年頃(1910) 米国輸出向け

吹き画付け・吹きぼかしという日本の伝統的手法で描かれた、とても渋い花瓶。一重のバラが描かれている。地味ながらこの花瓶を見ているとお袋を思い出す。

N93_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

アメリカは北朝鮮を核爆撃する

アメリカはアイゼンハワー以来核兵器を持たない相手には核兵器を使わないという暗黙の原則を維持してきた。核を持たない日本に二発の原爆を投下した事はアメリカのトラウマであった。

021月ブッシュ大統領はアメリカのこれまでの基本戦略を一変して先制攻撃戦略を始めると発表し「核兵器を持っている相手に対しては核攻撃を行う」ことを明確にした。

金正日は核を持つ事で軍事的に一流国家になろうとしたが、これが誤算だった。核によってアメリカの爆撃目標となった。

032月アメリカ上院軍事委員会は小型の核爆弾を開発するための予算として1500万ドルを計上すると決めた。

イラク戦争の際、アメリカはバンカーバスターズと呼ばれる、地下30メートルを攻撃できる地下壕攻撃用の爆弾を投下したが、フセインをしとめる事はできなかった。

これに替わる物が小型核爆弾である。

ブッシュ政権の首脳は金正日が核兵器を開発しようとしている以上、アメリカは核兵器で金正日を攻撃する権利があると考えている。

イラク戦争が始まったとき金正日は金剛山の奥深く逃げ込んだらしい。

北朝鮮の金剛山系は、ミサイルや爆撃機の攻撃に立ちはだかる天然の要塞である。たとえ10トンクラスの超大型の爆弾を使ったとしても金正日をしとめる事は不可能である。

金正日が核を持った事で、核兵器で叩き潰すことに何の良心の呵責も感じない。

朝鮮半島には石油が有るわけでも金があるわけでもない、特別な資源などない。

アメリカの関心はテロリストを助ける北を叩くことだけである。アメリカからみると北朝鮮は大きな損害を覚悟してまで軍事行動を行う価値がない。

アメリカは朝鮮戦争で13万人の戦死者を出している。あんな事は、もうこりごりである。

効率よく戦う事は重要である。

イラク戦争後、グアムには巨大な爆撃機が集結して爆撃訓練を繰り返している。潜水艦基地が整備され最新型の原潜も配属されている。

グアムは北朝鮮を攻撃するアメリカにとってもっとも有利な場所にある。北朝鮮の首都ピョンヤンまでは4000キロ、超音速の爆撃機で四時間かかるが、アメリカの戦闘爆撃機の能力からみればそれほど難しくはない。北朝鮮のミサイルはグアムを攻撃する能力はない。

北朝鮮は国民総生産の三分の一を軍事費に当て地上軍100万予備軍700万を持ち、その75パーセントを38度線のすぐ北の地下深くに潜ませており戦車の総台数は3700台を超し。大砲は一万三千門以上がソウルに照準をあわせている。北朝鮮の軍事力をアメリカは恐れている。

韓国の現政権は反米政権である。02年に起きた大規模な基地反対運動では、ただの基地反対を越えて、ひたすらアメリカが嫌い、憎いという感情があふれていた。13万人の犠牲を出してアメリカが守った国であるにもかかわらず。

アメリカが北を攻撃したとき韓国民の怒りがアメリカに向かって爆発する恐れがある。在韓米軍は人質になる恐れがある。北と地上で戦うのは、家庭内の問題として韓国軍の役割である。

アメリカはすでに在韓米軍を縮小している。ラムズヘルドは在韓米軍を釜山近くまで引揚げ動きやすいようにしたいと述べた。

アメリカは在日米軍基地を使いたくないと考えている。北に対してアメリカが戦争とりわけ核攻撃を行った場合日本のマスコミは全力を挙げてアメリカ批判を強めるだろうと懸念している。

