2021年4月 1日 (木)

戦場のマリア像  French catholic copper pocket shrine.

 

20世紀は戦争の世紀だった

Ww1

第一次世界大戦(1914-1918)は史上最大の犠牲者(1600万人)をだし 

第二次世界大戦(1939-1945)はヨーロッパのみならずアジア太平洋を戦場として人類史上最大規模の戦争となった


Dsc09296


Religious antique French catholic copper pocket shrine chapel relic altar for travelers with statue of Holy Virgin Mary.


Dsc09279


さて この携帯用のマリア像 “Porta-Saints”とも呼ばれる 

大人の小指ほどの小さな物で

フランスの兵隊が戦地に赴く際にポケットに忍ばせたものだという

悲しいよね

Dsc09284

 

戦争に神のご加護のありやなしや


Ww2

 

| | コメント (0)

2021年3月 4日 (木)

ロシア イコン キリスト像のイースターエッグ。

イースター 復活祭はキリスト教最大の祭りだが

Dsc09219


復活祭は 十字架の上で死んだキリストが3日後に復活し 弟子たちの前に現れたことを祝い

特別な礼拝が行われる 春分の日の後の最初の満月の次の日曜

2021年のイースターは 四月四日

 

Dsc09233

 

イースターになぜ卵なのか 

ウサギもイースターのキャラクターだが この辺はウィキペディアにまかせるとして

Dsc09242

 

ロシア正教も偶像崇拝を禁止していて「立体像」はいけない

しかし イコンのように絵画なら許される 

イースターエッグのキリスト像 球体に描かれてはいるが絵ということでロシア正教的にはセーフのようだ



Dsc09240

| | コメント (0)

2021年3月 1日 (月)

Antique French vintage wooden standing crucifix. 十字架のキリスト像。

さて 宗教は おおかたインチキだが

ユダヤ教もキリスト教もイスラムも源流は同じで

同じ神様を拝んでいるわけで

Dsc09187

キリストも元はユダヤ教の牧師で マホメットはキリスト教の牧師だったワケだが

それで戦争をしたり2000年も争ったりしているわけで

つくづく宗教というのは厄介なものだ

 

宗教が インチキとか詐欺とかという事より

人々が どういうスタイルで救済を求めて

何に依って慰められ 救われたかという事を絵画や道具によって確かめていきたいというのが

このところの老人の関心事だ


Dsc09195
Antique wooden crucifix with metal Christ and INRI plaque, small skull and cross bones.
The wood has been ebonized black and the ends are finished of with bone beads.
木製の十字架のキリスト像 ナポレオン三世期のスタイルだが20世紀初頭の物だろう
 

マリア信仰というのは キリスト教の在り方としては邪道だと書いたが

もちろん キリスト像を拝むという行為も

偶像崇拝を禁じたユダヤ教を受け継いでキリスト教でも本来は禁じているわけで

今も厳格に偶像崇拝の禁止を守っているのはイスラムだが

ついでに言えば仏教だって本来は偶像崇拝を禁じていて 仏像などと言うのはあってはならないものなんだ


Dsc09196


とはいえ人々が文字も読めない 本もない時代に宗教を広めるためには

絵や偶像が大きな力となったことは間違いないワケで

 

まあ 堅いことは言わないで 老人は拝んでいるわけだが

70年代風に云えば 共同幻想としての宗教を事物を通して追体験するという事だな。 ナンチャッテ

| | コメント (0)

2021年2月 3日 (水)

寝室の聖母子像 マリア信仰と無原罪の御宿り。

ルネサンス絵画から 聖母子像と受胎告知というテーマを除いたら何が残るの?というくらいで

キリスト教にとってマリア信仰はごく当たり前の事だと思っていたが これは間違いのようだ。

Dsc09181



このところ 老人はすっかり寝室をルネサンスで

カトリック風にして楽しんでいるが

あくまでナンチャッテクリスチャンで

キリスト教的教養なんてない。



Dsc09177_20210131210801


先日「キリストの変容」をメインにまとめた私のベッドの上に 荊冠(けいかん)

のキリスト像の石膏メダルを追加したらとても良かったから

マリア様の「無原罪の御宿り」をメインにしているもう一つのベッドに「聖母子像」のメアシャム(海泡石)のレリーフを追加してバランスをとった。


Dsc09175



老人の立ち位置としてはプロテスタントだが アートとしてはカトリックのほうが楽しいかなという 

なんともミーハーなファッションクリスチャン。



Dsc09178



あいかわらず 前置きがながくなったが 

今日の本題は「マリア信仰」と「処女懐胎」

プロテスタントではマリア信仰を否定している。 

カトリックの中にもマリア崇拝を禁じている派もある

 


Dsc09151

キリストが偉いからと言ってマリア様が偉いワケではない

キリストの母として尊敬はしても崇拝するのは間違いだとプロテスタントではマリア信仰を否定している。

 


Dsc09174


そして 無原罪の御宿り・処女懐胎などというのは聖書のどこにも書かれてはいない

そんなものは神話のようなものでバカげているとプロテスタントは断じている。

もちろんカトリックの中にもばかげているとするセクトもある。

 

 

そりゃそうだ 当たり前だよな。

 

 

| | コメント (0)

2021年1月30日 (土)

プラハの 幼子イエス像。

Dsc09149


さて、チェコの首都プラハの 「勝利の聖母マリア教会」の 幼子イエス像。

ドイツの人口の20%が犠牲になったといわれる30年戦争(1618-1648)は

 カトリックとプロテスタントの対立 ハプスブルグ家とブルボン朝フランスとの対立 人類史上もっとも破壊的な宗教戦争だった。

台頭してきたプロテスタント プラハは東欧のカトリック最後の砦だった。



Dsc09122


幼子イエス像は 1628年にカトリック側のスペインの貴族が寄贈した像だが

ペストの大流行や プロテスタントとの戦争からプラハを守った奇跡の像として信仰を集め

世界中にその像を祀る教会が建てられているのだそうだ。


Dsc09132


Vintage Infant Jesus of Prague Celluloid Figurine Statue Religious Catholic Italy

セルロイド製でイタリアの刻印 20年代30年代というところか。

 

なんとかコロナが収まりますように

Dsc09117

| | コメント (0)

2021年1月 3日 (日)

ルルドの奇跡 プラスチックのトリプティック。


Dsc09069_20210110223501

ウソだとか本当だとか野暮なことは言わずに

そういう事に軽く乗ってみたり 楽しんでみたりするのもイイかもしれない

 というワケで 

フランスは「ルルドの泉」のトリプティック


Dsc09071_20210110223401

「ルルドの奇跡」のコトはウィキペディアしていただくとして

フランスカトリックの聖地ルルドは年間六百万人もの巡礼者や観光客が訪れるという観光地でもある

土産物屋も多く マリア像やカトリックの記念品が沢山売られている

Dsc09097_20210110230901

Portable Shrine, Triptych, Lourdes Souvenir, French, Circa 1950

 

ミッドセンチュリーの物だろう

プラスチックは偽物の代名詞でもあったが

エボナイトやらセルロイド プラスチックの初期の物は見つけたら手に入れることにしている

20世紀はプラスチックの時代だった

 

Dsc09073


去年は色々とあったけれど

それらの全てを アンティーク蒐集とインテリアに昇華させてきた

「古い苦悩は新しい希望によって押し流される」渋沢栄一の言葉だが

こんな事で なんとかやり過ごすことが出来たような気がする


 

Dsc09091_20210110224001


コロナが明けて

笑ってこれらを眺めることができる日が来ますように




| | コメント (0)

2020年12月16日 (水)

