2020年8月 9日 (日)

暑中お見舞い申し上げます。



Dsc08688


さて、老人がブログを一か月も放置するなんてコトは、大変めずらしいことで、入院かそれとも向こう岸へ渡ってしまったのではないかと、誰も心配などしてはいないと思うが、このところ掃除を頑張りすぎたり、ベランダの防水工事をDIYしてみたりで腰を痛めて接骨院に通ったりで
古希老人相応の今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


近頃は、コロナの第二波ということで、いよいよ大変なことになってはいますが、夜明け前が一番暗いというたとえ通りならば、もうすぐ夜明けがくるかもしれないわけで、なんとか皆で耐えて夜明けを迎えたいものです。


すでに引退した老人が、安易に楽観論を言ってみたり、いたずらに悲観論を述べて見たりしても、あちらこちらから非難を浴びそうなくらいヒドイ状況だから、アンティークの事など語れる状況ではないけれど、ワタクシがワタクシであるためには、必要なことであって、あいかわらずのチャラチャラした写真で恐縮。

不思議な事に、老人がブログを書いても書かなくても、ブログへのアクセスは変わらないのが笑えるが、毎年この時期は郡上おどりの毎日だったのがウソのようで、あれこそが極楽であったのだな。


まあ、そんなこんなで、ナントカ生きています。
みなさんも、なんとか生き延びてください。

| | コメント (0)

2020年7月11日 (土)

令和二年 郡上おどり発祥祭。 オンライン飲み会とリモート盆踊り。

Dsc08632

コロナの騒動で東京住まいの娘にラインを教えてもらって以来、老人はラインに嵌まっていて、昨夜も大学時代の仲間とオンライン飲み会を楽しんだ。


まさか古希を過ぎた老人がオンラインで飲み会をする時代が来るとは、まさに古来まれな出来事だが、
このオンライン飲み会、楽で、よく話が出来て、お互いの表情もよく伝わってとても面白い。


それぞれ自宅からなのでお酒もすすんで楽しく酔ってしまう。
この一か月に三回も開催することとなった。


Photo_20200711073701

さて、七月の第二土曜日の今夜は、奥美濃に盆踊りの夏の到来を告げる「郡上おどり発祥祭」
残念ながら今年は、現地に集まって踊れる状況にはないが、神事やお囃子、保存会のみなさんの踊りがネットでライブ配信されるようで楽しみだ。

711



更に、来週からは、ネットで自宅から参加できるリモート郡上おどりが始まるという。


749


恥ずかしながら老人も、App storeでZoomをダウンロードして準備が出来たので、申し込んでみた。
人数制限があって抽選があるので必ずしも参加できるわけではないが面白いことになりそうだ。
面白い時代になったよね。



今夜は、ブルートゥースのアンプでライブ配信の郡上節を爆音で流しながら、一人踊るかな。


こういう事を町内のスタッフでやってしまう郡上八幡って凄いよね。面白い街だね。

| | コメント (2)

2020年7月 1日 (水)

アールデコのアンティークフォトフレーム。

Dsc08266_20200629210001

老人の寝室の枕元のギャラリー メメント・モリの

足元の方にもアールデコのコーナーが出来た。

Dsc08601

 

先日購入したアールデコのアイヴォリンのフレームがとても気に入って

Dsc08630


チープなセルロイドのフレームで、興味ない人にはなんだこんなものというような物だが、


Dsc08616

いかにも20世紀的で時代があって

当コレクションのフラッパーガールのフィギュアとあわせて当時のフラッパーの写真を展示する為、もう1点アイヴォリンのフレームを手に入れた。


Dsc08588
Louise Brooks
 

アイヴォリンに加え、ガラスフレームを2点追加したが、とても面白い。

レトロでハイセンスでお気に入りだ。


Dsc08614

旧来のアンティーク屋さん巡りでは手に入れられないモノだな。

チープでシャビーだけれどアールデコのアンティークとしてワタクシ的にはかなり上位にある。

Dsc08627


他にも市松模様のフレームやロンドンのリヴァティ百貨店のフレームなど、

いかにもアールデコで、時代の臭いがプンプンとする面白い物が集まった。


Dsc08606




コロナ待機で加速された老人の “おうち美術館” 「メメント・モリ」計画 だいぶ出来上がりました。


Dsc08597

Lucy Doraine

でも、こんな時にアンティークかよ、という状況もあってね、

アンティークはしばらくお休みします。

 