日高義樹氏は、「アメリカは北朝鮮を核爆撃する・その衝撃のシナリオ」徳間書店036月刊のなかでこう述べて、アメリカの北朝鮮爆撃を2005年夏以降としていた。幸いな事に時期は少し遅れた。しかし此処に書かれた全てが、今、現実のものとして我々の目の前で展開されようとしている。日高レポートの精度に驚くと同時に、其処に書かれた今後について、戦争を知らない、本当に戦争を知らない団塊のIWANAはただ愕然とするのみである。著作権を省みず抜粋したが、ここまではジャーナリストの事実のレポートであり三年も経過すれば許されると考える。しかし、その後についての日高氏の分析の転載は著作権を侵すと考えて遠慮したが、「金正日亡きあと、日本に本当の危機が訪れる」については、我々世代がツクヅク平和ボケであったと思わざるを得ない。是非、著作権を侵すことなく著書を購入の上、お考え戴きたいと思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

金剛山核攻撃。

きっこ「ぱぱさん」へ

今日はIWANAは、朝から、03年6月に出た

日高義樹の「アメリカは北朝鮮を核攻撃する」を読み直しています。

恐ろしいほど現実的です。Kim

目次は、こんなのです。

アメリカは核爆弾で金正日を爆撃する。

北朝鮮を爆撃する以外ない

なぜ金正日は核爆撃されるのか

アメリカの北朝鮮爆撃は何時始まるか

アメリカは在日米軍基地を使いたくない

アメリカ・ロシア・中国が共同で北朝鮮を占領する  という内容です。

朝鮮半島からおよそ4000キロ、超音速の爆撃機でピョンヤンまで四時間、南の島グアムは、今アメリカ軍で溢れているのだという。グアムのアンダーソン基地には、爆撃機や戦闘機が根こそぎあつめられ、南の端のアガナ基地には潜水艦隊の基地が作られている。

日高レポートは、ただのセンセーショナリズムとは違っているだけに、怖い物があります。

いよいよなれば「人生最後の快楽を」と思う、今日この頃です。写真は、昨日の名古屋・納屋橋です。

D_1 どなた様も、どんな事が起きても、堀川だけには飛び込まないで下さい。危険です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

きっこ「ぱぱさん」どうよ。

ついにやったよね。キムジョンイル。

朝鮮戦争を除けば、戦後初めて日本は、戦争の危険に直接さらされる訳だよね。

いよいよ、今日あたりは、アメリカの動きがはっきりしてくるよね。

IWANAは、今回はウッカリしてたよね、数年前ならこんな時はすぐ豪ドルか、カナダドルあたりを仕込むんだけど、このところすっかりご無沙汰で、もちろんソニーバンクのヘソクリはオールドノリタケに代わってしまったからなんだけどね。

どうよ、これって戦争の始まりだよね。

アメリカは、絶対、軍事力の行使を考えていると思うよ。もちろん、空爆かミサイル程度で、限定的なものだろうけどね。

北には石油も資源も無いからね、陸上で兵力を展開する意味はアメリカには無いよね。

北の軍事施設への空爆かミサイル攻撃。

これで、北はメルトダウン。地続きの中国は大変な混乱を直接抱え込み、ロシアにも足枷を掛けることが出来る、反米反日政権の韓国は完全に封殺される。アメリカにとって最高のシナリオだよね。

核が在るといって、無かった。イラクに比べれば、攻撃の正当化は遥かに容易だからね。中国には、良い踏み絵を踏ませる事になるよね。

アメリカへは、郵政民営化の300何兆円かの米国債購入で戦費提供スミだよね。ここで「きっこのブログ」の意味が、わかったんじゃない?

今日あたりは、日高レポートを聞きたいね。馬鹿でノー天気なマスコミは死の灰のシュミレーションなんかやってるけど、そんな次元じゃないよね。グアムの米軍基地あたり見張ったほうが面白いよね。

大変な事になったよね。

「きっこ」はなんて言ってるのよ。

今晩あたりどうよ。名古屋駅前の何時もの店で。

ドラゴンズ?  そんなのどうだっていいよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

オールドノリタケコレクション 5

第一次世界大戦による世界的好況とディナーウェアの本格生産の成功でノリタケは大正時代に一つのピークを迎えます。モールドシリーズは日本陶器発足時の中期製品群を代表するアイテム。石膏型に凹型に彫刻を施し、泥ショウを流し込んで作る。犬やら馬、インディアンの絵柄などに良い物があり海外のコレクターには人気のアイテム。でもIWANAには土産物屋のマグカップとオーバーラップして、どうもイタダケナイ。そのせいか、このアイテムの生産期間は1910年頃から1920年ごろまでと短い。英国向きのマルキ印の製品が少ないのを見ても、やはりアメリカ的というべきか。いささか装飾過剰であったノリタケが工業製品として色々なものを削ぎ落としていく過渡期のアイテムと言えないだろうか。

