2017年8月16日 (水)

秋風。

Dsc00250

なんだか、まいにち天気予報とニラメッコしているうちに郡上おどりも終わってしまうな。

まだ、我が家の庭で、虫の声は聴いていないが、すっかり心はバイロンだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

郡上おどり 平成29年 徹夜おどり 一日目 写真速報

Dsc00096

平成29年度の郡上おどり 徹夜踊り初日8月13日(日)の記録写真です。

Dsc00213

Dsc00215

Dsc00030

Dsc00039

Dsc00041

Dsc00042

Dsc00043

Dsc00044

 

Dsc00045

Dsc00048

Dsc00050

Dsc00056

Dsc00058

Dsc00063

Dsc00068

Dsc00069

Dsc00077

Dsc00079

Dsc00095

ちなみに、この方、同じカメラマンですが、私ではありません。念のため。

Dsc00097

Dsc00100

Dsc00104

Dsc00105

Dsc00123

Dsc00108

Dsc00110

Dsc00113

Dsc00115

Dsc00116

Dsc00118

Dsc00207

Dsc00124

Dsc00128

Dsc00140

Dsc00122

Dsc00131

Dsc00146

Dsc00147

Dsc00149

Dsc00160

Dsc00189

Dsc00234

Dsc00235

Dsc00027

不都合な写真はメールを戴けば削除致します。

転載は、お断りいたします。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

郡上の苅安ヤナで鮎。

Dsc00025

この頃は、お金は無いが時間はイッパイあるから、郡上行は、往きだけは高速を使わず下道を走るのだが、今月に入って、八幡の手前の「苅安やな」の幟が立った。

Dsc00017_4

今年の夏は、少雨と曇天で、鮎釣りは芳しくないと聞いているが、このところの台風と突然の雷雨で、水も出たことだし、落ち鮎にはいささか早いが、簗にも少しは鮎が掛かっているのではないかと、今日のお昼はヤナで長良川の鮎三昧と決めた。

Dsc00022

長良川の、郡上の苅安(かりやす)のあたりは、ラフティングやカヌーのメッカ。

Dsc00004

次々と下って来るラフティングのボートを遠くに見ながらの郡上鮎は格別です。

Dsc09999

明日から、郡上おどりは“徹夜おどり”。

おなかの中も郡上でいっぱいにして、さあ頑張るか。

Dsc09977

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

フリーメイソン テンプル騎士団の十字架と王冠のフィンガーフードボウル。

Dsc09741
 
テンプル騎士団は、ヨーク儀礼の最高位に位置する上位ロッジで、キリスト教徒のメイソンのみで構成される。
 
テンプル騎士団は、12世紀に生まれた。聖地パレスチナを目指すキリスト教徒の巡礼の保護を目的とした武装した修道士の一団であったが、長い歴史の中で途方もない富を蓄積しヨーロッパの金融をも支配する力を持つが、それ故に弾圧を受けたり解散させられたりする。しかし、フリーメイソンにすり替わって延命に成功する。
 と、簡単に書いたが、テンプル騎士団については諸説あり沢山の出版物があるが、とても書ききれない。

Dsc09760

テンプル騎士団のシンボルは、十字架と王冠。出処は、ヨハネの黙示録の約束の文言「汝は、死に至るまで忠実であれ。そうすれば、われは汝に命の冠を与えることになろう」。

 

現代アメリカのメイソン テンプル騎士団は、キリストが目の見えない人の視力を回復させたことに因み、テンプル騎士団眼科財団をつくり、貧しい人たちの眼科治療の支援をおこなっている。

Pittsburg Atlantic City 1898

Dsc09762

フィンガーボウルだが、ちょっとしたオツマミ入れに良さそうだ、フィンガーフードボウル 、いいな。
 
人々の思い入れやら遊び心がそのまま形になったようなメイソングッズは、コレクションのカテゴリーとして、アンティーク蒐集のアイテムとして最高だ。

Dsc09750_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

フリーメイソン 聖廟結社(シュライナーズ)のアンティークグラス。

フリーメイソンのロッジが50以上あり、170万名もの会員を持つアメリカは、世界最大のメイソンの国といえる。
 
アメリカのメイソングッズは、ドイツやイギリスの物に比べて、ファンキーな物が多い。そんななかでも少しグレードの高いガラスを集めた。これが予想以上に上質な物だった。19世紀末のアンティーク メイソングラスだ。
 