2020年のアンティークコレクター的総括。

ほんとうに 神様がいるのなら こんな事にはならないと思うが

こんな事になると 「神様 !」なんて祈ってしまうわけで

宗教というのは 不安ビジネスの無限ループなんだな。

 

Dsc09014


こんな事を人類は何度も経験してきたわけだが

それでも神様は相変わらず神様でいられるワケで

人間が弱いのか 神様が途方もないのか。

 

Dsc09017

 

さて、カソリックの国フランスはレリジャスアンティークの宝庫でもある。

今年最後のアンティーク いや私の最後のアンティークとしたいが

パイプの素材として最高とされる海泡石・メアシャムのキリストのレリーフ。

 

Dsc09034


Religious antique French copper relic shrine reliquaire Meerschaum medal of Holy Christ Our Lord.

メアシャムのレリーフは、ペンダントヘッドやプラーク が多いが、これはコンベックスガラスに真鍮のフレームのメダル。



Dsc09054



 

寝室が ルネッサンス絵画とレリジャスアンティークで小さなシュラインと化した。

コンピュータとネットで生まれた、古希老人の王国です。そういえば今日で古希とはお別れだが。

 

 

Dsc09051

 

色々と大変な2020年でしたが 祈りながらの年の暮れです。

来年こそは・・・。

そして郡上おどりができますように。

 

Dsc09065

 

| | コメント (0)

2020年12月 4日 (金)

スピリチュアルな師走。コロナの沈静化を願ってレリジャスなアンティークのコレクション。

行きつくところが其処かよと言われそうだが

Dsc08984

 

人間は万能ではないし 命も永遠ではないわけで

すこしばかり反省したり 祈ったりの 老人の今日この頃だが

spirituaiity(霊的)な気分で

このところ Riligious(宗教的な) antiqueにばかり目がいく

 

まずは 前回の

Italian Florentine Triptych Madonna with Two Guardian Angels.

Dsc08969

 

フローレンスのTriptych Icom(トリプティック) 三連の祭壇画

画家はフィリッポ・リッピ。

我が家のフローレンスのチェストと同じ色の塗装で、チェストが祭壇化した。

 

 

そして Vintage Bronze Greek Icon Virgin Mary and Jesus. 

ギリシャの聖母子像のIcon

Dsc08929

ギリシア正教やロシア正教のイコンは面白い。

イコンはコンピュータのアイコンの語源。

教会の東西分裂では東側はイスラムの影響で偶像崇拝を否定したはずだが 信者獲得のツールとしてこういうモノは欠かせないという現場の声で 立体像はいけないが平面の物ならと許したのだという。千年も前の話だが。

ギリシャ正教はユリウス暦だからクリスマスは一月七日だそうだ。

 

 

めずらしいアールデコスタイルの

Art Deco Domed Glass Sacred Heart of Jesus Devotional Icon.

 Dsc08994

カナダから来たが 真鍮のアールデコスタイルのスタンドが アールデコのコレクターでもある老人的にはとてもグッドテイストだ。

ディヴォショナル(礼拝 信仰)ツールの定番。



今年初め 中国のコロナ隠蔽の事をブログに書いた頃手に入れたイタリアのマジョリカ焼きの皿。

大変なコトになるなと思っていたが、これ程になるとは。

老人は既に神頼みの態勢にあったのだな。


Dsc08930_20201125232701
 

Antique Italian hand painted majolica plate with a fisherman, putti and mascarons Tondino Traditional pottery Artisanal ceramics.
キリストの一番弟子ペテロをはじめ、
12使徒のうち4人がガリラヤ湖の漁師。

魚はキリストのアイコンでもある。

 

 

そして ハイライトは

Religious antique silvered catholic French triptych chapel travel icon altar of Holy Virgin Mary of Lourdes.

Dsc08924

手のひらに乗るshrine(聖堂)で モバイルな altar(祭壇)  オラトリ―(祈祷室)。 

フランス 1910年代。

Dsc08923

祀られているのは「ルルドの奇跡」

あらゆる病気を治癒するという フランス カトリックの聖地 

ルルドの泉の聖母マリア。

Dsc08926

コロナの沈静を願って。

合掌 礼拝

 

 

あいかわらずの無駄遣いで恐縮


Dsc09009

 

神様が本当におはしますなら、
一度お会いしてじっくりとお話ししたい今日この頃です。

| | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

Religious antique。(宗教的な)

 

さて、イタリアのフローレンスの

トリプティック 三連の祭壇画。

 ボッティチェリの親方フィリッポ・リッピのマリア像。


Dsc08971

我が家に昔からあるフローレンスの金彩のチェストと同じ塗装だ。


これからクリスマス・新年に向けて、

老人の寝室を、ひたすらスピリッチュアル(霊的)でレリジャス(宗教的)に盛上げていくつもりだ、

まったくコロナというヤツは。


Dsc08938_20201128190001

老人の立ち位置は、左側で 唯物論者であり 

宗教は詐欺でありアヘンであるというグループだが、

こういうモノは嫌いではないし、それでいいと思っている。

 

Dsc08958



メメントモリ

何度も言うが、寝室こそは、理想の死の場所であり、私の祭壇であるのだ。

ナンチャッテ。

 

| | コメント (0)

2020年10月22日 (木)

コロナの夏の置き土産。

Dsc08904




家じゅうがこれだもの、

潮時だな。 


Dsc08918

| | コメント (2)

2020年10月14日 (水)

蝶の翅のブリキのアンティークフォトフレーム。


Dsc08903



ブリキをプレスして打ち抜いた繊細なフォトフレーム。

針金細工のようだがどう見ても一枚のブリキで出来ている。
あまりに儚いつくりだから何ヶ所か切れている。

イギリスから来たが。
いかにもベルエポックでエドワーディアンだ。

Dsc08896

| | コメント (0)

2020年10月13日 (火)

アールヌーボー・ユーゲントシュティルの木彫のフォトフレーム。

 

Dsc08888

 

さて、アールヌーボーの木彫のフォトフレーム。

チェコから来たから、ユーゲントシュティルというべきか。

ヨーロッパの奥座敷・東欧のチェコらしい素朴さが良い。

19世紀末か20世紀初頭。

経年劣化も割れもあるが、上手に生き延びて歴史の味を出している。

百均のフレームも良いが

古希老人としては、新しい物はしっくりと来ない。

たとえ貧の物でも百年もの時間を経てきたものには味かある。

 

チェコだもの、栄華も戦争も民族紛争も革命も

この額には全部沁み込んでいるのだな。

 

Dsc08893


我が家のミュシャの絵をカフカなお父さんがユーゲントシュティルの額に飾りスメタナを聴く秋の夜長。 なんちゃって

| | コメント (0)

2020年9月23日 (水)

秘密の PORTRAIT GALLERY オープン。

Img_0566


さて、秘密のギャラリーのオープンです

コレクションルームの十年ぶりのリニューアルです

Img_0568


我が家の画伯のポートレイトと

老人が集めたアンティークフォトフレームとのコラボレーション

ガラスが間に合わずビニールのままの絵もありますが (笑)



Img_0567

少しやりすぎくらいが 我が家の流儀です

 

 

 

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

第三の人生はアートディレクター。

Img_0492-3_20200830215001



このところ 我が家の画伯のイラストをアンティークフレームに入れて遊んでいる
アートディレクター気分だ

Dsc08743




この秋には 秘密のギャラリーをオープンさせるつもりだ
アンティークフレームの面白いものが集まりつつある


Dsc08793_20200905061401



インダストリアルなインテリアがネオゴシックになりつつあり 

すこしバニラの香りが加わって


Dsc08792



結構おもしろくなりそうだ 
お父さんは なんちゃってだが 娘は本物だった 笑

Dsc08791

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

コロナの夏。

3_20200826081001

2020の夏は あまりにも過酷な夏でした
それまでのあらゆるものが強制終了させられたような夏でした
とりわけコロナの第二波の衝撃は 
終わりなし出口なしの宣告を受けたようなもので
季節が変われば状況もかわると思われたものが
年が変わっても当分はつづき
当分というのは楽観的に見ても数年のことだと思われるが
とはいえ 医学がこれほど進んでいなかった昔も
沢山の犠牲をはらいながらも社会は続いてきたわけで
みんなが崖っぷちに立たされて気が付くものもあるわけで
こんな時こそ家族や人の暖かさを感じられることもあって
この過酷な状況のなかで
気がついたものや 見つけたものを育てながら
もう一度 やり直してみるのは どうだろうか


もちろん それどころではないという人もたくさんいることも承知しているが



画像はネットの拾い物です。

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

暑中お見舞い申し上げます。



Dsc08688


さて、老人がブログを一か月も放置するなんてコトは、大変めずらしいことで、入院かそれとも向こう岸へ渡ってしまったのではないかと、誰も心配などしてはいないと思うが、このところ掃除を頑張りすぎたり、ベランダの防水工事をDIYしてみたりで腰を痛めて接骨院に通ったりで
古希老人相応の今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


近頃は、コロナの第二波ということで、いよいよ大変なことになってはいますが、夜明け前が一番暗いというたとえ通りならば、もうすぐ夜明けがくるかもしれないわけで、なんとか皆で耐えて夜明けを迎えたいものです。


すでに引退した老人が、安易に楽観論を言ってみたり、いたずらに悲観論を述べて見たりしても、あちらこちらから非難を浴びそうなくらいヒドイ状況だから、アンティークの事など語れる状況ではないけれど、ワタクシがワタクシであるためには、必要なことであって、あいかわらずのチャラチャラした写真で恐縮。

不思議な事に、老人がブログを書いても書かなくても、ブログへのアクセスは変わらないのが笑えるが、毎年この時期は郡上おどりの毎日だったのがウソのようで、あれこそが極楽であったのだな。


まあ、そんなこんなで、ナントカ生きています。
みなさんも、なんとか生き延びてください。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

令和二年 郡上おどり発祥祭。 オンライン飲み会とリモート盆踊り。

Dsc08632

コロナの騒動で東京住まいの娘にラインを教えてもらって以来、老人はラインに嵌まっていて、昨夜も大学時代の仲間とオンライン飲み会を楽しんだ。


まさか古希を過ぎた老人がオンラインで飲み会をする時代が来るとは、まさに古来まれな出来事だが、
このオンライン飲み会、楽で、よく話が出来て、お互いの表情もよく伝わってとても面白い。


それぞれ自宅からなのでお酒もすすんで楽しく酔ってしまう。
この一か月に三回も開催することとなった。


Photo_20200711073701

さて、七月の第二土曜日の今夜は、奥美濃に盆踊りの夏の到来を告げる「郡上おどり発祥祭」
残念ながら今年は、現地に集まって踊れる状況にはないが、神事やお囃子、保存会のみなさんの踊りがネットでライブ配信されるようで楽しみだ。

711



更に、来週からは、ネットで自宅から参加できるリモート郡上おどりが始まるという。


749


恥ずかしながら老人も、App storeでZoomをダウンロードして準備が出来たので、申し込んでみた。
人数制限があって抽選があるので必ずしも参加できるわけではないが面白いことになりそうだ。
面白い時代になったよね。



今夜は、ブルートゥースのアンプでライブ配信の郡上節を爆音で流しながら、一人踊るかな。


こういう事を町内のスタッフでやってしまう郡上八幡って凄いよね。面白い街だね。

| | コメント (2)

2020年7月 1日 (水)

アールデコのアンティークフォトフレーム。

Dsc08266_20200629210001

老人の寝室の枕元のギャラリー メメント・モリの

足元の方にもアールデコのコーナーが出来た。

Dsc08601

 

先日購入したアールデコのアイヴォリンのフレームがとても気に入って

Dsc08630


チープなセルロイドのフレームで、興味ない人にはなんだこんなものというような物だが、


Dsc08616

いかにも20世紀的で時代があって

当コレクションのフラッパーガールのフィギュアとあわせて当時のフラッパーの写真を展示する為、もう1点アイヴォリンのフレームを手に入れた。


Dsc08588
Louise Brooks
 

アイヴォリンに加え、ガラスフレームを2点追加したが、とても面白い。

レトロでハイセンスでお気に入りだ。


Dsc08614

旧来のアンティーク屋さん巡りでは手に入れられないモノだな。

チープでシャビーだけれどアールデコのアンティークとしてワタクシ的にはかなり上位にある。

Dsc08627


他にも市松模様のフレームやロンドンのリヴァティ百貨店のフレームなど、

いかにもアールデコで、時代の臭いがプンプンとする面白い物が集まった。


Dsc08606




コロナ待機で加速された老人の “おうち美術館” 「メメント・モリ」計画 だいぶ出来上がりました。


Dsc08597

Lucy Doraine

でも、こんな時にアンティークかよ、という状況もあってね、

アンティークはしばらくお休みします。

 

 

 

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

令和二年の「郡上おどり」はネットで。

今朝の岐阜新聞に郡上おどりの記事が写真入りで大きく出ていた。

Dsc08547_20200622115301



郡上おどりの音頭取りの大御所・後藤直弘さんの新しい動画がYouTubeで見られるという。


コロナで今年の郡上おどりの中止が発表されて、いち早くゴンタ商会@の吉村氏がツィッターでマルチな動画をアップしてくれたが、
大御所も負けてはいられない。
「まさか屋形に上がらない夏が来るなんて」と記事のなかで後藤さんも嘆いておられるが、
踊り助平の誰もが
「まさか郡上おどりが踊れない夏が来るなんて」と嘆いているワケで、老人もさっそくYouTubeにアクセスした。
6221

https://www.youtube.com/watch?v=JTm7mBWM4oE

郡上おどり 動画で検索しただけでは出てこないが、一か月のフィルターをかけると出てくる。



こうなると、是非! 郡上下駄のブランド・野田政こと、もう一人の大御所・野田政廣さんの郡上節も聴きたいし、
スケベのナントカさんの音頭も聴きたいな。
なにより、踊り部の「お姉さま方」の今年のお姿も見てみたいな。 
釣り名人のアノ方の浴衣姿の「鮎かけ」なんてのも見てみたい。

岐阜新聞は、「紙上・郡上おどり」とか「踊り助平は今」なんて特集を組んでくれないかな。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

梅雨の晴れ間に岐阜・加納の和傘とアールデコのことを。

Dsc08541


さて、去年の今頃は、老人が住む、岐阜市加納の和傘が、

1920~30年ころのスタイル モダンガールとかフラッパーと言われる

アールデコの重要なファッションアイテムであったという事を何度も書いたが、

和傘は唐傘(からかさ)とも言って、当然、唐つまり中国から入ってきたりアジアの各地で作られていたから、

アールデコ期のペーパーパラソルが全て日本の和傘であるとか加納の和傘とは言えないが、

日本の和傘が中心的位置にあったことは間違いなく

当時の写真の説明にもジャパニーズスタイルとあるから間違いはないと思う。

1920


ネットで面白いサイトを見つけた
イギリスの、ペーパーパラソルを販売しているサイトだ。

3_20200617080401
https://www.oriental-umbrellas.com/

アジア各地のペーパーパラソルが売られているサイトで、各地の傘の解説もある。
もちろん、日本の和傘も最も質の高い物として紹介されている。


タイの観光局のサイトにはトップにこんな写真がある。

Photo_20200617080402

タイの古都チェンマイの傘づくりの風景だ。

| | コメント (0)

«アナキストでシュールレアリスム。