モールド ナッツボウル

裏印 グリーン HAND PAINTED M-JAPAN

大正7年頃(1918) 米国輸出向け

見込みに栗の絵柄がモールドで描かれた渋いボウル。手の込んだ形もナカナカお洒落。大正ロマンだよね。西洋の物まねの豪華さを脱皮し、渋みといった日本的なものと、アーリーアメリカンあるいはカントリースタイルといったテイストの融合と言ってはどうだろう。イーセンアーレンンのテーブルの上が見事にマッチする。

L1000041_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

ガーデニング三昧

IWANAの庭

薔薇は好きですか。

Iwana31

前述のヤコブセンはこうも語っています。

「私はバラには関心を抱いたことがない。とくにモダンローズは、けばけばしくて下品な花だと思う。」  でも、IWANAはバラが嫌いではありません。

現在のイングリッシュガーデンの源流となったウィリアム・ロビンソンの「野生庭園」の主張は「庭には観賞用園芸種ではなく、原種かそれに近い多年草を植えて自由に生育させよ」という事だった。品種改良されて大輪化した見栄えの良い花よりも野の花への愛着を提唱した。

「園芸上達術」の著者、キャサリン・ホワイト女史は「ピースローズを小さな花瓶に活けておくだけでグロテスク」とまで述べています。

イギリスを訪れるガーデナーに最も人気があるシシングハースト庭園。これを作り上げたニコルソン夫婦が、この世を去ったのは、IWANAが子供のころであるが(ナニモカンケイナイガ)、このニコルソン夫婦に対して歴史家ディヴィッド・キャナディンは「英国貴族の衰退と没落」のなかで、この夫婦こそ貴族気どりの俗物であり、庭園に植える植物にも、その気どりが現れていると痛烈に批判しています。

彼らは「ミドルクラスや都市住民の匂いが少しでも染み付いている花を情け容赦なく排除した。」たとえば「アザレアは植物のいわば新興住宅地住民であるために不適当」「シャクナゲはディナーにはぜったいお呼びしたくない肥満の株式仲買人」と。シシングハースト庭園の鼻持ちなら無い貴族趣味(しかし残念ながら彼等の出身はそうではなかった)を、こう非難しています。

しかしまあ、シシングハースト庭園の洗練は見事なものです。

でもね「ほら、私たちの趣味はあなた方より正しいのよ」と言っているようなキガスルのは、IWANAの出自のせいでしょうか。

美しいに、正しいか正しくないか、なんてね。

派手で下品でもバラは美しいし咲いたら楽しいのです。

女だってそうだぜ。 エリザベス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

ガーデニング三昧

IWANAの庭

「もし新しい人生が送れるなら、私は庭師になりたい」デンマークが生んだ世界的な家具デザイナー アルネ・ヤコブセンは終生そう語っていたという。

「庭園とは何か」という問いに、古来、賢者は、庭園とは「彼の世の楽土の、此の世における顕現」と答えています。IWANAもまた、日に何度か、其処に佇み、甘美な快楽に、夢と現を行き来しています。

IWANAの庭。

ヴィクトリアン庭園末期のロマンチシズム溢れるrustic work廃墟趣味の庭。

これ見よがしに見せ付けられるイギリスの貴族趣味・デカダンス。

お願いだから、こんなササヤカな、庶民の庭に、そんな大げさな悪口を言わないでほしい。

IWANAだって「虚飾を捨てよ、野に帰れ」と説いたウィリアム・ロビンソンの「野生庭園 ザ・ワイルド・ガーデン」を知らないわけではない。だから今、庭は、一人生えのムラサキツユクサが暴力的に蔓延っている。雨が降る日に良く咲くこの花が美しい。この小さな中庭に、羊歯だけでも六種類植わっている、これだってヴィクトリアン庭園の特徴なのだよ。