Dsc09752

 
アメリカで最も有名なフリーメイソンが“神秘聖廟の貴人たちの古代アラビア結社”略して聖廟結社(シュライン、シュライナーズ)で、子供の火傷の治療や整形外科を無料で行うという子供病院を22箇所も運営している。
 
聖廟結社は、メイソンの上位結社で、通常のメイソンの上位の階位を経なければ入会できない。
 

112

フリーメイソンは、秘密結社というが、アメリカのメイソンは、いささか開けっぴろげで、聖廟結社もシュラインサーカスというサーカスを持っているくらいで、会員は派手なユニフォームでパレードをするのが趣味ではないかと思われるくらい出たがりなのだ。

729

あの、赤い帽子を被って街中を集団でゴーカートで走るイイ歳こいた大人達の動画を見たことがあるよね? あれもシュライナーズなのです。

721

 
 
これもひとえに、フリーメイソンである聖廟結社が、慈善活動の団体であり、22もの子供病院を患者からは一銭たりとも治療費を取らずに運営するという慈善事業の団体で、つまり慈善事業を支える募金のプロモーションこそ現在の結社の活動なのだということにある。

Dsc09743

 
というわけで、アメリカのメイソングッズが、派手で目立つのは募金の為のプロモーショングッズという性格があるからか。
ヨーロッパの、儀式重視の陰気なメイソンに比べ、“娯楽系”と言われるゆえんだ。
 
娯楽系とはいえシュラインは、子供病院の運営だけでも年間700億円もの経費がかかるわけで、会員となるにはかなりの経済力を要し、ロータリークラブなどは、経済的にメイソンになれない人の団体だとみなされるくらいだという。
 
こうして、明るく楽しくお金を廻しながら、世の中を修正するシステムを持っているアメリカはステキだと思う。

Kfc_2

 
ちなみに、ケンタッキー・フライド・チキンのカーネルおじさんは、聖廟結社の会員で、ケンタの入り口の人形の胸には、ロータリーとシュライナーズのバッチが付いている。

Ken

グラスのステムは、偃月刀(えんげつとう)の下にタイガークロウの様な二本の虎の爪がスフィンクスの頭部で結合され、中に五芒星が吊るされている。

疑似アラビア風の聖廟結社の紋章をアレンジしたものだ。

Dsc09738

 
Shriners Syria Temple, Pittsburgh, June 1899 tumbler
 
このところ集めてきたイーストレイクスタイルのブラケットやらドアノブ、そしてドアノッカーなどと同じ19世紀末の物。

Dsc09742_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

郡上おどり 2017/8/1 大乗寺三十番神祭 写真速報。

Dsc09764

さて、八月一日の郡上おどりは、大乗寺三十番神祭。

八月に入ると、平日もほぼ郡上おどりが開催される。

Dsc09765

昨夜は、縁日おどりにさきだって「小中学生郡上おどり発表会」が行われた。

郡上で生まれ育った「天然物の郡上おどり」が見られる絶好の機会だ。

Dsc09770_2

カメラマンには、最高の郡上踊りの夜なのですよ。

Dsc09774_2

前回のコンテストの優勝者からトロフィーの返還。

昨年は雨で中止されたようで、前前年の優勝者は既に高校生。

Dsc09775_2

さて、保存会長もひときわ力が入っています。

Dsc09786

Dsc09781

 

Dsc09787

Dsc09790

このブルーの浴衣の皆さんが今年の優勝チームです。

Dsc09794

Dsc09792

いつも、郡上と白鳥を掛け持ちで踊ってみえる市長さんも、今夜は審査員です。

Dsc09800

Dsc09802

Dsc09804

Dsc09812

Dsc09813

Dsc09854

この、体操服姿が最高です。

Dsc09817

Dsc09882

Dsc09819

Dsc09822

Dsc09826

Dsc09833

Dsc09834

Dsc09858

Dsc09821

Dsc09884

Dsc09886

Dsc09844

Dsc09891

Dsc09899

発表会のお囃子と縁日おどりの前座は、保存会ジュニアクラブです。

ブルーのTシャツのお母さん方とのツーショットが撮れました。

Dsc09901

Dsc09909

Dsc09911

審査の後は、いつもの皆さんの踊りです。

Dsc09913

平日の郡上踊りは、快適に踊れます。

写真も撮りやすいです。

Dsc09915

本町は絵になる場所です。

Dsc09925

Dsc09928

ということで、今回も私は「徹夜おどり」になってしまいました。

不都合な写真はメールを戴けば削除致します。

転載は、お断りいたします。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

平成29年度 小中学生郡上おどり発表会 写真速報。表彰式編

八月に入ると郡上おどりは平日の夜も、ほぼ連日開催される。

Dsc09808

八月のスタートの縁日は大乗寺三十番神祭り。

縁日おどりに先駆けて、いつもより一時間早く「小中学生郡上おどり発表会」が行われた。

Dsc09936
 
郡上で生まれ育った子供達の“天然の郡上おどり”が見られる、カメラマンにとっては最高に面白い夜。沢山写真を撮ったけれど、メモリーオーバーでアップできないから、とりあえずコンテストの表彰式の様子から。
 
今年度の優勝の皆さん。

Dsc09961

Dsc09962

表彰状を食い入るように見つめる姿がイイな。

Dsc09967

Dsc09969

とても踊りが上手かったから審査風景も撮ってあった。

Dsc09795

間違いなく会場で目立っていた。

Dsc09889

沢山の受賞者の皆さんの団体名は分からないから写真だけで申し訳ない。

Dsc09939

Dsc09943

Dsc09945

Dsc09946

Dsc09950

Dsc09953

Dsc09934

Dsc09937

 

Dsc09957

Dsc09959

Dsc09973

受賞者全員が写っている訳ではないのでゴメンなさい。

不都合な写真はメールを戴けば削除致します。

学校関係以外の転載はお断りいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月30日 (日)

フリーメイソンのシンボル 緑に金彩のグラス。

ドイツ製のフリーメイソンのモチーフのビーカー。アンティークという程古くはないと思うが。

 

さて、いつものように、散りばめられたメイソンのシンボルの謎解きをしてみた。

Dsc09692

まず、正面のシンボルは、ソロモンの神殿を示す青銅の二本の柱、右側がヤキン(神殿の祭司長の名・宗教の慈愛の力を示す)、左側はボアズ(イスラエルの王ダヴィデの曾祖父の名・王権を示す)。

柱の間には、フリーメイソンの最も有名なシンボル、コンパスと直角定規。コンパスはメイソンが守るべき「道徳」を表し、直角定規は「真理」を表す。コンパスの脚が定規で隠れていることから、未だ神の計画に参加できない低位のメイソンを表し、コンパスと定規を併せることで出来上がった菱形の中には、幾何学(Geometry)あるいは神(GOD)を表すとされるGの文字。

Dsc09692_3

天にはユダヤ教のシンボル、上向きの三角と下向きの三角を組み合わせた二重三角形。ダビデの星の六芒星・ヘキサグラム。

 

Dsc09698_2

そして、ソロモン王の玉座。

Dsc09698_3

そのソロモン王の玉座があるソロモン神殿。

Dsc09699_4

ソロモン神殿は、古代ユダヤ民族が唯一の神ヤハウェの住まいとしてエルサレムに建設したとされる神殿で、工事に就いた石工の組合がフリーメイソンの起源とされる。

Dsc09699_3

さて、オカルトチックな物には、天球儀や地球儀は欠かせない。

 

Dsc09701_2

ルネッサンス期の絵画などで科学者の肖像が描かれる場合、天球儀を持つ姿が描かれる事がある。

紀元前255年頃アレキサンドリアの研究機関の所長エラトステネスによって作られた天球儀は、知恵と知識のシンボルでもあったわけで、メイソンリーが普遍的な科学であるとするメイソンがそれを自らのシンボルに取り入れることは至極当然であった。