 

 

| | コメント (2)

2020年6月22日 (月)

令和二年の「郡上おどり」はネットで。

今朝の岐阜新聞に郡上おどりの記事が写真入りで大きく出ていた。

Dsc08547_20200622115301



郡上おどりの音頭取りの大御所・後藤直弘さんの新しい動画がYouTubeで見られるという。


コロナで今年の郡上おどりの中止が発表されて、いち早くゴンタ商会@の吉村氏がツィッターでマルチな動画をアップしてくれたが、
大御所も負けてはいられない。
「まさか屋形に上がらない夏が来るなんて」と記事のなかで後藤さんも嘆いておられるが、
踊り助平の誰もが
「まさか郡上おどりが踊れない夏が来るなんて」と嘆いているワケで、老人もさっそくYouTubeにアクセスした。
6221

https://www.youtube.com/watch?v=JTm7mBWM4oE

郡上おどり 動画で検索しただけでは出てこないが、一か月のフィルターをかけると出てくる。



こうなると、是非! 郡上下駄のブランド・野田政こと、もう一人の大御所・野田政廣さんの郡上節も聴きたいし、
スケベのナントカさんの音頭も聴きたいな。
なにより、踊り部の「お姉さま方」の今年のお姿も見てみたいな。 
釣り名人のアノ方の浴衣姿の「鮎かけ」なんてのも見てみたい。

岐阜新聞は、「紙上・郡上おどり」とか「踊り助平は今」なんて特集を組んでくれないかな。

| | コメント (0)

2020年6月17日 (水)

梅雨の晴れ間に岐阜・加納の和傘とアールデコのことを。

Dsc08541


さて、去年の今頃は、老人が住む、岐阜市加納の和傘が、

1920~30年ころのスタイル モダンガールとかフラッパーと言われる

アールデコの重要なファッションアイテムであったという事を何度も書いたが、

和傘は唐傘(からかさ)とも言って、当然、唐つまり中国から入ってきたりアジアの各地で作られていたから、

アールデコ期のペーパーパラソルが全て日本の和傘であるとか加納の和傘とは言えないが、

日本の和傘が中心的位置にあったことは間違いなく

当時の写真の説明にもジャパニーズスタイルとあるから間違いはないと思う。

1920


ネットで面白いサイトを見つけた
イギリスの、ペーパーパラソルを販売しているサイトだ。

3_20200617080401
https://www.oriental-umbrellas.com/

アジア各地のペーパーパラソルが売られているサイトで、各地の傘の解説もある。
もちろん、日本の和傘も最も質の高い物として紹介されている。


タイの観光局のサイトにはトップにこんな写真がある。

Photo_20200617080402

タイの古都チェンマイの傘づくりの風景だ。

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

アナキストでシュールレアリスム。


パルタイのフォークダンスにウンザリして

黒いタートルネックに細いパンツを穿いたりして

アナキストだと言ってみたり

18


ブルトンを読んで

ほとんど読み込めていないけれどシュールレアリスムだと言ってみたりした若い日のコトを

すこし恥じて


Anita-page


この年になって読み返してみてもやはり難解で

難解というより

インチキ臭くて、ただ過剰に戦闘的で、

たいしたことは言っていないんだなと本をとじた。


Lucy-doraine


アールデコ期の写真の演出過剰と

思わせぶりで、ワンパターンな安っぽさよ。


Follies-flapper


女はみんなストリッパーで男はみんな詐欺師かジゴロだが、

嫌いではないな、この時代。

女のことはわからないが、男はみんな詐欺師で納得。



Anita-page-1920s
なんちゃって。

| | コメント (0)

2020年6月 1日 (月)

追悼 ジョージ秋山。

勝てると思って闘ったわけでもないが、

あの70年安保の敗北の気分に

これほどしみたマンガもなかったな。

 

漫画なんぞ読んでいるとバカになると言われて育って、

少なからずマンガなんて読んでるヤツをバカにしていたけれど

「銭ゲバ」も「アシュラ」も読んだ。

 

061


器用な作家ではなく、一つのフレーズの繰り返しで
一ページ見れば、それで全てが想像できてしまうような話だったけれど、
不思議と毎週読んだ。


Photo_20200601212301


サラリーマンになって、結婚して、子供が出来て
銭ゲバの後は、ピンクのカーテンまで、喫茶店にあればチラ見する程度だったが、
ほろ苦い気分で、後ろめたく、70年のあの頃を思い出させるマンガだったな。


追悼 ジョージ秋山
私の1970年 私の青春でした。

| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

郡上おどり 中止。

Dsc08529


今朝の岐阜新聞によれば、今日29日にも、郡上おどり運営委員会が、今年度の郡上おどりの中止を正式発表するようです。
去年、令和改元で盛り上がったあの日のことが夢のようですが、
まあ、誰が考えてもしょうがない事ですよね。
盆踊りなんてものは、もともとヤンチャなものなんだよ、反権力のものなんだよって、ゲリラ的に踊ってやりたいななんて思わなくもないが。

愛する、そしてお世話になっている郡上八幡の街に、我々よそ者がウィルスを持ち込むなんてことはいけないし、ここは我慢だな。

L1008969_20200529090701

運営委員会では、オンライン開催なんて事を考えてくれているようで、
すでに、ゴンタ商会の吉村氏がツィッターで面白い配信をしてくれているし、
これから、色々なグループや個人が、こんな時しか出来ない企画を打ち上げてくれると期待したいな。

そうやって、郡上おどり400年の歴史をつないでいけるといい。

私もシーズンに入ったら、この十年の郡上おどりを徹底的に振り返ってみるつもりです。

| | コメント (2)

2020年5月26日 (火)

ルネッサンスのポートレイト展。


Dsc08512_20200524125201


さて、老人の枕元のギャラリー メメント・モリでは、今、ルネッサンス絵画のポートレイトを集めて、
ルネッサンスのポートレイト展を開催中。


Dsc08266_20200525084401



Dsc08470_20200524194001




すでに公開済のラファエルロのコレクションに加えルネッサンス絵画の女性像を特集してみた。


Dsc08467_20200524211801
 


併せてアンティークフォトフレームとのマッチングの面白さをお伝え出来ればと。



Sterling and Marcasite Picture Frame.
Dsc08480


ペトルス・クリストス
若い婦人の肖像 1460-72年頃
Gemaldegaleric,Berlin-Dahlem



Dsc08482

ヤコボ・ベルニーニ
聖母子とリオネルロ・デステ 1441年
ルーブル美術館



Dsc08484

㊤ フロンズィーノ
エレオノーラ・ダ・トレドとその子の肖像 1515年頃
Galleria degh Uffizi




↓ ニューヨークのGodinger Silver Art, Co.のフレーム。

Dsc08486

レオナルド・ダ・ヴィンチ
受胎告知(部分) 1472-75
Galleria degli Uffizi



Dsc08500


昨年の今頃はアールデコのフラッパーのハーフドールを集めていたが、そのディスプレイ用に20-30年代のアイボリン(セルロイド)のフォトフレームを手に入れた。
モダンガール・フラッパーの写真を入れるつもりだったが、とりあえずルネッサンスのポートレイトを入れて見たらとても雰囲気が良い。


Dsc08524

Domenico Ghirlandaio
Birth of Mary 1486-90


Dsc08499

ニーダラインの画家
恋の魔術 1470-80年頃
Museum der Bildenden Kunste.Leipzig


Dsc08498


Portrait of Maria de Medici 1551
Galleria degli uffizi


Dsc08520

Bartolome Esteban Murillo
Immaculate Conception
無原罪の御宿り



この↓二点のミニフレームはニューヨークのファッションジュエリーブランド  RJGの物。

Dsc08501

Bronzino
Portrait of Costanza da Smmaia 1540年



Dsc08506

Antonio de pollaiolo 
Portrait of a Woman
ウフィッイ美術館



金属のフレームのアンティーク感は絶対的だな。

Dsc08495

Domenico Ghirlandaio 
Portrait of a Girl



Dsc08493


このあたり、アンティークフレームがとても良い雰囲気を出している。
ピューターや鉄 アルミのフレーム 金属のフレームはいい。

フレームにはガラスがあるが、鑑賞の邪魔なので絵の裏に入れてある。



Dsc08507



画集を複写したりネットでダウンロードした画像だがフォトショップでクイック補正してマットな上質紙にプリントアウトすると充分満足できる画質が得られる。パソコンのお陰だ。



バレエのトゥシューズのフォトフレーム。

Dsc08491

ラファエルロ 
三美神 1501-05
Musee Conde Chantilly



Dsc08489_20200524193001

ピエロ・ディ・コシモ
シモネッタ・ヴェスプッチの肖像
Musee Conde chantilly



Dsc08512



インスタ映えやらテレワークで自宅の壁面が露出する機会が増えている。壁面の装飾アイテムはトレンドアイテム。



永かったコロナ戒厳令がようやく解けました。

今日も老人の退屈しのぎに、最後までお付き合いいただきありがとうございました。


Dsc08467

| | コメント (0)

2020年5月23日 (土)

壁面アンティーク化計画。


老人はこの十数年、夏は「郡上おどり」一筋できたけれど、どうやらこの夏はムリなようで、

そうであれば老人はアンティークしかないワケで、例年なら夏は休止するアンティークの蒐集を今も続けている。


Dsc08463



コロナのおかげでイーベイでアンティークのフォトフレームの面白いものをたくさん手に入れることが出来た。

こんな時にナニだが、七十年生きてきて今ちょっとした幸せを感じているけれど、文句ないよね。


Dsc08459



今回手に入れた物を、老人の枕元のギャラリー「メメント・モリ」に、とりあえず配置してみた。

コレクターとしては、この倍くらいで少しグロテスクなまでに数を増やしたい。


さて、コンテンツを決めなければ。

“キュレータごっこ”だな、とりあえずはルネッサンス絵画で埋めてみるつもりだ。

Photo_20200522210201

このところルネッサンス絵画の撮影やら修正、ネット上での画像収集で忙しい。

Photo_20200522183301


ステイホームで程よくクリエイティブな古希老人の今日この頃だ。
ムカついたらゴメン。

 

| | コメント (1)

2020年5月20日 (水)

WHOは中国の操り人形である。

Whoc

トランプの言う事はデタラメで、
三分の一は彼の無知と傲慢が言わせることで、
三分の一は意図して語る嘘で
三分の一は真実だけれど自分たちにだけ都合の良い真実だ。


5_20200524061401

トランプのやり方は暴力的だが、
しかし、これが中国という独裁を基盤とする暴力的な帝国主義に対する唯一の有効な方法であるという事実は、情けないが。

我々はまだその程度であり国連などファンタジーに過ぎないということだ。

と、左翼を自認し、かって日本人でありながら中國共産党員として抗日戦争を戦った野間教授から、中国語で毛沢東選集を学んだ老人が今日も思う。


打倒❗ 中國共産党


Who-ccp_20200520080501
画像は、ネットの拾い物です。

| | コメント (0)

2020年5月17日 (日)

庭の金魚が数百匹。

Dsc08399

さて、“安倍のマスク”はマダ届かないけれど、当地の緊急事態宣言は解除されて少しづつ世の中が動き出してきて、怖いようでほっとしたような気分だが、ことしも庭の金魚が産卵して孵化した。


Dsc08379


一回目の産卵が五月一日、先週の始めから孵化をはじめて、今、庭の水槽には埃が舞っているように沢山の稚魚が泳いでいる。ランチュウの東錦が母親で父親は丹頂か、それとも赤いランチュウか、母親は琉金かもしれない。


Dsc08369

毎日、数匹は天に昇るが、ほとんどは元気で、数百匹はいるから、今月末には庭の水槽がパンデミックする。


夏祭りに家の前にバケツを並べて皆さんに配ったらと家内が言うが、コロナのせいで夏祭りだって中止だろうに。
ご町内の全世帯に金魚二匹配布しても半分もさばけないな。

2_20200517120501


3_20200517130001

| | コメント (0)

2020年5月10日 (日)

メメントモリ拡張計画。

2_20200509222301


こんな時に、そんなことやっているのかと言われそうだが、このところオークションはゴーストタウンの有様でショップで売れなくなった面白いアンティークが大量に出ているが参加者はほとんどなく入札しておけば全て最低価格で落札という状態だ。

十数年前にオークションを始めたが、そのすぐ後にリーマンショックが起こりアンティークを面白いほど安価に手に入れたが、それに比べても今度のコロナショックは凄まじい。競争相手が全く現れない。


お陰で東洋の島国の年金老人のささやかなお小遣いでアメリカのお宝を最低価格でゴッソリと戴くこととなった。

世界で一人だけのバカとも言えるが。

 

そんなワケで老人の枕元のギャラリー 「メメント・モリ」はこの夏、展示を大幅に拡大することとなった。

 

五木寛之風に云えば、極楽は地獄の中にあるのだよ。   ちょっと違うか?

| | コメント (0)

2020年5月 7日 (木)

毎日がステイホーム。

1_20200507172001

さて、ずっとステイホームで掃除もしたし、断捨離もしたし、庭仕事もしたしで、連休も明けたコトだし、図書館はずっとしまったままだから、欲しい本があったからお昼にウォーキングに出かけた。

駅前の駐車場はガラガラで、たいしたものだな日本人はマダマダ自粛するあたり、チャイナともコリアとも違ってなんと自制の効く民族なんだと感心したが、
近頃岐阜いちばんの飲み屋街では、半分くらいのお店が開店の準備、酒屋の配達のトラックも何台か来ていて、えっ!もうやるのか?って驚いたけれど、ひさびさに活気が戻ったようで、ホッとした。

お前らチョット早いんじゃないかとも思ったが、おまえら頑張れよっ! お店が潰れなくて良かったなって気持ちの方が大きかった。


オシャレなブティックは、どこもかも 手作りマスクのワゴンセール。
もうドラッグストアでもマスクは出回り始めたし、ひょっとして売れ残ったりするのでは?

これで終わるのかどうかは、わからないけれど、
街が少しづつ動き出したようで、ホッとした。



もう少ししてから

Gifu

| | コメント (0)

2020年4月26日 (日)

いつ終わったことにするのか。

オリンピックを一年延ばしたけれど、その一年後も怪しくなってきて、中止というのが賢明かなと老人は思うが。

Okoreyo1


オリンピックを開催する経費を直接コロナ対策や救済策にあてるべきだとか、オリンピックの開催こそが景気浮揚策であり世界経済の再生の出発点であり世界同時恐慌を日本から反転させる日本のコアコンピタンス足りうるのだよとか、老人はひねもす庭の金魚と語り合う毎日だ。

戒厳令の解除が連休明けから五月イッパイまで延びて学校も休みが続いて、飲食のみならずあらゆる経済活動が瀕死の状態では、コロナの死者よりコロナ戒厳令による死者の増加の方が懸念されるワケだ。

Okoreyo3



こんな時に経済の問題など語るのはとても下品だよ、命あっての物種だとおっしゃる方も多いが、今日の金が無ければ生きていけない人も多くいて、二ヶ月も収入が無ければ生きていけない人はかなり多いと思う。



麻生のバカが「俺は金持ってるから10万円なんぞイラネーヨ」なんてことを上から目線で言うから、「問題が違うだろう!」と、後頭部を思いっきり金づちで叩いてやろうかと思うが、まあお会いすることもない人生なワケで。 

Okoreyo2

コロナの終息というのは、世の中のほとんどの人が感染して抗体が出来た時だとするならば、このところの厳しい自粛は、世の中のほとんどの人が感染して抗体が出来るという状態を先送りしただけで、終息を遅らせただけではないのかと庭の金魚に問うが、金魚だってそんなことはわからないから、尻尾をヒラヒラさせているだけだ。

Photo_20200426090701



このところ百合子は、とても頑張っていて、お洒落な手作りマスクを使い捨てのように毎日取り換えてハツラツとしてお元気でコロナハイだな。
安倍チャンの小さすぎるマスクは、小学校のクラスに一人か二人いたタワケの子みたいで、こういう子がいたよなと微笑ましいが、昭恵に知恵があれば何とかするはずだが二人そろってバカだな。なんてコトを気晴らしに。

Imaculada

五月中に終息なんてことはあり得ないが、自分の命と経済のせめぎ合いの中でコロナを受け入れて少しずつ動かしていく、ダラダラと動き始める、そうやって何とかなってきたのが世の中ってものではないか。

とにかく連休は自重しようと思う。

 

| | コメント (2)

2020年4月19日 (日)

ことしもウラシマ草の群落が。


Dsc08351

このところコロナで頭がおかしくなりそうだから、YouTubeで「郡上おどり」を見て気を紛らわしているのだが、まるで別世界だな。いったいこれは何なんだと改めて失くしたものの大きさを感じる今日この頃だが、老人の庭では今年も“ウラシマ草”が沢山咲いた。岐阜県の準絶滅危惧種ということだが20年前に植えたものが今年は50株に増えた。


Dsc08364

街の中の小さな中庭と裏庭で、しかも完全日陰の庭で、光といえば朝方お隣との隙間から入る光がガラス戸に反射してその反射光がブロック塀に当たるのが頼りというわけで花が塀の方を向いてしまうのはお愛嬌。

Dsc08329


ウラシマ草はマムシ草とも言い、怖いとか奇妙だとかご婦人方の評価は宜しくはないが、老人のめざすエドワーディアンな廃墟趣味の庭では、とても良い雰囲気を出している。すこし行き過ぎてヴィクトリアンになっているが。

家の中が、まるで奥山の林の中の風情で老人の今の気分にぴったりだ。

| | コメント (0)

2020年4月15日 (水)

前進的古希老人の自宅待機。

先月、二十年使い続けた洗濯機が壊れたので、買い換えて、ついでに40年前の乾燥機も捨てたら洗面所がスッキリした。タオルやら家族の下着入れになってたベビー箪笥を家族も減ったことだし小振りな無印の収納に変えたら更にスッキリして明るくなったから、棚やらタオルハンガーを付けようと、ヴィクトリアンな物をオークションでと思ったが急いでいたので、鉄製の新しい物をアンティーク塗装して取り付けた。

要らなくなったベビー箪笥は処分しようと思ったが、退屈しのぎにアンティーク塗装をしてみたら良い雰囲気になったので寝室に入れて寝室のゴタゴタを整理したらスッキリしたので、壁面の装飾をもう少し整えようとアンティークのフォトフレームをアメリカのサイトで少し落札した。

ガレージで作業をしていて、ガレージのゴタゴタを整理しようと思いついたが、少し急激に働き過ぎたので、先週は何もしないことにしてひたすら安静にしていたが、週が明けた月曜日はガレージのゴタゴタを整理した。
捨てるべき物を捨てられず問題解決を先送りにしていたにすぎないゴミの山だが、ゴミは捨てて、寝室を整理したときにコンテナが二つ余ったから、大工道具とアウトドアの道具類をコンテナにおさめて再配置して整理した。

Dsc08306

玄関の上がり框が傷んでいたので部分的にラッカーをかけたら、見苦しいことになったので、上がり框を徹底的に再塗装しようとホームセンターでサンダーを借りて塗装をはがした。これが大変な作業で厚い塗装をペーパーで削り取るのだが、コロナのマスクをして埃まみれになって二日がかり、その後、水彩絵の具で色合わせした。

明日は最後の仕上げでクリアラッカーの塗装。マスキングやらその後の片づけと怒涛の日々が続く。

コロナへの対抗戦のつもりで始めたが、これはこれで古希老人には過酷だったな。


ガレージの床の塗装もしたいのだが・・・。死ぬカモ知れないな。

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

古希のガレージライフ。


Dsc08293

さて、コロナのおかげで不要不急の外出は避けよと東京の百合子が言うが。

老人なぞ、もはや不要不急の人生なワケで、街に出てコロナ警察に「不要不急ではないか?」と問われれば、不要不急にきまってるから捕まってしまうかもしれない今日この頃、ここ数日はガレージに籠って、捨てようと思っていたベビー箪笥をネオヴィクトリアン風にアンティーク塗装をしてみた。

インダストリアルなダークグレーのボディに、ゴールドに緑を混ぜて緑青をおもわせるイタリアンな引き出しパネル、黒をゴールドで汚したゴシックな取っ手。フローレンス風に赤で模様を入れるつもりだったが、このままでシャビーな良い雰囲気が出たから、シンプルなネオヴィクトリアンという事にして終了。

Dsc08301



おかげで何度スクワットをしたことか、良い運動になったな。

老人にガレージと庭があればコロナは防げる。

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

志村けん コロナに死す。

Dsc08291

息子が カラスの勝手でしょー🎵と歌ったのは、少し反抗心が芽生え始めた頃だったな。

妹とひげダンスをキャッキャと踊っていたのは幾つの頃だったかな。
ドリフに志村が入って、過激さが増してPTAが青筋をたてたりした時代だったな。

志村けん 古希に逝く。同世代としては少しこたえた。

女好きの志村の供養に。

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

桜咲く。

Dsc08275

洗濯機が壊れたので今日、身内の電気屋さんに頼んだら、日本のブランドの白物家電は今ほとんど中国で作っているから、コロナのせいで品物が入ってこなくなってしまったという。
なんとか国産メーカーの物を見つけてもらったが大変なことになってしまったな。


老人は、株やらFXなどというヤクザな事は嫌いだし、お金もないからやらないが、政治や経済のことを考えることは好きで株や為替のチャートを退屈しのぎに一日中見ている。

このところの世界的な株価の暴落は凄いし、お隣のサウスコロナなんかはウォンの暴落・コスピの暴落と経済崩壊。かの国のお葬式は鐘を打ち鳴らしてとても賑やかでお祭りみたいだがそんな感じの今日この頃だ。


去年の秋口からイギリスのポンドは持ち直して上がっていたからイギリスのアンティークは遠ざかっていたが、コロナでドウよと思って円ポンドのチャートを見たら、また去年の夏並みの暴落。さっそくイギリスのアンティークを仕込んだが、その後、車を塀にぶつけるは、洗濯機は壊れるは、散々だ。

禍福はあざなえる縄の如し、なんてことを言うがね。


人生いろいろだが、暖かくなってきたし、あと一か月もすれば半そでのTシャツだって過ごせるようになるワケだ。

Dsc08282

桜が咲いたというから、ご近所の公園へ。
春の小川ってイイよね。

| | コメント (0)

«イタリア・ルネッサンスの巨匠 ラファエルロ展