演歌の花道風に言えば。

浮世舞台の花道は表もあれば裏もある。でもね。アノ世は、あるかどうか分からないし、なにも持っては往けないのだよ、アノの世には。

ならばこそ、この世に花を咲かせましょう。土と光と水さえあれば極楽は出来るのだよ極楽は。ゴクラクゴクラク。

G2_7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

レビュートーメン クリケット1947

時計コレクション③    REVUE THOMMEN cricket1947

Wrc IWANAの時計コレクションのなかで。最もオーソドックスな時計が、このクリケット。太平洋戦争中のアメリカ大統領、トルーマンをはじめとして、歴代の合衆国大統領に愛用され続けた時計として有名。

女性がネクタイを見て男を品定めするように、IWANAは時計を見て相手を見定めます。これって結構、有効なのよね。時計って結構、人柄が出るのよね。

ギューシェ模様の刻まれたベゼル、クリーム色の文字盤と、ゴールドのインデックスと針が醸し出すクラシカルな雰囲気。人柄だよねオイラの。

じゃあ、コレクション②のド派手なビッグヘェイスはなんだってか? 

クリケットの最大の特徴は、クリケット=こおろぎ、つまりアラーム式時計。腕にしている時は、コオロギのように鳴くけれど、ベルトを緩めているとセミの様に鳴くのよね。これがオウムの事件の頃、地下鉄の中で突然アラームが鳴って自分も乗客も皆がビックリしたなんて事も。

手巻き式 17石。時計って本当にいいよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

がんばらない。

けなげで美しいという事。

たとえば あいだみつお風に言うと

厳寒の日本海の崖っぷちに咲く越前岬の水仙のことを

日本海から吹き付ける氷雨にも耐えて頑張って咲いている

水仙はケナゲで美しい。頑張る姿が美しいと。

でもね、それって勘違いだと思うよ。

水仙は、冬の日の厳しい環境が、最適だからそこで咲いているのだよ。

水仙にとって、常夏の南の島こそ、耐えて頑張らなきゃならない環境なんだよね。

野の花が美しいのは、頑張らないから美しいのだよ。

Fh 写真は、とりあえず水仙の写真は無いから、IWANAの庭の、日陰で頑張らずに咲いているホトトギスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールドノリタケコレクション 4

名古屋市東区の泉、テレビ塔から北東へ5分くらいのマンションの二階に「JOULE 」カフェコレクション ジュールというお店があります。もの凄いお店です。オールドノリタケファンなら気が遠くなりそうな膨大なオールドノリタケコレクションが展示されています。しかも何れも超美品をフルセットで揃えて展示されています。

オーナーの希望で、オーナーの名前は隠されていますが、オーナーは、この地方で成功した中古車情報誌・インターネット事業者のようです。

とても有難いことです。成功によって得た富をこうして社会に還元、いや還元はしてくれないまでも、こうして共有、いや共有しないまでも、感動のオスソワケをしてくれる。オーナーさんは誰か知らないけど、アンタハエライとIWANAは感動しきりでした。

でもね、あまりにビッシリ展示してあるので、まるでデパートの食器売り場で食事しているみたいなのですよね。テーブルもビッシリだから社員食堂みたいなんだよね、勿論、高級なのだけど、ウェートレスも、とてもキビキビしてて良いのだけど余裕がないのだよね。

IWANAは永年の職業柄、こういうのを見ると、何とかしてやりたいって思ってしまうのよね。

素晴らしい物を持った企業が一流になるには、ほんの少しの脱皮が必要なのよね。たとえば素晴らしいジュールが、もっと素晴らしくなる作業のなかから、本業そのものも一皮むけていく、これが社会貢献とか文化事業というヤツなんですなんて・・・。

ごめんごめん時々こういう理屈言う厭な客っているよね。

今度は、もう少し暇な時間に行ってユックリ楽しみたいと思う今日このごろです。

今日もまた、書きたいことばかりで前置きが長くなりましたがジュール、宝石を模したドットの盛り上げが豪華なジュールというアイテムの紹介です。

金盛りジュールカップ&ソーサー

トリオ

裏印 グリーン マルキ印 

明治41年頃(1908) 英国輸出向け

金盛りとジュールによる豪華なトリオ。これでもかこれでもかという豪華さの品。

N73

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

シチズン カンパノラ

シチズン カンパノラ

時計コレクション②   CITIZEN CAMPANOLA

数年前に高級時計がブームに成った時、ビッグフェイス・とてつもなく大きな時計が一つのキーワードになりました。それまでの時計の世界では、薄く小さくがステータスだったのですから天と地がひっくり返ったようなものです。これがフランク○○○だ! これが590万円の○○○&ソーネだ!とでも言うような。

IWANAはこれを「かまし時計」と呼んでいます。つまり、ブチカマシ。でもね、これってカナリ効果的ではあるのです。とりわけ夜のニキータには?