Dsc09701

さてさて、下の写真の真ん中にある2本の鍵。

Dsc09702_2

キリスト教で言うところの、イエスがペテロに授けたとされる「天国の鍵」ではないか。

0099

「聖」と「俗」の二つの支配権を表す二本の鍵。

Dsc09702

その他にも、石工の組合のフリーメイソンらしいハンマーと鏝、垂直を測る下げ振り定規だの、水平器・定規・剣・太陽・月と星など、メイソンのシンボルが散りばめられている。

Dsc09699_3

 

Logen-Glas  Becher m. Freimaurer-Motiv Freemason Glass

Dsc09706_2

老人は、毎日が夏休みだから、調べれば色々なことが次から次へと出てくるメイソングッズは、「夏休みの研究」としてとても面白い。しかし、あまり書くのもナニだから、この辺にしとこうと思う。

Dsc09703

ドイツ製の二点のメイソングラス。

Dsc09690

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

フリーメイソンのウイスキーグラス。

Dsc09726_3

さて、フリーメイソンのウイスキーグラス。ドイツ製の今エモン。

メイソンの物は、イギリス・アメリカ・フランスと色々あるが、ドイツの物が工芸品としては質が高い。その国でのメイソンのステイタスにも起因するが、ファンキーなアメリカの物の対極にあるのが、より工芸的なドイツの物。

Dsc09710

八角の水割り用のグラスで、形としては、あまりメイソン的ではないが、先ずは、自分が使う前提で選んだから。

Dsc09715_3

メイソンのグラスは、その各階級毎のトレーシングボードのシンボルをデザインした物が面白いが、まあ、似非メイスンの老人としては、メイソンのシンボルがテンコ盛りのジェネラルな物にしたのだがどうだろう。

Dsc09713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

フリーメイソンのグラス。

Dsc09737

このところ、老人は、退屈しのぎにフリーメイソンのガラスを、集めている。
 
フリーメイソン。  “男の子ごころ”をクスグルよね。
 
秘密結社、怪しげで、少しイケナイ雰囲気がしてイイ。
ドイツの現行の物と、アメリカの19世紀末のアンティークグラス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

暑いよね。

Dsc09709_3

 

夏はガラスだよね。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

郡上おどり 2017/7/22 下柳町神農薬師祭 写真速報。

Dsc09617_1

郡上八幡の中心部の、お城に続く山のふもとの岩盤をくりぬいた神農薬師の祠。

昔の中国では、薬は市場で売られ、医術も市場の露店で行われていたわけで、今風に謂えば、野菜のマルシェも、薬屋さんも、クリニックも、市場にあったわけで、その全体を司る神様がいたわけで「農」と「薬」の神様で、そういう場所は「ヤ」の付く人のシノギの場所だったから露天商や「ヤ」の付く稼業の皆さんも信仰していたりするのが「神農薬師」なんだということを何かで読んだことがある。

Dsc09619

さて、昨夜7月22日の郡上おどりは、下柳町の神農薬師の縁日おどり。

Dsc09623

最近は、老人も、他人の病気回復よりも、自分のアソコが悪いココが悪いというトコだらけでお願い事だらけの「神農薬師」の縁日おどりとなった。

Dsc09624_1

しかし、もちろん、今、抗がん剤治療で頑張っている東京のT氏の事は、きちんとお願いしておいた。神農薬師の写真をメールで送ったのだけれど、届かないのはナゼ。

Dsc09628

今年の郡上踊りは、まだ一度も雨に降られていない。昨夜は、ほんの数滴雨粒が落ちてきたが、気が付かない人もいる程度の雨だった。

Dsc09629_1

お天気に恵まれて郡上踊りの集客も快調のようだ。

Dsc09633_1

昨夜も、短時間にタクサン写真を撮ったから、整理が大変で、

もう、何がなんだか眠くて分からなくなってきたから、適当にアップします。悪しからず。

Dsc09641

Dsc09642

Dsc09643

Dsc09648

Dsc09650

Dsc09653

Dsc09651

Dsc09655_1

Dsc09657

Dsc09658

Dsc09660

Dsc09661_1

Dsc09670

Dsc09672

Dsc09677

Dsc09680_1

昨夜の、郡上のお土産

GJ8マン サイダーグミ (岐阜限定) 250円

Dsc09682

不都合な写真はメールを戴けば削除致します。

写真の転載はお断りいたします。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

「涼風の郡上 宵おどり」で踊ってきました。

Dsc09580_4

郡上おどり日程表には載っていない、郡上おどりの裏メニュー クラブツーリズムの貸し切り企画「涼風の郡上 宵おどり」で踊ってきました。

Dsc09590_4

踊り開始の七時になっても安養寺の大駐車場には車は五台のみ。踊り上手の常連の皆さんは、三連休の最終日とあってお疲れのご様子。遠来の皆様ばかりで、踊り手不足を補うべく、今夜はカメラをしまって、ひたすら踊ってまいりました。

Dsc09602

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡上おどり 写真講座。

老人は、ただのマンなのであってカメラマンではない。
 
もちろんカメラを持って郡上おどりの輪の中にいるが、踊りが目的であって、かならずしも写真が目的ではないが、ついつい良いアングルや画になる方を見つけると、迷惑をかえりみず追いかけてフラッシュをたいたりして申し訳ないが、盆踊りという本来アケッピロゲな踊りの性格なんだから肖像権なんて野暮な話は許してほしい。
もちろん迷惑だという方にはカメラを向けないというのはエチケットだし、写さないでというのは当然のことだとおもう。
 
郡上おどりは、シーズン中三十数回開かれるが、毎回、街の縁日にあわせて会場を替えて行われる。そして、カメラマンにはとても写しやすい会場とか画になる場所がある。
 
いつぞや山の上のホテルの駐車場が踊り会場の日に、観光バスでカメラマンの団体の方が押し寄せたことがあった。写真写りだけでいうと、「どうしょうもない日」なんで、これはコーディネイターが悪いなと思ってみていたが、カメラマンも立派なカメラを並べて手持無沙汰だった。
 
「なんだよ、ただの盆踊りじゃないか」という声が聞こえた。
 
そうです、郡上おどりは、ただの盆踊りなんです。ただの盆踊りだからいいのですよ、と、一人ごちたが、山の上のアスファルトの駐車場のただの盆踊りを写しても画にはならない。
ましてヤグラを中心にした輪おどりの場所だから、外からロングで撮るか輪の中に入って撮るしかない。輪の中に入るのは勇気がいるし被写体が近すぎるから「踊り」が撮れない。外からロングで撮るには、山の上の大きな駐車場だから真っ暗で、写り込む建物も景色もないから、とにかくカメラマンとしては最悪の場所だったが、これは日にちの選定が悪かったのですよと、同情した。
 
郡上おどりは、もちろん「ただの盆踊り」ですが、本当は、とても面白いし画になる盆踊りなのですよ。
郡上おどりは、踊りだけではなく、盆踊りを取り巻く、街の面白さや、人々の面白さ、浴衣の面白さといった、踊りを中心とした周辺の文化が面白いのです。ですから、それらの周辺の文化がうまく写り込んでこそ、郡上おどりのイイ写真が撮れるのですよ。
 
ですから、まず会場の周辺の、写り込む背景となる建物が画になる場所。例えば、本町を筆頭に、新町橋本町とか、上桝形町、下日吉町、そして最大の会場、旧庁舎記念館前といった場所選びです。
 
このなかにも、会場が明るいとか暗いとかあって、じつはカメラの性能もさることながら、会場が暗いということは致命的です。街灯の場所とか、お店の照明、自販機の照明なんかを上手く利用すること、これがまさに写真の出来の明暗を分けます。
 
郡上おどりは、盆踊りですから、広場で輪になって踊る輪踊り、街の四つ辻で踊る辻踊り、路地で長く伸びて踊る路地踊りと、場所によって踊りの様子が変わります。
 
カメラマンに一番良いのは、四つ辻で踊る辻踊りの会場です。徹夜踊りの新町橋本町、本町、上枡形町、下日吉町が画になります。
 
「春駒は写らない」
 
郡上おどりで一番盛り上がる曲はなんといっても「春駒」です。激しい踊りで、さらに最近は“高速春駒”などと言って音頭取りが喉自慢で限界まで速く唄ったりするから、踊り手も大いに跳ねて、盛り上がるのですが、そうするとカメラマンもパシャパシャとフラッシュを焚くのですが、春駒でシャッターを切るのは、おおかた初心者の下手なカメラマンです。
盆踊りは夜で、予想以上に暗いものです。ひと昔まえのコンパクトなデジカメのオートでは、シャッターか下りないレベルです。踊りですから被写体が動いていますからピンとが合わないからオートではシャッターが切れないのです。最近は、スマホのカメラでも場所を選べば結構写りますが、春駒のような踊りはキレイに撮るのはむつかしいはずです。
写真を撮るなら、やはり「かわさき」とか「やっちく」の様なスローで緩い踊りです。若いひとがユルイ踊りだからと列から外れてしまうような踊りの方がカメラ的には写りがいいのです。
春駒で飛び出していくようなカメラマンはよほど上手い戦場カメラマンか、ドの付くシロートとです。なんて、ヘタなオイラが言うのもナニだがね。
さて、今夜も郡上で、日程表にはない裏メニューの郡上おどりがあるけれど、どうしようかな。
 
今夜も、輪踊りだし、来週の二回は、山の上の輪踊りで、踊りには良いが、写真的にはダメだし、どうしようかな。
 
 
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

白鳥おどり 平成29年度 発祥祭 写真速報。

Dsc09327_3

さて、昨夜 7月15日は、白鳥おどりの発祥祭。

Dsc09330

「郡上おどり」と並んで奥美濃の二大盆踊りと称される「白鳥おどり」。

Dsc09338

昨夜の発祥祭から8月26日の踊り納めまで17回の盆踊りが開かれる。

白鳥おどりの熱心なファンは、盆踊り上級者に多くて、メジャーな郡上おどりを通り越して通ったり、郡上おどりとフタマタかけて通うという“おどり助平”も多い。

Dsc09344白鳥おどりの開幕は、毎年、郡上一揆の農民の激しい怒りを伝える、宝暦義民太鼓から始まる。

これこそが「郡上のおどり」で、白鳥おどりの原点なのだと言ってまちがいない。

郡上おどりは、江戸時代、いや明治に入ってからも何度も禁止されたが、とても殿様が士農工商の融和を願って奨励したなどというオメデタイ事実はどこにもなくて、江戸時代の年貢というのは作物の半分を取り上げるという過酷な物で、武士というのは人口の一割、多くは江戸表にいるわけで、郡上の田舎では圧倒的少数。

過酷な年貢に苦しむ百姓や町人が夜ごとこうして踊っていたら、武士にとっては、いつ一揆に発展するやもしれぬとても怖いことで、許されざる事態だったのだよ。

なんて話はともかくとして、今年も楽しく白鳥おどりが始まったのであります。

Dsc09351

Dsc09362

今年も、こうして皆で楽しく踊れるというのは有難いことです。

Dsc09414

まあ、野暮なことを書くよりも、美しい皆さんの写真を一枚でも多くご紹介した方が喜んでいただけるハズ。

Dsc09393

老人は、ロングドライブと久しぶりのハードな白鳥おどりでクタクタですから、もう寝ます。

だって、もうすぐ夜明けだものね。

Dsc09480

Dsc09444

Dsc09470

Dsc09491

Dsc09492

Dsc09508

Dsc09513

Dsc09514

 

Dsc09546

Dsc09572

Dsc09576

不都合な写真はメールを戴けば削除いたします。

写真の転載は、公的な物以外はお断りいたします。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2017年7月12日 (水)

イブン・エズラの智慧。

Dsc09316

シンボルのことを色々と追及していくと、宗教史そのものであり、究極はイスラエルやらエジプトに行かざるをえないわけで、ここ数日はユダヤ教の歴史を調べている。

シンボルとは関係ないが、中世のユダヤの賢者の知恵を示す逸話が面白かった。

あるとき、三人のアラビア人の兄弟がイブン・エズラのもとへ遺産相続の難題を持ってきた。

父親は17頭ののラクダを彼ら三人に残して死んだのだが、そのときこう遺言したという。

長男は遺産の半分を、次男は遺産の三分の一を、三男は遺産の九分の一をそれぞれ受け取るようにと。

長男 17÷2=8.5頭 次男 17÷3=5.66頭

三男 17÷9=1.88頭 と、割り切れない。

彼らは途方にくれた。どうすればよいかイブン・エズラの知恵を借りたいというのである。

そこで彼は言った。兄弟三人が遺産で争うのはよくないが、かといってこの遺言は実行することもできない。それゆえ、わたしがラクダを一頭進呈しよう。 そして、各自遺言通りに取りなさい。

長男 18÷2=9  次男 18÷3=6

三男 18÷9=2  余り一頭

そこで長男は九頭を、次男は六頭を、三男は二頭をそれぞれ取った。すると後に一頭残った。その一頭をイブン・エズラに返した。

これを聞いて、人々は彼の知恵を賞賛したという。

            ☆ 中世のユダヤ賢者の横顔 嶋田英晴

これを、数学的にどういうのか、私には分からないが、賢者というのはさすがだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

平成29年度 郡上おどり発祥祭 写真速報。

Dsc09214

七月八日土曜日、奥美濃の踊りの夏の到来を告げる“郡上おどり発祥祭”が行われた。

Dsc09220

当地の梅雨明け宣言は未だだが、空気は既に梅雨明け。

まったく雨の心配がないという好天につられて、今年も踊り会場から人があふれるほど盛況の発祥祭となった。

 

Dsc09232

岐阜県の長良川上流部、郡上市は盆踊りの街でもあって、日本三大盆踊りの一つ郡上踊りを筆頭に、長良川の更に上流部、郡上市白鳥町の“白鳥おどり”、更に郡上おどり・白鳥おどりの原型ともいえる、各地域の神社の拝殿で行われる「拝殿おどり」という盆のおどりがある。

Dsc09236

そのほかにも、広い郡上市の各地域には、それらを少し変化させた地域盆踊りがある。

Dsc09237

それらの地域盆踊りを追いかけて調べると、とても面白い。

最近は、また、この地域盆踊りを復活させようという動きもあるようで、郡上という街は、どんどん奥まで入っていくととても面白い。

Dsc09241

郡上は、とても面白くてオシャレな街だと思う。オイラのような下手なカメラマンが、写真の知識などなくて、ただオートで撮るだけでも、とても面白い写真が撮れる。

Dsc09247

それは、街が面白いから集まってくる人も面白いのだ。

Dsc09248

サッカーのラモスが、日本はサムライの国だと思って来たが、日本で誰も着物を着ていないと驚いたという話があるが、郡上おどりに来たらもっと驚くかもしれない。

Dsc09255

日本人が、みんな着物を着て、なおかつとてもカラフルで個性的なファッションで踊っている、一夏に三十数回盆おどりが、行われる。徹夜で踊る日も四日間あるといったら、おおよそ日本人のイメージから程遠いかもしれないが、これが日本の夏で、日本人の夏だと分かっていただけたら、郡上の盆踊りがとても大きな観光資源になると思う。

Dsc09265

岐阜には、ディズニーランドもレゴランドもないが、「郡上踊り」があるぞ! なんて言いすぎかしら。

Dsc09266

踊りから帰って、シャワーを浴びて、写真を整理してアップしたら、外が明るくなってしまった。

老人は、毎回、「徹夜おどり」だ。

Dsc09268

Dsc09288

Dsc09291

Dsc09305

Dsc09314

Dsc09126

Dsc09128

Dsc09129

Dsc09133

Dsc09138

Dsc09142

Dsc09144

Dsc09149

Dsc09151

 

Dsc09164

Dsc09167

Dsc09169

Dsc09172

Dsc09174

 

Dsc09176

Dsc09180

Dsc09181

Dsc09186

Dsc09188

Dsc09196

Dsc09197

Dsc09199

Dsc09204

Dsc09208

Dsc09211

 

Dsc09313

不都合な写真はメールを戴けば削除致します。

写真の転載は、公的機関を除きお断りいたします。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 6日 (木)

文句ないよね?

Dsc09114

九州では大変な雨のようで恐縮ですが、当地は、未だ梅雨明け宣言はないけれど、もう梅雨は終わったのではないかと、昨日は、雨で汚れた中庭のレンガにデッキブラシをかけて、ガラスを洗いサッシを拭いた。そして何ヶ月ぶりかで玄関の外のタイルを水洗いして床もデッキブラシをかけて、マットを洗い、車も洗いワックスもかけた。これから二ヶ月“郡上おどり”に呆けるワケで、「文句ないだろ?」ってくらい掃除をしておいた。

文句ないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

フリーメイソンの扉。

Dsc09073

 

フリーメイソンは、“寓意によって隠され、シンボルによって説明される特定の倫理体系”を奉ずる友愛団体だが、儀礼とシンボルによって人間の意識を変容させる方法に到達したという。

 
それはともかくとして、たとえばフリーメイソンの原点である石工という職人の世界で、文字によって原理を伝達するという方法が可能になったのは、ここ百年のことであり、500年の歴史があるメイソンゆえに、昔も今も、主要原理はシンボルによって継承されてきた。ハイレゾ音源ではないが、文字を上回る観念を交信することを可能にしているメディアがメイソンのシンボルだ。
 
様式や象徴といったものの謎解きが好きな老人にとって、フリーメイソンのシンボルは程よい退屈しのぎのテーマだ。

Dsc09047

 
メイソンのドアノッカーの演出に少しシンボルを足してみた。メイソンのトークンとピンだ。さらに、ドアベルのスイッチも替えてみた、怪しげでイイ。 秘密結社・・・なんてステキな響きだ。

Dsc09070

 
 
この扉の向こうには、わたしだけの秘密のロッジがあり、明けの明星の輝く光に浮かぶ“聖なる掟の書”が置かれた祭壇があるはずだ。
                     な~んちゃって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

雨の日のグリーンマン。

Dsc08968

ここ数年、梅雨入り宣言があっても梅雨前線は太平洋上にあって、空梅雨で、梅雨入り前と梅雨明けに少し強い雨が降る程度なのだが、それでも梅雨入り宣言をする気象庁というのは、まことにお役人根性の極みだなと思うのだが、そんなコトより、この時期は、じっとお天気を観察しながら、この夏の“郡上おどり”のお天気のコトだけを考えている踊りすけべの老人なのだが、ここ数年は空梅雨で、空梅雨の夏はやはり雨の日も少なく、去年も一昨年も老人が郡上へ出かけた日は浴衣が雨で濡れたことはほとんどなかった。

老人が郡上おどりのブログを書き始めた頃は雨が続いて、雨のことを面白がって書き過ぎたきらいがあって、「郡上おどり」と雨というイメージが強くなり過ぎたが、ここ数年に限って言えば、雨に降られることはほとんどなかった。浴衣を濡らすのは汗か女の涙だけだった。なんちゃって。

さて、郡上おどりの始まりまで、あと半月、朝晩は未だ寒いような日が続いているが、たとえそうでも踊りが始まる頃には、いやでも暑くなるわけで、なんとなくソワソワしたりして、ユーチュブで郡上おどりを見たりしているのだが、郡上おどりの動画をアップする方が少なくなってしまったから、どなたか動画のアップをお願いしたいな。たのみはユータの愛パット動画だが、ユータも郵便局員になったというから、そうそう踊ってばかりいられないはずだ。ここは、ヘベレケのなごさんが動画担当を引き受けてくれるか、およしちゃんが名乗りを上げるか。

老人のブログもニフティの画像のアップロードの制限が一メガから三メガに緩和されたから、もう少しキレイな写真がアップできるかもしれない。そうするともう少しいいカメラが欲しいが、あいかわらずアンティーク貧乏で浴衣の新調すらままならない年金生活だ。

もう少しの辛抱だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«イギリス ヴィクトリア期のアンティークタイルで廃墟趣味の庭を飾る。