2018年5月23日 (水)

イームズのプラスチック・チェア。

Dsc02528

イームズの繊維ガラスで強化されたプラスチックアームチェアは1950年に生まれた物だから、ちょうど老人の生まれた年と重なる。

ミッドセンチュリーのモダニズムというスタイルは、老人が生きてきた時代、まわりに溢れていて、あまり有難いとも思わずに暮らしてきて、それへのアンチとして、このところヴィクトリアンやゴシックの様式で遊んできたが、ほどほどに装飾することは楽しいし、省略するだけが洗練でもないなと思う。

しかし、こうしてみると、最小限で最大限の快適というのも、けっこう装飾的であったなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

作庭。

Dsc02523

緩いものだけれど計画の集積で決して自然などではないが、ときどき作為以上の結果がでることがあって自然というのは面白い。
 
人生だってそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 3日 (木)

蔓草に覆われた廃墟の庭。

Dsc02432

 

お隣の新築で、少し明るくなった中庭が、このところの暖かさと雨で、塀の蔦もギボウシもシダも、何もかもとても元気で、蔓草に覆われた廃墟の庭の様相を呈してきた。
 
 
まだ、五月半ばに入らないと、大きくなりすぎて植え替えたメインのプランターのアジアンタムもハンギングのオリヅルランも姿を見せないが、それを除けば、既に剪定が必要なほどの緑であふれている。
 
これなんだな、目指したものは、蔓草に覆われた廃墟の庭。
ならば、剪定などせず、ひと夏、緑の暴走を眺めているのも一興か。
 
新緑に、身も心も洗われるような、老人の今日この頃だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

バラが咲いた。

Dsc02424

バラが咲いたと歌ったジゴロがいたな。
今も咲いているのだろうか。
 
 
うすら汚い白髪のチョンマゲ 口髭
ライフスタイルなんて言ったかな
 
ハッタリなんだよハッタリ
 
老人は、きちんと床屋に行ったほうがいい。ただでさえ汚いんだ。

Dsc02428

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月28日 (土)

ブルートゥースでスマートウォッチな古希。

Dsc02409

さて、去年の暮のグッチ爺のブルートゥースのワイヤレスイヤホンに刺激されて、以来すっかりブルートゥースづいてしまった老人なのだが、一つ年上のグッチ爺は、ことし古希だ。
 
 
グッチ爺が我が家に来訪の際は、カバン一杯ヘッドフォンやらイヤホンを持ってきて驚いたが、自転車乗りで毎年ツールドフランス観戦にフランスへ出かける石原氏が、チタンのブロンプトンを買ったからといって、この春、岐阜まで輪行バックでブロンプトンを持ってきて、桜が満開の長良川を二人でブロンプトンで走ったのだが、なんだか石原氏とこんなことが出来るなんてとても幸せな気がした。
 
学生時代は、二人で劇団を作っていたのだが、あのままなら俺たち演劇崩れの貧乏老人は必至だったのだよね。
 
グッチ爺も、石原氏も、ガジェット好き。もちろん老人もそうなのだが、日本の高度成長期を体現してきた団塊の世代は、ガジェットを追いかけ追いかけられて生きてきたようなものだ。
 
グッチ爺も石原氏も、iPhone持ちでアップルウオッチのリンゴ爺なのだが、病気持ちの石原氏が、血圧も体重もiPhoneで管理しているという、体重計も血圧計もブルートゥース付属の物がありデーターをiPhoneに飛ばして管理しているのだと教えてくれた。
病気持ちということでは負けていない老人なのだが、血圧計は買いなおしたばかりだが、ブルートゥースでスマホにデーターを転送して管理できるなんてとてもイイことだと早速アマゾンで調べてみた。
調べてみると、今どきは、安物のスマートウォッチで血圧も心拍数も血中酸素濃度も測れる物があるとわかった。もちろん早速ポチッとしたのは言うまでもない。
 
嫌味な話だが、老人は高級時計しか持っていない。だから夏場は困っていたんだ。汗をかいても平気な安物の時計が欲しかったんだ。
 
すでに20日くらい使っているが、とてもイイ。測定の時間間隔を設定しておくと、時間ごとに自動で測定してスマホにブルートゥースで転送してくれる。スマホに専用アプリをダウンロードしておくと、血圧も、血中酸素濃度も心拍数も歩数もグラフ化して見られる。これは優れものだ。
 
しかし、ちょっと不思議なのは、老人は高血圧なハズなのだが、どういうワケが、この時計のデータによるととても正常な数値だ。運動時や運転時、休息中で数値が変わるし、血中酸素濃度など運動時には必ず上がるから、測定できているのは間違いないのだが。
 
スマホにメールや着信があればバイブレーションで教えてくれるしメールも読める。アップルウオッチのように音楽を聴いたり電話は出来ないが、どうせスマホも携帯しているわけで、機能の重複がなくてよい。電池はUSBで充電して三四日は持つ。何より値段が安い、三千円前後であるし、老人は血中酸素濃度が測れるもので樋口一葉を差し出したが、安物といえば安物だが、イマドキでとても良い。
 
もちろん中国製だから日本語対応・日本語の説明書付きの物でないと使い物にならないが。
 
先日のブルートゥースアンプは、素晴らしい音楽を聴かせてくれているし、ポケモンでウォーキングの歩数は倍増した、退屈しのぎはオセロもテトリスもある。ワイヤレスイヤホンでスタバがジャズ喫茶になるし、血圧の管理はスマートウォッチだ。
 
ブルートゥース万歳だ。
 
カーナビもスマホにしたし、アダプターを付けて車で充電ができるようにしたからカメラの充電も出来る、もう出先でバッテリー上がりで困ることもない。
 
 
スマホは、まことに老人的で良い。老人には最高だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月21日 (土)

すみれ。

Dsc02402

スミレと言えば、田んぼの畔の日当りの良い場所の植物なのだが、意外と日陰の庭でも育つ。

  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

うらしま草の群落が出現。

さて、我が王国の秘密の花園のシンボルプラントである“うらしま草”が今年も咲いた。
うらしま草を植えたのは、この庭が出来た翌年だから、もう17年にもなるワケだ。

Dsc02336

 
山奥に釣りに出掛けたついでに、道端の「山野草あります」という看板を見るとついつい車を停めてしまい、欲深な老人が裏の山から採ってきたような物に結構イイ値段を付けていたりするのだが、まあ、爺さんも贅沢をしている様子でもないし、年金の足しにでもなればと、ちょっとムカつきながらも買うハメになる。
 
 
標高千メートルちかい、カモシカや熊が出るような山奥の山野草が、都会のムサクルシイ箱庭で育つはずもなく、大概はカワイソウナ結果になるのだが、このウラシマ草だけは、見事に我が庭に定着した。
 
 
最初の一本と、二三年後に入れた一本、この二本が、球根の分球や、実生で今や25本に増えた。喜んでばかりはいられない。今年は分球が多いということは、代替わりの予兆か? 
とすれば、当分は花の咲かない観葉うらしま草ばかりという事になる。次世代の養成が急務だ。

Dsc02339_2

 
種が発芽するまで三年、球根の分球したものでも花が咲くまで数年かかるという、時間のかかる植物で、姿かたちが、これだから支柱は欠かせない。支柱を林立させ、無理やりでも、一日でも長くもたせることが球根の肥培に必要だ。     
 
 
以前は、庭に地植えしていたものを、ここ数年は管理の為、鉢上げして育ててきたが、来年は、充分な大きさになったものは、庭にリリースしてやろうと思う。25本もあれば少し枯れても大丈夫なワケで、庭に数か所、ウラシマ草の群落がつくれる。ただし、まだ当分は花が咲きそうにないが。
 
 
ヘビが鎌首もたげたよう花で、家内は嫌いだというが、廃墟趣味に怪奇趣味が混じるヴィクトリアンな庭には、極めて雰囲気がある植物だ。以前にも書いたがバラクライングリッシュガーデンの英国人のガーディナーは、これを一番のポイントに使っていた。
 

Dsc02372

 
夏には枯れて地上部は姿を消す植物なのだが、雨風によって倒れるのを防ぎ、乾燥から守り、直射日光を避けて、なんとか八月の声を聴くまで地上部をもたせるという苦労があるワケだが、我が家の増殖ぶりをみても、手間はかかるが難しいものではないような気がする。
 
 
庭でウラシマ草と、人生の光と影について語る、老人の今日この頃だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

日陰の庭が戻った。

Dsc02301

老人の王国の日陰の庭は、日なたの庭に比べてホボ1か月遅れのカレンダーで進む。
 
ようやく隣家の工事の足場がなくなり、庭に明るさが戻った。
 
去年は隣家の解体に続き、日陰の庭が、いきなり日なたの庭になってしまったりで、フィットネスを崩されてしまった庭だが、工事が終わり、今後数十年は続くと思われる新しい環境が見えてきた。
 
日陰の庭には変わりが無いが、以前に比べれば、明るく風通しもよく、街中の市街地の中庭としては、程よい環境になった。
 
三方を隣家に囲まれた敷地だから、「明るい」ということは望むべくもないワケで、暗いという前提で、適度な明るさを求めて設計した家だから、いきなり明るくなった去年はビックリしたが、家というのは適度に暗いというのも必要で、明るすぎる家というのもワタクシ的には好きではない。庭だって同じだ。
 
人は公園で日陰で休むように、庭も家も休む場所だから。
 
だいいちアンティークのインテリアも、廃墟趣味の庭も、適度な暗さのなかでこそ成立するものだ。
 
日陰のスミレが、ささやかに花をつけ、老人の庭のシンボルプラント「ウラシマ草」が展開し花が見えてきた。この冬の寒さで遅れていた壁の蔦が芽を膨らませてきた。この後、数日の雨で葉が展開するはずだ。
 
一年の間で一番みすぼらしかった庭が、ようやく元気を取り戻しつつある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月27日 (火)

丹頂と黒出目金と金魚老人。

「金魚は上から覗くもの」というのは、ガラスなど庶民の手の届くものではなかった時代の名残りだが、庭の石臼が水槽の我が家では、今でも金魚は上から覗くものだ。

 

Dsc02160

 
丹頂は、白い体に真っ赤な頭頂部で、コケに覆われて薄暗い環境のなかでも良く映えて美しい。日の丸カラーでもあって、パトリオティックで日本人の心をくすぐる。なにより上からの姿が最高に美しい。
 

Dsc02162

 

 
そして金魚すくいの人寄せパンダ、「出目金」。
出目金は“黒”にかぎる。
黒出目金は、金魚であり金魚の影のようであり、紅白の「丹頂」の引き立て役として最高だ。

Dsc02222

 
いや、一緒に泳がせてみると、派手な丹頂が“黒”のデメキンの引き立て役かもしれない。
水槽の中のアールデコ、黒出目金はスタイリッシュだ。
 

Dsc02263

さて、ここ数年、完全日陰の裏庭の水槽で、ビオトープとシャレ込んでメダカなど飼ってみたのだが、水辺というのは日なたの代表のような環境で、睡蓮など日陰では観葉植物化してしまった。メダカはなんとか四匹ほど生き延びて、氷の張った水槽で越冬して三月の声とともに泳ぎだした。

Dsc02157_2

 

暖かくなったら、今年は、また金魚を迎えようと水槽にバクテリアなど入れて準備をしておいた。
 
 
「暖かくなったら」、毎年そんなことでやってきたのだが、疑問が浮かんだ。
氷の下でも金魚は生きていたし、メダカも越冬を終えて元気に動き出した。はたして暖かくなるのを待つ必要があるのか。

Dsc02270_2

 

 
いままで、暖かくなって菌類が活発化する時期に金魚を飼い始めて失敗してきたのではないか。むしろ水温が低く菌類が活発でないあいだに金魚を迎え入れるほうが上手くいくのではないか。メダカをパイロットフィッシュだと考えれば、メダカは今、元気で、まだ肌寒い時期こそ移入の好機かもしれない。
 

Dsc02176_2

そんなことで、当地では桜の開花宣言があったが、東京では雪が降ったという春の彼岸に新しい金魚を迎えた。
“丹頂”が三匹、“黒出目金”が三匹。体形が同じで泳力も同じ、共存を考えての配慮だ。
 

Dsc02152_2

 
購入から既に一週間経過。魔の三日間を軽く超えて脱落者は無い。しかし、このところの予想外の急激な気温上昇で計画に狂いが。
黒出目金にチョット・・・・。

Dsc02206_2

 
メダカは恥ずかしがり屋ですぐ隠れてしまって面白くないが、金魚はわりと人懐っこい。
今度のデメキンは、最初から人懐っこくて、指を出すとつついてくる。
なんてカワイイ奴なんだ。

Dsc02158

 
庭で、金魚相手に、人の道、人生なんぞを説く、老人の今日この頃だ。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

晴れの日も雨の日も。

Dsc02099

晴耕雨読というが、耕すような畑もないわけで、老人は、晴れの日も雨の日も退屈しのぎに本を読んでいるわけだが、机に向かって本を読むなんてことはないワケで、ほとんどソファーでデングリ返って読んでいる。

去年の今頃はアンティークタイルに嵌まっていたなと、ヴィクトリアンアートのグロテスクが懐かしく、昨日からウィリアム・ド・モーガンの事なんかを勉強している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月18日 (日)

この夏の老人。

さて、急に暖かくなったとおもったら、少し寒さがぶり返したりして、いつものことだが。
 
 
キーンのジャスパーの底に穴があいた。キーンは売ってる時に細身に紐を締めてあるとオシャレだが、足の形に合わせて拡げるとなんてことは無いただの登山靴でたいして面白くなかった。アッパーはどこも傷んではいないのに、底に穴が開いて使えないというのもシャクだが、老人は天気の良い日だけしか外へ行かないから靴のアッパーは傷まない。
 
 
まあ、しょうがないから、安物のレースアップのマウンテンブーツ風のLEEのオックスフォードをアマゾンしたのだが、アンティーク風のブラウンのグラデーションが安っぽくてよくないから、黒で染めてやったら焦げ茶になって落ち着いた。とてもイイ味だ。
ブラウンと言えば、ベルトが切れたので、ブラウンのむら染めの革のベルトをアマゾンした。パンツの革のトリミングと合ってとてもいい。
 
 
お気に入りの和染めのTシャツが色褪せてきた。一度だけは染め直しをしてくれることになっているから、今年、もう一枚購入してついでに染め直しを頼もうと思ったが、面倒なので、アヴィレックスの白のTシャツにした。
 
 
老人はただでさえ見てくれが汚くなるからTシャツは白に限る。しかし残念なことに、ただの白だと、「丸首の下着で夕涼みのサザエさんのお父さん」になってしまうから、アヴィエーターテイスト(飛行機乗り)の袖にポケットなどアシラッタものにした。
 
 
まあ、この夏の老人のコーディネイトは、きわめてオーソドックスなものだが、差し色で靴下をラソックスのブライトミックスという意表をついたものにしてみた。老人の意地だ。
浮気は文化という石田ナニガシのように裸足で靴を穿くほど若くはない。臭くなるしねアシは。
 
 
石田ナニガシの足だって臭いと思うぞ、もう老人だし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月16日 (金)

MJQだな。

身体の大きなバカたちの話やら、右翼に乗せられたバカ殿や、その女房のキャラメル屋のバカ娘のことや、ケツの穴の小さなレスリングバカの話なんかを一日中テレビでやってるからウンザリで、ひたすらブルートゥースでジャズを聴きながら読書の今日この頃だが、こう書くとまるで、あいつは馬鹿だ、こいつは馬鹿だとみんなを睨みつけている、行き詰った攻撃的社会不適応型老人のアイツのようだなと反省。
 
なにも画になることをしていない今日この頃だから写真がない。
 
読書のBGMは、やはりMJQだな。洒落ているよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月27日 (火)

間違いなく春だ。

Dsc02066

お隣の新築工事で、我が家の中庭は悲惨な事になっているが、春に向けての準備を、このところ毎日コツコツとすすめてきた。

 

オーディオにもガーデニングにも少し飽きたので、今日は、久しぶりに郊外のシネコンへ“グレーテストショーマン”を観に出かけた。この手の映画は好きだ。

帰りの車の中はとても暑くて、ひさびさに窓を全開して走った。もう間違いなく春だ、

 

明日は、柳ケ瀬のシネコンへ“ヒエロニムス・ボス”を観に行くつもりだ。“嘘八百”も観たいが。

老人向けの二番館では、いま、お正月映画が掛かっているから観たいものばかりだ。

 

今年の冬は、とても寒かったが、当地では積雪と言えるような雪は、一度7センチの雪が降ったのみ。雨もほとんど降っていないが、明日の夜は、久しぶりの雨で春の嵐のようだ。

雨の後に、庭のレンガに積もったお隣からの泥を流してやるつもりだが、お隣は外壁も外構の工事もマダなんだ。小さな声で言う。早くしろよ、もう春じゃないか。

グレーテストショーマンの音響は凄いドンドコドンだった。映画館の音響は凄いな。こういう音を出してみたいが家が壊れるな。でも音質は、我が家の方か・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

オーディオの陳腐化。

Dsc02061

スメタナの“わが祖国”の爆音で、午後のうたた寝から覚めた。

iTunesの試聴期間が過ぎて980円の引き落としがあった。

久しぶりにオーディオの雑誌を買ってみた。機器に興味があるわけではなく、オーディオの評論をする人は、何を聴いているのかが知りたかった。

ここ数日はクラシックを聴いている。iTunesの定額聴き放題は、年金老人にはありがたい。

それにしても、オーディオマニアというのは、凄いな。

20万円のターンテーブル 70万円のCDプレイヤー 70万円のアンプ 160万円のスピーカー二台。一本6万円のケーブル。

老人の場合、スマホのダウンロードと、一万数千円の中華アンプで、昔のスピーカーが、かなり素晴らしい音を聴かせてくれているんだが。

 

160万円のスピーカーは良しとして、20万円のターンテーブルも 70万円のCDプレイヤーも 70万円のアンプも要らないんだよね、スマホなら。音は変わらないし、いや、レコードやCDなんかよりずっと音は良いし、便利だし、スマートだし。

 

実はね、大げさなアンプやプレイヤーやらレコードの棚をスピーカー廻りから排除してみたら、とてもスッキリしてカッコイイんだ、そういう時代なんだぜ。貧乏人のヒガミもあるがね。

でも、スピーカーは、そういうのが欲しいな。な~んちゃって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

確定申告で、念願のサブウーファーを手に入れる。

Dsc02044

老人は、すでに完全な年金生活で、たいして税金も納めてはいないから、美川憲一に言われるまでもなく、道路は端っこを歩くようにしているのだが。
 
ことしも確定申告の季節が来た。いつもなら一月の間に書類を整えて税務署のポストへ放り込んでおくのだが、ことしは、たいした収入があるわけでもなく、戻る税金もないだろうと放置していた。
 
テレビのニュースで確定申告が始まったというから、税務署の窓口で「老人にもソンタクしろよと佐川に言っとけsign01」なんて嫌味の一つでも言ってやろうかと、税務署のHPから、いつもの確定申告の入力をしてみた。

Dsc02009

 
えっsign01 入力ミスsign02 何度も確かめてみたが間違いはない。
なんと、諭吉が十数人帰って来るというではないか。 ラッキーsign03
 
 
地震保険も生保もあるがそれはいつもの通り。どうやら最後にお世話になった銀行の健保の退職後の掛け金が原因のようだが、これってドウよsign01老人がもし、パソコンもやらないインターネットもやらなかったら、諭吉十数人が貧しい老人の財布から麻生さんやら「ソンタク佐川」に拉致されたままってこと?
 
 
さてさて、そんなことで、昨日、税務署へ書類を満面の笑みで届けてきた。もちろん罪のない下級公務員をイジメる様なことは言わずに、駐車場のオジイサンにも“ご苦労様”とねぎらいながら。
 
 
もちろん、早速アマゾンで念願のサブウーファーをポチっ!としたのは言うまでもない。もう少し高い物でも良かったのだが、このところアンプ二台とワイヤレスイヤホン、コードやらコネクターと色々と買ったから、まあ、それの支払いを纏めてチャラにして戴いて、のこりは家内の財布へ。
 
ということで、サブウーファーは「郡上おどり」が終わってからと考えていたのだが、まるで転がり込むように、老人のコレクションルームに加わった。
 

Dsc02020

老人は、ドンシャリ好みではないが、低音は30センチ、せめて20センチ以上のスピーカーで再生されるべきだと考えている。なんとか、口径20センチの、エントリーモデルのサブウーハーを手に入れた。
 
 
この部屋は、我が家の一階で、シューズイン。つまり土足の部屋で、床は地面に直接コンクリートでタイル貼りで、床の共振が無い。
スピーカーとりわけ重低音のウーファーを鳴らすには最高の条件で、これは建築当初から考えていたことで、いわば、この部屋でウーファーを鳴らすのは老人の夢でもあったワケだ。

Dsc02027

 
タワースピーカーは、口径が小さいがサブウーファーの増設で低音がとても豊かになった。
驚いたのは、低音だけでなく、中音の解像度がぐんと上がり、高音も艶が出た。ヴォーカルも聴きやすくなった。
 
 
 
左右のスピカ―もウーファーもオンキョーだ。ONKYOは、かってのオーディオブームの時代からの老舗ブランド、あのパイオニアも擁する、いまやジャパンブランド再興の旗頭だ。
アンプは中華アンプでも、スピーカーは楽器のような物、とてもアノ国には任せられない。
 
えっ?オンキョーのスピーカーもアノ国で造ってるのっ!!! 
まあとにかく、ONKYOは、コストパフォーマンスも良く、音も専門メーカーならではの音質だ。
 

Dsc02026

 
 
 
ジャズってベースで聴くものだよね、と、つくづく思う老人の今日この頃だ。
 
 
 
主はいませり。
 
 
積善の家には必ず余慶あり。  な~んちゃって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 8日 (木)

二台目のブルートゥース中華アンプ。

Dsc01988

恥ずかしいから、他人には言えないのだが、老人にとってSOULとは、結局は、“都はるみ”なんだ。究極は“都はるみ”なんだ。
 
老人は、ときどきイヤホンで都はるみを聴きながら泣いているんだ。
イヤホンで聴くのは、誰に遠慮もいらないし、家内にだって息子にだって、都はるみで泣いているなんて知られたくないからイヤホンはイイな。
 
都はるみの耐えるところ、都はるみの一途なところ、都はるみの潔さ、オイラの美学の全てが都はるみの歌には在るんだ。
 
 
英国カブレの老人が、都はるみで泣いていて、オマイラ文句あるかっsign01 な~んちゃって。
 
 
さてさて、カードの月替わりを待って、念願の、もう一台のブルートゥースのアンプをアマゾンでポチっとした。CDプレイヤーの故障でインテリアと化していたオシャレなトールボーイを救済して愛Phoneで鳴らしてやる。

Dsc01991_2

 
 
去年の暮に買ったアンプと同じ物をもう一台買ったワケだが。同じ物というのも芸が無いが。
 
 
ブルートゥースの電波は10メートルは届くわけで、我が家で実験してみると、コンクリートと重量鉄骨の家だが三階のアンプを一階のスマホで鳴らすことが出来る。二台ブルートゥースアンプを同時に使うと混信は無いのか、無いにしてもスマホのブルートゥースの表示が同じでは困るからメーカーを替えたかった。
 
 
中華アンプの一番人気の物を検討したのだがブルートゥースの規格の表示がアマゾンではない。色々と検索してみると、どうやら規格は4.0のようで、いわば二周遅れの規格、アンプの発熱や通信速度の遅さがある。
おなじ4,2の対抗馬があるが無駄な機能があってスマホの音源でブルートゥースのみの使用しか考えていない老人の場合、無駄が多い。しかもディスプレイの表示が中華テイストで垢抜けしない。
 
 
という事で、割り切り感がイイSound Fun PO☆CO3 (ポコスリー)SF230BTをもう一台、アマゾンでポチっとした。

 

Dsc01980

もちろん、バナナプラグをハンダ付け済のスピーカーケーブルも奢った。ノイズを減らすにはこれも大事。

Dsc01977

 
スピーカーは、トールボーイ(オンキョーD-205F)を鳴らすのだが、タワースピーカーはスピーカーの口径が小さい、スピーカーボックスの容積と長いホーン効果で音は悪くはないが、やはり低音は20センチ以上のスピーカーで鳴らしたい。年内にはサブウーファーを追加するつもりだ。
 
PO☆CO3にはサブウーファーの端子はないが良い方法をオンキョーの担当者に教えてもらった。PO☆CO3の信号をサブウーファーのアンプに送り、まずサブウーファーを鳴らし、サブウーファーのアンプの出力で左右のトールボーイを鳴らすという方法だ。専門家が聴いても音の劣化は感じないという事だ。

Dsc01985

二台のブルートゥースのアンプを同時に使うとどうなるのか。三階のアンプをONにしたまま、一階のアンプをONにしてスマホを開くと、ブルートゥースは二台のアンプを認識して二台とも接続済になる。一階のアンプをスマホに接続し鳴らしたまま。三階にむかうと三階のアンプは鳴っていない。一階に戻ってアンプをOFFにして三階に戻るとスマホは三階のアンプを認識して鳴り出す。混信はしないが。スマホでいちいちアンプを選ぶ必要はある。もちろん、アンプかブルートゥースイヤホンを選ぶ時も、ブルートゥースの設定で選ぶ必要があるわけで、まあたいした問題ではない。
 
しかし、ブルートゥースのイヤホンで聴いていて、アンプをONにするとイヤホンは切れてアンプにチャンネルを奪われた。これは、今回買ったアンプではおきるが、先に買ったアンプではおきない、不思議だ。(たぶん、スマホのペアリングでどちらのアンプが先に認識されているかということだと思うが、アンプにイヤホンがチャンネルを奪われるのは不思議、電波の強さなのかな。)
 
 
 
ブルートゥース4.2は、通信距離が10メートルだが、5.0になると300メートルにもなるそうだ。WiFiが繋がりにくいことがあるように、ブルートゥースもそんな状態になるのだろうか。お隣の家にブルートゥースの機器があるとどうなるのか。このあたりは、もう私の理解を越える。
 
 
さてさて、オイラのコレクションルームでキースジャレットがスウイングしている。この部屋で都はるみは、ちょっとナニだが。
 
この部屋は、ほぼガラス張りだし、広いので200ボルトのエアコンでも暖まるのに時間がかかるから、冬の間はほとんど使わない。しかし夏は涼しくて最高だから、いわば私の王国の、夏の離宮だ。トールボーイを鳴らしてのうたた寝、夏が楽しみた。
 
 
音楽ってイイなと、つくづく思う老人の今日この頃だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 4日 (日)

完全ワイヤレスイヤホン購入記 その二。

老人は、大学三年の時にに70年安保を迎えた世代で、あの全共闘運動のど真ん中にいた世代だ。70年には既に我々の負けはハッキリしていたけれど、それでも泣いて止める母親を振り切ってデモに出て、就職が出来なくなると脅されて、いっそあの機動隊のジュラルミンの盾に突っ込んでつかまったら一生ルンペンプロレタリアートで、文学か演劇の道へと諦めもつくのかなと、いつも崖っぷちの青春。
火傷しそうに熱かったあの時代の、私にとってのジャズの頂点は山下洋輔の「DANCING古事記」に尽きる。

Dsc01927

いわずもがなの敗北を経て、それ以降は、ヒュージョン系の、なるべく言語から遠くにあるジャズの世界に沈み込んで、ひたすら無駄な青春の時間を埋めつつ、ただ社会に出るまでの我慢であったわけだが、社会に出て最初の職場が新聞社でありローカルの放送局であったから、音に囲まれる生活のなかで、むしろ私生活的には音楽とは距離をおきたい。なにしろ「あなたに女の子の大切なものをあげるわ」などという、くだらなくて下品で最低な曲が1日何度もかかる時代だったから、私の番組では“山口百恵” いや、山口百恵にそういう歌を歌わせている下品で人間として最低な都倉俊一の曲なんぞは絶対掛けなかった。 な~んちゃって

Dsc01930

 
さてさて、ワイヤーから解放されることがこんなに楽だとは。

Dsc01947

 
 
山下洋輔のフリージャズには、フリーとはいえ流れがあるが、同時多発的フリーのセシルテイラーとなるとちと分からない。しかしワイヤレスイヤホンは、間違いなくフリーだ???
 
今日の老人は、どんどん横道にそれて傾いていくな、本題のワイヤレスイヤホンに入る。

Dsc01969

SOUL 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth4.2 防汗対応 左右分離型 マイク付き ST-XS SL-2001  9,806円
 
私にとって、初めてのワイヤレスイヤホンで、他のイヤホンを試したこともないワケで、比較もできないし、どうのこうのというのもナニだが、アイフォン純正の有線イヤホンに比べて特に音の劣化もなく、イヤホン本体が大きい分だけ音室の大きさを感じ、音量を高めた場合むしろ余裕を感じる。 スピーカーで聴く迫力には当然負け、ヘッドフォンの余裕には劣るが、純正の有線イヤホンに迫り、なによりワイヤレスの解放感、使い勝手の良さは画期的だ。

Dsc01934_2

 
心配した耳からの脱落は、私の場合、付属のLサイズのイヤーチップがピッタリで、しっかりと耳に装着する必要はあるが、いくら首を振っても落ちることはなかった。つまり私の耳には合った。イヤホンの躯体も軽く、耳から落ちるという不安も感じない。適度な大きさと、躯体の軽さというのが重要な気がする。
 
人込みの中や駅のコンコースでも確かめたが、音飛びや音切れもない。
ペアリングやアイフォンとの接続も簡単で難なくできた。充電器でモバイルバッテリーも兼ねるケースは、縦長でポケットへの納まりもよく、スタイリッシュだ。
 
ブランド名がSOULとある通り、低音の迫力が魅力だが中音の解像度も充分、音の味付けは、アイフォンの設定でイコライザーの音楽のカテゴリーを選んだりボーカル重視に設定したりで結構変えられる。
 

Dsc01960

ブルートゥース完全ワイヤレスイヤホン。老人にとって、40年前のウォークマンの登場以来の衝撃だ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 2日 (金)

ブルートゥース 完全ワイヤレスイヤホンを手に入れる。その壱。

マイルス・デイヴィスもいいしジョン・コルトレーンもいい。サラ・ヴォーンもいいがエラ・フィッツジェラルドがいいな。
久しぶりに、ご当地のケイコ・リーを聴いたが脱力感と枯れた感じが加わっていいな。
 
読書しながらだから、やはりハービーハンコックやキースジャレットを聴くことが多いな。
 
なんてことで、すっかりジャズィ―な老人の今日この頃だが、なんども言うがスマホのダウンロードの音源で、結婚当初の四十年も前のスピーカーが素晴らしい音を聴かせてくれている。
 
もう一台、中華アンプを買ってトールボーイも鳴らしたいが、グッチ爺に刺激されて、Bluetoothの完全ワイヤレスのイヤホンをアマゾンでポチっとしてしまった。

Soul2

 
スマホのイヤホンは、なかなかイイ音がするのだが、あのコードが大変で、ポケットの中やハンドバックのなかでコンガラカッテいてなんとも始末が悪い。
 
少し前に、アップルからワイヤレスイヤホンのAirPodsが発売されて人気で、入荷待ちが続いているが、一万八千円という価格に、アップルさんチョットやりすぎと違うか?なんてナマ暖かい眼で見ていた。
 
 
このところ少しバブリーなグッチ爺が三万円を超す B&oバングアンドオルフセンのワイヤレスイヤホンを買ったというから、退屈しのぎに色々とネットで調べていたら、ついつい私まで嵌まってしまった。老人二人のブルートゥース心中だな。

Soul6

 
 
ブルートゥースという言葉も最近知ったのだが、弱い無線でスマホからアンプやイヤホンにデータを送る方法なのだが、規格があって3.0やら4.1、最近は4.2という規格が主流で、この後は5.0になり、iPhoneXでは既に5.0が搭載されているそうだ。
 
 
昔は、ブルートースは音質が酷くて使い物にならなかったそうだが、このところ4.1やら4.2
と規格が上がって音質も通信の安定性も、とても良くなったのだそうだ。
 
 
先日購入した中華アンプの話に戻るが、ブルートゥースの規格は4.2で、素人の耳だが素晴らしいと思う。
そうであれば、ブルートゥースのワイヤレスイヤホンもイイのではないかと、急にワイヤレスイヤホンを購入する気になってしまった。
 

Soul3

調べてみると今年はブルートゥースの完全ワイヤレスイヤホンが大ブームになりそうな気配。
AIスピーカーやIOTといってもナニが良いのか解らないが、イヤホンにコードがなかったらとても便利でスタイリッシュだということは老人にもわかる。
 
 
アマゾンでは、三千円前後の物から、一万円クラスの物、三万円前後の高級品が目白押しで、年が変わって高級な新型が続々とアップされている。
 
アマゾンは、チャイニーズの怪しいレビューがイッパイだが、演奏の途中でボツボツと切れたり、すぐ充電できなくなったり、なにより耳の形に合わず耳から飛び出してしまい使い物にならないというレビューも多い。グッチ爺も、あんなに思い入れていたワイヤレスイヤホンなのに、耳の形に合わず使い物にならないといって、同じB&oのヘッドホンに替えたそうだ。
 
 
どんなにいい音がしても耳から飛び出してしまっては話にならない。耳から諭吉が三人そろってドングリコロコロでは、さあ大変だ。
 
耳の穴に合せるイヤーチップがSMLと付属していたり六種類ものチップが付いていたり耳の中に広がる羽根がある物もあるが、今までのイヤホンに比べると大きくて重いわけで「落ちる」という致命的な問題があって高級な物ほど大きく重くてその可能性が高い。
 
 
さてさて、そんな発展途上の物だがガシェット好きのアーリーアダプターとしては、エントリーしてみる時機が来たなと判断して、もう一台欲しい中華アンプは後回しにして、ブルートゥースの完全ワイヤレスイヤホンを手に入れる事にした。

180201

完全ワイヤレスと強調するのは、有線のイヤホンと、スマホ本体とは切れて無線だが右と左はワイヤーで繋がっているという“ワイヤレス”と差別化する為。左右分離型とか完全独立型イヤホンとも言う。
 
 
さすがに三千円のものじゃダメだろうと、諭吉で少し釣りがくる中級品のエントリーモデルをアマゾンでポチっとした。
 
SOUL 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth4.2 防汗対応 左右分離型 マイク付き ST-XS SL-2001  9,806円   (価格は出品者によって更に千円程度安い。)   

人気の機種は品切れが続いていて、あの翌日配達のアマゾンでも、一月の七日に注文して、届いたのが月が替わった今日二月二日という始末だ。   

Soul4

このケースがモバイルバッテリーも兼ねていて出先で充電ができる。

                                                                                 
アメリカの物でデザインが良いのと、イヤホンが片方で4gと軽いし小型、つまり落ちにくいのではと選んだ。
 
ブルートゥースは、スマホの音楽を無線で片方のイヤホンに飛ばし、そのイヤホンからもう一方のイヤホンにも電波を飛ばす。電源もそれぞれが電池を内蔵する。
小さなイヤホンの中に受信機と送信機とアンプとスピーカーと電池、さらにはマイクまで詰め込まれていて通話も出来る。驚異としか言いようがない。
 
複雑な回路を経るから遅延、つまりスマホの映像から遅れて音が聞こえて。音をたよりにするゲームなどは問題がある。この遅延は複雑な回路を持つ高級機ほど起きるようだ。
 
 
さてさて、トゥル―ワイヤレスイヤホン、コードから解放されることが、こんなに快適とは。
 
これで、ドトールがジャズ喫茶になり、スタバがブルーノートになったりするわけだ。
 
 
 
ながくなりました。
 
使用の感想は次回。
                      ダラダラと続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

毎日がお正月。

何んのそのどうで死ぬ身の一踊り  藤澤清造
 
 
 老人は、リタイアメントで、毎日がお正月だから、お正月だといって大して目出度くもないのだが、できれば毎日がお正月と言えるくらい掃除が行き届いた環境で暮らしたいと思う。
 
といって掃除婦が居るワケではないから、自分で掃除をするワケだが、我が家を全部掃除するには35時間かかるという計算をしていて、去年の暮は師走の18日から毎日二三時間、29日などは朝の8時から一時まで徹底的にお掃除をした。
 
 
まあ、掃除が趣味なワケで、趣味だから掃除をゴマカスなんてことはしないワケで、おかしいくらい根本的に掃除をするワケだが、そういう老人って家族に嫌われたりするワケで、なるべく嫌われないように、遠慮して暮らして、威張らない“お掃除ルンバ”の様な存在でありたいと思う。

Dsc01840

 
さてさて、今年のお正月は良く音楽を聴いた。暮に手に入れた安物の中華アンプがとても良くて、40年も前のスピーカーが鳴らし続けたらドンドン良くなって、かって無いような音を聴かせてくれている。音源のスマホとプルートースのアンプが良いワケだが、スマホの便利さに乗っかってアップルミュージックの聴き放題キャンペーンを享受している。
 
オーティス・レディングはイイがさすがに録音が古いよね。ジミー・スミスは最高だよね。薬師丸ひろ子は少しストイックすぎるが少しカマトトの斉藤由貴の方が好きだな。中森明菜のフォークのカバーなんて荒れかたがイイな。しかし都はるみの「大阪しぐれ「」や「浪花恋しぐれ」もいいよね。高橋真梨子は聞き飽きるくらい聴いたな。テンプテーションズやスティービーワンダーもいいな。
マイルス・デイビスやコルトレーンは私の青春だな。キャロルもいいがクールスあたりの方が聴けるな。しかし読書するにはヴォーカルは邪魔だからゲーリー・バートンやハービー・ハンコックだな。音楽があると読書もはかどるな。
 
 
と、労働者諸君には申し訳ないが、毎日がお正月ってイイぞっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年12月26日 (火)

老人のデジタルテクノロジー格差による幸せの極端な偏在。

Dsc01838_2

先日、老人が手に入れた、安物のブルートゥースの中華アンプ、ほぼ半月使ってみたのだが、素晴らしいのだ。ノイズはないから音はクリアだし、音源はダウンロードしたスマホからの転送ということで、完璧な複製化がなされていて、まさにデジタルテクノロジーの極みという感じだ。

昔のステレオの大きなスピーカーを鳴らしてみたのだが、今まで聴いたことのないような素晴らしさだ。40年前のスピーカーが生き返ったというより、スピーカーの本当の実力を初めて発揮できたという感じだ。

なにより、低コストで、年金暮らしの老人にはとても有難い。アンプの価格など、老人のオーディオの常識からすれば十数分の一だし、コンテンツはアップルミュージックでほぼ無限だし会員になれば月々野口英世でお釣りがくるし、家族で共有も出来る。CDのラックはジャマだから納戸へ入れた。

 

さて、いまだに、「メールなんてバカなことは俺はやらない」という老人はいるし、ビデオのモザイクを外せるのがパソコンの上位のスキルだとと思っている変態もいるし、人生いろいろでどうでもイイが。

老人こそ、デジタルテクノロジーを享受すべきで、享受できたら、すべてを手に入れることができると思う。もちろん、関係ない人には関係ないが、関係ない人には、その幸せも関係ないワケだ。

 

近ごろを、デジタルテクノロジーによる第二次産業革命だと論じる学者がいるが、まさに革命であり、それは余りにも無音で、知識のない人には視認できない変化だから憐れだ。

 

デジタルテクノロジーによる富の偏在で極端な格差が生まれているが、リタイアメントにとって富の偏在なんてことは、もうナンともならないことだから止揚するとして、富を「幸せ」に置き換えるが、老人を取り巻く状況での“デジタルテクノロジーによる幸せの偏在、幸せの極端な格差”というのがはなはだしい。

 

余談だが、「べき乗則」やら「パレード曲線」という懐かしい言葉を思い出した。「少数の上位が数の大多数を稼ぎ、大多数下位が少数を分け合う」という法則があって、実は現役時代、百貨店の客の口座を徹底的に分析するということをテーマとしてやったことがあって、間違いなく百貨店の売り上げも上位二十%の客によって八十%の売り上げが作られている。

いつの時代も少数が多数の富を享受している。

 

さてさて、デジタル社会では、アイデアこそ最大の資源でありデジタルテクノロジーこそ、アイデアのマルチプライヤー(増幅器)だ。だから、つまらない労働は、人ひとりは、ひとり以上の価値を生まないが、アイデアを持ちデジタルテクノロジーのスキルを持つ者には膨大な利益をもたらす。

これらをリタイアメントの老人に当てはめれば、アイデアを持つ老人にデジタルテクノロジーのスキルがあれば膨大な幸せをもたらす。有難いことに、デジタルのツールはドンドン安くなり、コンテンツもべらぼうに安くなり、検索で選び抜いた最適の物が、瞬時のダウンロードで手に入れることができ、さらに場所も取らない、ささやかな年金で暮らす老人的だ。

なによりコンピュータがコンピュータを感じさせない人間に奉仕する有能な執事となりつつあるという事だ、とても有難い。

しかし、これらは目に見えない、いや、見ることができる者にしか見えないモノだから、見えない人達は、わからない不可解なヤツラの行動だと睨みつけている。

 

あげくは、“スマホ依存症”だから“手を差し伸べて”やらなければいけないと。

よけいなお世話だよ、アナログ野郎!

 

デジタルテクノロジーによる老人の幸せの偏在。

幸せになりたい者は、もっと幸せになれることは、悪い事ではないよね。

 

  な~んちゃって!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«Ode to the West Wind