IWANAは、既に皆様お気づきの様に複雑時計が好きなのです。

Wc2_3 パーペチュアルカレンダーを内蔵したシチズン渾身の作。ダイアル上の8本の針で年・月・日・24時・12時・分・秒・曜日を表示します。

更に、1900年から2100年までの、カレンダー呼び出し機能が付いています。  ダカラナンダヨ? 

だから・・・つまり100年前のアノ日から94年後のソノ日まで正確な日付と曜日が表示できるのよ。   ソレガドウシタノ?

だからリュウズの上のボタンが末来で、下のボタンが過去のボタンなんだよ、これって凄くないかい!! ? ? ?

誰も分かってくれなくてもいいのです。複雑すぎて、シニアグラスの団塊男には、時間がさっぱり分からなくてもいいのです。普通の時計の二倍の重さでも良いのです。非実用的価値の究極を極めた、この時計が、IWANAは好きなのです。

「不合理ゆえに我愛す」と言ったのはブルトンだったか?

男だってそうだろ?  ニキータ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年10月 2日 (月)

オールドノリタケコレクション 3

この夏IWANAは、風神雷神のTシャツがお気に入りでした。ネットで京都の友禅の職人に注文したものです。これに合わせたのは、シュガーケーンのサトウキビで出来たビンテージ加工のジーンズ、染めは江戸藍。若い人のストリートの和柄の流行、本当の着こなしはガキじゃ無理って思うのよね。

前置きが相変わらず長くなってしまったけど、このドラゴンってどうよ。

ドラゴンってジャポニズム? シノワズリ? これで風神雷神のTシャツ着てコーヒー飲んでたら「小松の親分さん」が電線音頭踊りだしちゃうよなんてね。

でもね手にしてみると、これがナカナカ素晴らしいのよ。黒地の上の一陳盛りなんて技法は遣り直しのきかない方法なんだよね。結構なお値段だったけど後悔はない一品。

ドラゴン盛上げカップ&

ソーサー

裏印 グリーン M-NIPPON(日本陶器時代の代表的な裏印)

明治43年頃(1910) 米国輸出向け

N63 写真では、いささかゲテモノに思われたが、アメリカのコレクターとりわけ男性には人気のパターンなのだという。小生の美意識の圏外ではあるが手に入れてみると、これがなかなか良い。緻密な一陳盛り上げによる龍が素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

T様への手紙

暑かった夏が終わり、ジャケットが欲しい季節になりました。

夏の背広が、ようやく苦にならず着られる季節が来たと思ったら、衣替えだと言う。
合いの背広はまだ暑いよね。でも考えてみたら、背広なんて必要なくなったんだよね。

T様いかがお過ごしですか。

あれから既に一年以上の月日が流れました。

少しばかり他人より多く戴いたものも、砂時計のごとく下に落ちていきます。

今、僕は、つるべ落としの団塊の夕暮れに佇み、オーティスレディングのドックオブザベイを聴きながら、アノ、二十歳の頃のメランコリーと同じ気分を楽しんでいます。

このところの、君のメールの短さが気になります。

「今、銀座を歩いています。面白いことなんて何にも無いです。」なんて。

だめだよTさん、世の中にはこんなに面白いことに溢れて、まして銀座などには、地方から押し寄せた美しい御婦人も溢れているし、少し裏道に入れば気の利いた店だって沢山あるよね・・。

だけど、そろそろ俺たちも、本当の衣替えが必要なのかも知れないね。

俺なんかは、こう決めたのよ。

「好きな事だけさせていただきます。それだけで生きてみます。」って。

捨てていたこと拾いながら、忘れていたこと思い出しながら、
あの日以来の、自分探しの・・・ブログ。こうして始めたのよ。

なんか始めろよ Tさん !            

岐阜の今朝は、今にも雨が降り出しそうな曇り空です。     IWANA

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »